ホーム  >> オンラインショップ
■Contents
ホーム
オンラインショップ トップ
■文化財発掘出土情報
■文化財発掘出土情報 増刊号
■地域福祉情報
■いわかね栄 語り 関連
■柄鏡大鑑
■千坂式 健康法
■文化◇日本の美◇DVD
■TPP問題
■水産関連

ショップのご利用にあたって
特定商取引法に基づく表記
■Address
(株)ジャパン通信情報センター

〒151-0066
東京都渋谷区西原3−1−8
パレス代々木上原3F

TEL:03-5452-3243
FAX:03-5452-3242

営業時間
月曜日〜金曜日
10:00〜18:00
※但し祝・祭日を除く。

<−年末年始のご案内−>
12月29日〜1月4日まで休業いたします。
1月5日は午前11:00より営業いたします。
※ご注文の対応は1月5日以降にさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

Email:books@j-tsushin.co.jp
■オンラインショップ
■新着情報
■地域福祉情報通巻306号2017年11月号(11月10日発売)
keyword 地域共生社会

【資料】

   地域における住民主体の課題解決力強化・相談支援体制の
     在り方に関する検討案 
「地域力強化検討会 最終とりまとめ〜地域共生社会の実現に向けた
       新しいステージへ」  
     平成29年9月12日
   厚生労働省 

掲載記事
2017/9/1〜9/30

〔全国情報・海外情報〕

・外国人実習生縛る保証金
・保育中死亡未検証6割 自治体制度浸透せず
・子の虐待死 未検証5割
・高齢者見守り 広がるIT活用
・負担増す民生委員へ助っ人
・ふるさと納税×社会貢献
・障害者の芸術 多様な制作
・保育ママ活用進むか なり手確保が課題
・広がる「親介護保険」別居も補償 離婚の抑制期待
・ボランティアが看取り支援
・妊娠→育児 切れ目なく支援ー フィンランド

[社説]
・里親制度 なり手拡大へ具体策を
・農福連携 障害者事業所に働く場を
・車いす拒否で助言 共生根付かせる契機に

〔都道府県別索引〕
北海道・スプリンクラー設置 高額負担の壁 未設置26%
青森県・即戦力ベトナムから「日本の介護」指導人材育成
岩手県・介護者「体の不調」7割 震災後上昇傾向続く
宮城県・障害児の居場所 曲がり角
山形県・虐待の7割 介護疲れ 孤立感浮彫り
福島県・高齢者事故減へサポート車期待
茨城県・共生への道 県障害者権利条例3年 上・下
埼玉県・参加条件「誰でも」8割 子ども食堂
千葉県・貧困の闇 生活保護のいま上・中・下
東京都・ひとり親の子に多様な体験を
神奈川県・生活困難者見つけ支援 関係機関や地域と連携
新潟県・福祉のプロに手助け順調 弁護士・法律無料相談
石川県・増える親権喪失 金沢家裁で全国最多6件
福井県・子の精神障害 専門医を養成
山梨県・民生委員高齢化に課題 平均65歳後継者難も 
長野県・高齢者が楽しむ紙芝居
静岡県・障害者の犯罪 福祉で連鎖断つ
愛知県・被害者が前向ける支援を 名古屋市条例案期待の声
滋賀県・共助の精神育む琵琶湖 ボランティア参加全国1位
京都府・障害者の地域移行 目標達成難しく
大阪府・生活保護「顔」カードで溝
兵庫県・医療通訳派遣3年で5倍
奈良県・ICタグで自動見守り 登下校時の安全強化
和歌山県・非常用トイレ独自開発 障害者賃金向上を
鳥取県・共生社会県民の手で 県あいサポート条例が施行
岡山県・検証 障害者大量解雇1ヶ月@〜C
広島県・高齢者いきいき 奨励金対象急増
徳島県・認知症サポーター急増 増加率3年連続日本一 
愛媛県・向き合う家族 えひめ認知症介護@〜G
高知県・減災ケアへ”対話者”育成を
福岡県・障害者差別NO一歩ずつ 救済申し立て最多
佐賀県・ファミリーホーム県内2カ所開設
熊本県・汚染防止へ議論開始 水銀条約締約国会議
大分県・県「職場の理解進む」男性の育休最高6.0%
宮崎県・こども園移行で拍車 県内保育士不足
鹿児島県・認知症倒産中小相次ぐ
沖縄県・認知症対策40代から地域ぐるみの啓発を提起

