ナビゲーション リンクのスキップホーム  
■Contents
ナビゲーション リンクのスキップ
■リンク
NPO法人国際縄文学協会
■Address
(株)ジャパン通信情報センター

〒151-0066
東京都渋谷区西原3-1-8
パレス代々木上原3F

TEL:03-5452-3243
FAX:03-5452-3242

営業時間
月曜日~金曜日
10:00~18:00
※但し祝・祭日を除く。

メール
新刊図書・新作DVDビデオ
文化財発掘出土情報通巻435号20178月号 詳細 ご購入
81日発売 定価2376円(税込)
【巻頭グラビア】
   
愛媛県大洲市       
         村島宮の首遺跡
【表紙写真】
      村島宮の首遺跡出土 石斧   
   【収録記事】
   2017年6月1日~30日


【収録遺跡】
 
〔北海道・東北地方〕
北海道 ・青苗遺跡
青森県 ・弘前城/早稲田(1)貝塚
秋田県 ・一本杉遺跡
山形県 ・花沢A遺跡
〔関東地方〕
群馬県 ・金井下新田遺跡
千葉県 ・取掛西貝塚
神奈川県 ・影向寺遺跡
〔中部・北陸地方〕
新潟県 ・沖ノ原遺跡
石川県 ・妙成寺
山梨県 ・酒呑場遺跡/甲府城下町遺跡
長野県 ・小島・柳原遺跡群/飯田市
愛知県 ・旧市体育館跡地/南知多町
〔近畿地方〕
京都府 ・京都市中京区/大山崎瓦窯跡
大阪府 ・高槻城
兵庫県 ・姫路城城下町/明石市/南あわじ市
奈良県 ・佐味田宝塚古墳/瀬田遺跡
和歌山県 ・高家遺跡
〔中国・四国地方〕
鳥取県 ・中世城郭福島城跡
島根県 ・高家遺跡
岡山県 ・三谷床畑遺跡/津山市/津山城跡
広島県 ・光見寺跡/福山市
山口県 ・下関市
徳島県 ・小仁宇城跡
高知県 ・入野城跡/平和資料館
〔九州・沖縄地方〕
福岡県 ・大宰府跡/福岡市/中原遺跡
佐賀県 ・旧小城藩邸
長崎県 ・千々岩ミゲルの墓/島原市/平戸市
熊本県 ・苓北町
鹿児島県 ・大池遺跡/久慈白糖遺跡


■ニュースワイド■
  ・琉球人骨 返還へ行動
・太古の暦に光を当てよー金山巨石群
・アイヌ民族遺骨 オーストラリアの博物館返還へ
・国内遺跡用語 素早く検索
・シロアリから文化財守れ
・100年前盗掘品 出土の謎解く
・「開拓第一歩の地図」修復
・クマ出没広がる影響ー伊勢堂岱遺跡、横手公園、小泉潟公園

 
■中国情報■
  ・成都市中心で千年前の名刹見つかる
・青海で1700年前のミイラ発見 保存状態良好ー青海省
■海外情報■
  ・摩崖仏 ほほ笑み復活ーパキスタン
・大量の瓦出土、唐の聖域拠点かーアク・ベシム遺跡
・30万年前 最古の現生人類ーモロッコ
・現地の専門家育成ー橿原考古学研究所がプロジェクトーシリア
・世界最古 オーロラの絵?-トルコ
 
■世界遺産・日本遺産・史跡整備情報■
  ・鍵は「三女神信仰」-「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群   
・世界遺産国内推薦なるかー百舌鳥 古市古墳群
・教えて!世界遺産①~③
・「日本遺産」へ再申請ー古代吉備の遺跡群
・北大路の復元完了ー払田柵跡
・荒神谷遺跡 環境改善申請
・渋野丸山古墳 整地へ
【INFORMATION】
■調査報告書・出版案内■
■博物館情報■
■学界動向■

【各地の動向・掲載遺跡】
<東北地方>
・宮城・多賀城市・多賀城跡
・福島・喜多方市・灰塚山古墳
<中部・北陸地方>
・静岡・掛川市・吉岡下ノ段遺跡
<近畿地方>
・奈良・橿原市・藤原宮
・奈良・奈良市・史跡大安寺旧境内
<九州・沖縄地方>
・沖縄県・鹿児島・鹿屋市・小牧遺跡
 
〔田舎考古学人回想史56〕
   ・ 加曾利B式土器 第16回 鈴木正博
 ・考古学の履歴書 
 「過ぎし日の軌跡ー女として考古学研究者として」(第19回)岡田淳子
 ・リレーエッセイ160 「八日市地方遺跡」 下濵貴子
 ・考古学者の書棚
  『日本を知る 鏡の力 鏡の想い』(大巧社/1999)中村弘

地域福祉情報通巻303号20178月号 詳細 ご購入
810日発売 定価3024円(税込)
keyword 福祉人材

【資料】

    介護人材確保地域戦略会議
  「福祉・介護人材の確保に
    向けた取組について」
        平成29年6月7日
  厚生労働省 社会・援護局 福祉基盤課 福祉人材確保対策室