〔地域の書籍紹介〕
・防災絵本『地震がおきたら』(BL出版/1296円)〜1.17の教訓絵本に〜
・『UDレシピ本』〜販売好調〜(下田昇兵著/500円)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・待機児童2.6万人
・病院 2割で自殺 半数がん患者
・発達障害相談急増 過去最多7万4千件
・100歳以上 最多67824人 
・ゴミ出し支援 5万世帯利用 
・高齢者ゴミ出し 救いの手は
・ホームレスも高齢化
  ・児童虐待通告 3万人超す                         
■文化財発掘出土情報通巻438号2017年11月号(11月1日発売)
【巻頭グラビア】
   
大阪府茨木市 
   郡遺跡・倍賀遺跡            
【表紙写真】
    郡遺跡・倍賀遺跡出土 人形土製品    
   【収録記事】
   2017年9月1日〜30日


【収録遺跡】
 
〔北海道・東北地方〕
北海道 ・置戸町
岩手県 ・葛西壇遺跡/接待館遺跡/栗木鉄山跡/杉の堂遺跡/橋野鉄鉱山
宮城県 ・伊治城跡
山形県 ・大南遺跡/八幡西遺跡/山形城跡
福島県 ・灰塚山古墳/団子山古墳
〔関東地方〕
茨城県 ・島名本田遺跡
栃木県 ・愛宕塚古墳/権現山遺跡
群馬県 ・富岡市/居家以岩陰遺跡
埼玉県 ・栗橋宿跡/山王塚古墳
千葉県 ・加曾利貝塚
東京都 ・米軍多摩サービス補助施設

〔中部・北陸地方〕
新潟県 ・牡丹山諏訪神社古墳
石川県 ・庄ナカナシマ遺跡
福井県 ・脇袋丸山塚古墳/朝倉氏遺跡北側
長野県 ・山鳥場遺跡/北方西の原遺跡/松本城/大城山中腹/明科廃寺
岐阜県 ・坊の塚古墳
愛知県 ・坂津寺貝塚/萩平遺跡
〔近畿地方〕
三重県 ・戸峯B遺跡/松坂城跡/田辺城跡
滋賀県 ・東山遺跡
京都府 ・久津川車塚古墳/五塚原古墳/長岡宮 「東宮」/京都市中京区/二子山古墳/丹波丸山古墳群
兵庫県 ・姫路城/宗佐遺跡/赤松居館跡/木辺遺跡
奈良県 ・藤原京
和歌山県 ・藤並城跡
〔中国・四国地方〕
鳥取県 ・鳥取城跡
島根県 ・米垣横穴墓群/森原神田川遺跡
岡山県 ・佐山東山窯跡/津山市
山口県 ・周防鋳銭司跡
愛媛県 ・猿楽遺跡/上黒岩第2岩陰遺跡
高知県 ・竹ノ後遺跡
〔九州・沖縄地方〕
福岡県 ・上大利小水城跡/相島沖/九州歴史資料館/天神山古墳
長崎県 ・千々石ミゲル墓所推定地/浦田遺跡/小島療生所/五島沖/長崎市/伝按針墓立碑/越高遺跡/鬼塚古墳
大分県 ・四日市遺跡
宮崎県 ・佐土原城跡/島内139号地下式横穴墓
鹿児島県 ・清水摩崖仏
沖縄県 ・名護市安和/名護市東江


■ニュースワイド■
  ・7年前盗難の国重文の仏像 売却図る
・平戸市按針 不当な処遇ー英国商館との不和裏付け
・解読刻書土器 甲州ケカチ遺跡上・下
・琉球人骨保管認めるー京都大学 目録作成せず
・「漆の里」再び輝けるかー岩手県二戸市
・縄文繁栄と現代漁業を考察ー独の考古学研究社3人来函
・会津藩士埋葬の史料発見ー会津若松
 
■韓国・北朝鮮・中国情報■
  ・朝鮮の墓誌 友好の返還
・朝鮮半島遺跡 かつての姿
・ルポ湖南省・銅官窯遺跡
・中国で重要な証拠発見 国際的地質年代基準
・甘粛で1600年前の石窟みつかるー甘粛省
■海外情報■
  ・バーミヤン大仏 再建是か非か
・紀元前1000年 沈没した頭蓋骨出土パコパンパ遺跡
 
■世界遺産・日本遺産・史跡整備情報■
  ・「仁徳天皇陵古墳」で世界遺産推薦
・拡張登録へ正念場ー平泉の文化遺産
・「一定理解得られた」イコモス調査終了ー長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産
・42年ぶり社殿修復ー宗像大社
・上野三碑 高い文化示すー高崎市
・那谷寺岩山を耐震調査ー小松市
・焼け残った文化財「救出」ー松田館
・平城宮跡歴史公園「朱雀ひろば」来春開園

【INFORMATION】
■調査報告書・出版案内■
■博物館情報■
■学界動向■

【各地の動向・掲載遺跡】
<東北地方>
・福島・南相馬市・桶師屋遺跡
<中部・北陸地方>
・静岡・沼津市・興国寺城跡
<近畿地方>
・三重・四日市市・上野1号墳・上野遺跡
・京都・向日市・物集女城跡
<中国・四国地方>
・島根・大田市・石見銀山遺跡
 
〔アルカ通信NO.169]
   ・加曾利B式土器 第18回 鈴木正博
 ・考古学の履歴書 
 「ことのはじまりー「・・それでは何だ」(第11回)間壁忠彦・間壁葭子 
 ・リレーエッセイ163 「佐敷城跡〜熊本県芦北町」深川裕二
 ・考古学者の書棚
  『播磨国風土記ーはりま1300年の源流をたどるー』(播磨学研究所編/神戸新聞総合出版センター/2016)中川 渉
■DVD「里海物語 … いとう漁協の挑戦」 (3月31日発売)
 2013年9月12日、静岡県いとう漁業協同組合の組合長、専務、参事はそろって首相官邸に向かっていた。その日は全閣僚出席による、安倍内閣成長戦略の一つである、第1次産業再構築のための会議があった。水産業の代表として、今後の漁業協同組合の重要性と可能性についての意見を求められる日であった。  このビデオはその会議で報告された「いとう漁業協同組合の各分野の新しい取り組み」を、漁協と共に記録したものである。漁協の直接販売である「漁師めしや波魚波」、流通改革であるスーパーとの産直、そして未利用魚の小サバやイワシの加工品開発等々、漁師と漁協職員の創意と工夫が詰まった「21世紀への挑戦の記録」となった。  日本中の漁業協同組合にとって、今後の漁業と地域経済の再生を考えた時、このいとう漁協の取り組みは何らかの参考書となることは間違いない。

― 内容 約34分
・ 序章
・ 産地直接販売「波魚波」
・ 産地直送「いとう漁協定置網― 静鉄スーパー」
・ 未利用魚のすり身開発
・ F1グランプリ準優勝

●企画協力 いとう漁業協同組合
●企画 21世紀水産を考ええる会
●制作・販売 潟Wャパン通信情報センター

DVD「里海物語 … いとう漁協の挑戦」をプロデユースして
 21世紀の水産を考える会 代表理事山本浩一

 元来、国内の漁業協同組合とは漁業生産地の中核をなす組織であり、漁業権の管理を行い、金融、販売、購買事業の中心部隊です。おそらく漁協なしには日本の沿岸漁業の生産は一日も成り立たないでしょう。しかし、漁業生産・漁業者の地域共同経営体として、その経営が、経済の国際化中で大きく揺らいでいます。外国の安価な水産物の増加、小売販売のスーパーの興隆、冷凍技術の向上による国内流通の一体化などで、その存在を危うくしています。明らかに戦後の漁協体制が老朽化し、国際化の時代に対応できないでいることには間違いないが、どう改革するかが見当たらないのです。
 このビデオに収録された「いとう漁協」は、ともかく動いてみるとの掛け声で、知恵を絞って新しい時代に挑戦しています。 特に動画として見られるのは、文章とは異なる迫力があり、説得感があります。




■改訂版 千坂式因果法(1月10日発売)
「放射線・低線量放射能被害を回避する」

―日本列島に暮らす人たちに課せられた課題―

放射能は地球の生態系を破壊するエネルギーである。
放射線被害に特別な医療対策はない。


◆ どうする !! ◆
免疫力・排泄力のあるからだづくり・食習慣の改善

 今日、からだの正常なはたらきを阻害する化学物質含有食品・遺伝子組み換え食品が充満している。こう した食品群は、活性酸素を増殖し、抗酸性物質を阻害し続ける。その結果、免疫力が低下し、不要物の排泄 力を弱める。

 放射能被害は極限の被害だが、化学物質・遺伝子組み換え物質も健康阻害物質であることには変わりがな い。この健康阻害物質の進入を阻むことが先決である。

 放射能・低線量放射能や化学物質は、口からだけでなく、皮膚などから浸透する。
 放射能や化学物質は、目には見えず、肌で感じられず、その存在を即確認することはできない。