掲載記事
     2017/6/1~6/30

〔全国情報・海外情報〕

・保育受け皿 32万人分追加
・精神障害者 職場に支援役 2万人養成へ
・幼児教育無償化 財源先送り
・高齢者に空き家紹介 家探しの不安に国支援
・虐待 家裁の関与強化 改正児童福祉法が成立
・母子家庭にシェアハウス
・介護状態改善の自治体を優遇 来年度から交付金増
・保育士試験に優遇措置 介護福祉士など筆記一部免除
・おむつ交換負担減 センサーで予測効率化
・「通級指導」現場は今 上・下


[社説]

・待機児童解消 政権の本気度をただすべきだ
・不足する介護職員 職場の環境改善を図れ
・自殺対策白書 若年層の支援充実を急げ

〔都道府県別索引〕
北海道・ケアマネ不足道内の現場は
青森県・生きづらさ大学に話して 発達障害などの学生支援本腰
岩手県・住民主体で介護予防 新しい総合事業
宮城県・障害者の働く力育て 全国初の就労支援開始
秋田県・待機児童41人3年ぶり増 保育士不足が一因
山形県・「耳マーク」で窓口安心
福島県・学校行事日「負担」4割 子どもの貧困 県が初調査
茨城県・進む認知症予防研究 県内ベンチャー企業
群馬県・マナー違反2割弦 調査で効果実証 導入拡大へ
埼玉県・県が認証 介護所に三つ星制度
群馬県・マナー違反2割減 調査で効果実証 導入拡大へ
埼玉県・県が認証 介護所に三つ星制度
千葉県・児童虐待「追われる現場」上・中・下
東京都・認証保育所 閉園の危機
神奈川県・途上国の商品買って支援 フェアートレードタウン
新潟県・市街地に高齢者住宅促す 新潟市条例改正案
石川県・民生委員 なり手不足で「老老見守り
福井県・受刑者に人の温かみを 刑務所支える「矯正医官」
山梨県・経済苦「子の就学前から」3割
長野県・認知症患者支える地域の力 登録ボランティア活躍
岐阜県・住民主体で介護予防 空き家でサロン
静岡県・旅館で産後ケア好評 静岡のデイサービス
愛知県・私も認知症だから大丈夫 悩み分かち合う相談窓口
滋賀県・民生委員 活動多様化 負担増や担い手不足課題
京都県・面談型の「ゆりかご」を
大阪府・ルポ子供の居場所@①~④
奈良県・過疎地域に住み健康をレポート
鳥取県・児童虐待 家裁の関与強化
島根県・福祉相談なんでも対応 悩み多様に窓口一元化
岡山県・手話 救助につなげて
広島県・介護職担い手外国人増 実習生も現場へ
山口県・介護予防と買い物支援
徳島県・孤立化防止へ交流会 LGBT理解へ取組広がる
愛媛県・姻族関係終了届最多に
高知県・高齢者雇用 シシトウ出荷 新たな生きがいに
福岡県・下りエスカレーター続々 「階段怖い」高齢者から要望
佐賀県・子育てタクシー 来月から運行
長崎県・島活性化へ「介護村」
熊本県・満腹の喜び こども食堂「赤ちゃんポスト」慈恵病院 宮崎県・シニアサービス拡大 県内公立図書館
鹿児島県・遺品残り部屋貸せず公営住宅での孤立死 自治体苦慮
沖縄県・認知症ケア学会 詳報上・下

〔地域の書籍紹介〕
・『「赤ちゃんポスト」は、それでも必要です』田尻由貴子著(ミネルヴァ書房/2160円)
・『精神科病院で人生を終えるということ』東徹著(日経BP社/3780円)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・介護保険滞納 高齢者差し押さえ最多
・盲導犬拒否 6割が経験 法施行1年 啓発求める声
・認知症「前段階」半数は回復
・無届老人ホーム病院が紹介「7割」
・徘徊逃がすな地域の目 認知症不明者
・居場所 子の9割「良い」
・高齢ドライバー「認知症おそれ」1万人超
・保育士 心のケア不足 施設27%で「必要」
・認知症「前段階」にも幅 4年追跡半数が回復
・75歳以上の老々介護3割 高齢核家族化進み
・子ども貧困率 なお13.9%
・ひとり親世帯 貧困率50.8%
・所在不明児11都県28人

【お詫びと訂正】
本号表紙の<資料>の4行目を 以下の通り訂正してお詫び申し上げます
福祉人材確保対策室議→福祉人材確保対策室

介護における医療・リハビリ対応基礎シリーズ(全6巻) 詳細・ご購入
新しいページ 1

【企画意図】
医療と介護は深く結びついてるとはいえさまざまな課題を抱えている。この教材は、医療と介護の違いを鮮明にしながら、その連携を深めるために、介護者が発想し、実践していく基本的な思考方式・実践方式を提示している。
医療やリハビリの知識やスキルに取り組む前に、介護実践の基本的な考え方を固めることが求められる。そのことによって医療やリハビリを包含した価値ある介護への道が開かれる。
ここに語られる発想や実践例は、離島・沖縄宮古島で展開され、されようとしている「宮古島からのメッセージ」である。
コーデネターは宮古島で離島医療に取り組む傍ら、認知症患者の介護をはじめ、介護現場と医療現場の有機的連携の構築を目指している脳外科医の竹井太ドクターである。
対談者として、宮古島で真摯な介護実践をしている羽地克也介護福祉士、経験豊かな中川浩作業療法士が対応する。
介護職、ケアマネなど介護関係者の基本的な教材であると同時に、医療・リハビリ、地域福祉に関わる人たちにも多くの示唆を提起している。