 広島・長崎の原爆被害は、70 年を経た現在でも続いている。 その中で多くの被害者たちは、多くの貴重な遺産を残している。
 健康でありたい・「玄米菜食」を軸にした食習慣の改善もその 一つである。その遺産を継承し、実践する道すじに「千坂式因 果法」に基づいた食事療法がある。

 この食事療法は、放射能被害対策として、新たに論証された ものではない。
 「千坂式因果法」は、現代の悪しき食環境に対して提起された 療法である。

  ※こんな内容が盛り込まれています※

【千坂式因果法の中心的な法則】
◇太陽エネルギーのとらえ方◇
・七色の虹・生命とは陰陽の合体である・遠心力エネルギ−=陰 性エネルギー・求心力エネルギー=陽性エネルギー
◇ミネラルのとらえ方◇
・ミネラルとは鉱物・ミネラルは生命の受け皿で ある・ミネラルは繊維に蓄えられる・ミネラル豊かな大地によ い作物ができる・大地 のミネラルを食べる・ミネラルの王様=塩

【食品の分類】
◇素材そ のもの生育環境、加工の仕方、時間経過などによる判別◇
・陰性の酸性・中庸の酸性・陽性の酸性・陰性のアルカリ・中庸のアルカリ・陽性 のアルカリ

【免疫力を高める食事作法】
◇玄米菜食◇・よく煮る・よく炊く・体調 に対応した玄米菜食・梅干で調味・よく噛む・朝昼晩の食バランス
◇体温にあわせて塩分を◇
・ニガリの活用・水分のとりかた・古い塩分を抜く

【食習慣改善中に現れる体質改善反応】
◇健康を保持する◇
・運動・ 断食・少食・宿便・砂浴
◇健康のバロメーター◇
体温・脈拍・ 血圧・快眠・快便・快尿

【症状と食べもの】
◇脳と神経◇・口腔・頭・消化器

【病気と食べもの】
・腸・ 消化器・肝臓・胆のう・膵臓・ 腎臓・心臓・呼吸器・肛門・ 脳神経・目・耳・鼻・血液・ 甲状腺・骨と関節・皮膚・ 口腔・心・男性・女性・妊婦・子供・老人の病気。

【難病と食べもの】
・ベーチエット病・筋無力症・クローン病・リユ ウマチ・溶血性貧血・ネフローゼ症候群・メニエール氏病・突発性血 小板減少性紫斑病・ガン・膠原病・くも膜下出血・ウイルス性脳脊髄 膜炎・結核

【食べもの分析】
・陰性の酸性25 品目
・中庸の酸性5 品目
・陽性の 酸性30品目
・陰性のアルカリ性24品目
・中庸のアルカリ性1品目
・陽性のアルカリ性15品目

【料理の基本】
・よく煮る・一物全体を食べる・玄米の炊き方・姿煮いろいろ

【著者・千坂諭紀夫(ちさか ゆきお)】
宮城県大里村生。農家の子どもとして成長。青年期に都会暮らしで健康を阻害、 「死の宣告」をうける。学業を捨て、自然を師として有機農法を極めながら、 独創的な食養法を編み出し、病を克服。その食養法は「ミネラル健康法・千坂 式因果法」として集大成された。
日本一厳しい食養法とされているが、信頼は 他の追随を許していない。

   A5判 329頁
 
■オンラインショッピングご利用に当たっての注意点
  • お客様のブラウザ上でうまく動作しない場合にはお手数ですが、直接eメールあるいは電話・FAXで注文してください。
  • ご注文数量が多い場合や商品に関するお問い合わせなど、不明な点がありましたら、ご遠慮なくお電話でお問い合わせ下さい。
  • 商品単価は税込みとなっておりますが、発送料が別途必要となります。
  • また、発送料については大きさ・重量・地域によって異なりますので、こちらの表をご覧になって確認してください。
  • 商品に請求書および郵便振替用紙を同封いたしますので、商品到着後一週間以内に郵便振替または指定の口座にお振込みください。
  • 代引(商品お届け時に配達員が直接商品代金を受け取る“代金引換”サービス)も行っておりますので合わせてご検討ください。
  • 代引をご希望の方はご注文の際の備考欄にその旨お書きください。
  • 振込手数料が発生する場合はお客様にてご負担いただいております。
  • お申し込み後10日過ぎても商品が到着しない場合はメールあるいは電話・FAXでお問合わせください。
Copyright 1999-2017 ジャパン通信情報センター All right reserved