【対象】
介護する人たち・介護家族・在宅訪問ヘルパー・介護施設介護職員・ケアマネージャー



DVD 認知症予防シリーズ(全5巻) 詳細・ご購入


【企画意図】
 「認知症は予防できる」認知症に罹らないように、また認知症になってもその進行を遅らせることができる、最近の国際的な研究成果に基づいた映像教材です。
現在まで、認知症の治療薬は発見されてはいません。しかしながら、これまで開発されたさまざまな治療薬を駆使しながら、生活習慣を改善することによって、この認知症を克服し、尊厳ある人生を全うすることができる道筋を提示します。
 認知症の介護については、幾多の先人によって、研究、開発されてきました。今、求められていることは「認知症を予防する」 知恵です。この願いに応えるべく企画されました。


【対象】
認知症の予備軍である高齢者本人、その家族、介護職員、ヘルパー、学生を対象にしています。さらに、初期認知症患者本人の実践参加がその成果を左右することから、イギリスに於ける認知症患者指導映像教材手法に学び、患者本人にも理解できる映像・音声提起を工夫しています。


DVD 新・感染症対策シリーズ(全4巻) 詳細・ご購入

第1巻 これだけは知っておきたい感染症の基礎知識(20分)

【企画意図】
グローバル社会がすすむなかで、感染速度は急ピッチに広がり、早まっています。現代社会のなかで、感染症対策はより重要課題になっています。感染症対策の基本的な知識を提示します。


第2巻 ノロウイルス(15分)

【企画意図】
地域的には認知度の高い感染症ですが、一般的には認知度の低い感染症です。これまで感染源が絞られていましたが、多くの事例では感染源不明のノロウイルス感染症が報告されてきています。感染力が強いこと、症状が烈しいこと、治療薬が開発されていないことが重なり、その対策の緊急性があります。


第3巻 結核(15分)

【企画意図】
結核は治療薬もあり、消え去った感染症のイメージが強く、その恐ろしさの認識が薄れているのが現状です。1999年政府が「結核緊急事態宣言」をしたごとく、治療薬に負けない病原菌に進化していることを認知させることが緊急課題になっています。


第4巻 インフルエンザ(15分)
【企画意図】
インフルエンザが世界的に蔓延し、日本でも多くの死者を出したスペイン風邪旋風からすでに80有余年がたち、その悲惨な記憶は消えかかっています。しかし、その脅威は、グローバル化の中でさらに強まっています。恐怖におののくことではなく、冷静なに対処しくことが求められています。


DVD 続・福祉 新入職員基礎研修シリーズ(全2巻) 詳細・ご購入

続・福祉新入職員研修シリーズ 4大特徴

  1. 違和感のない研修教材 特別養護老人ホーム、介護実践を密着取材。
  2. 初心者でも理解できることばをもちいた教材 専門用語をはぶき、実践の実態を提起。
  3. やる気を引き出す教材 即実践に移れる行動を提起。
  4. 「福祉の心」全編に貫く教材 介護される人たちの目線を意識。

対象■介護現場について3~6ヶ月を経た新任介護職・看護職・ホームヘルパー・福祉系大学・専門学校学生、市町村新任職員、社会福祉協議会新任職員

第1巻 介護術アップに道 自己啓発・相互啓発のすすめ(27分)

第2巻 介護人の絆 メンバーシップとリーダーシップ(24分)


DVD 医療的ケア基礎シリーズ(全4巻) 詳細・ご購入

【企画意図】
2012年4月、これまで医療処置であった胃ろうと喀痰吸引が、正式に介護処置に加えられた。
しかし、介護職がおこなう、喀痰吸引や胃ろう等の介護処置は、たんに医療の代替え処置として位置づけられる行為ではなく、社会的要請のもと、介護の一分野として確立されたものである。このことを基調とし、介護職員が介護の社会化をめざして、介護職としての専門性にプライドをもって従事できるよう制作した。
 映像的には、老人看護・介護を主軸に制作した。


DVD 終末期ケア研修シリーズ(全7巻) 詳細・ご購入
 

この研修シリーズの対象は、主に老人介護施設の介護職員です。老人介護施設における終末期ケア・看取りの体制づくりの基本はその体制を支える介護職員です。しかしながら、福祉職・介護職の視点でつくられた教科書や指導書も少なく、依頼すべき講師も限られ、研修の目途もたちにくいのが現状です。こうした状況を少しでも改善するために緊急に企画しました。

ジャパン通信情報センターは「発掘された日本列島展」を応援しています。
 
Copyright 1999-2017 ジャパン通信情報センター All right reserved