ホーム  >> オンラインショップ
■Contents
ホーム
オンラインショップ トップ
■文化財発掘出土情報
■文化財発掘出土情報 増刊号
■地域福祉情報
■いわかね栄 語り 関連
■柄鏡大鑑
■千坂式 健康法
■文化◇日本の美◇DVD
■TPP問題
■水産関連

ショップのご利用にあたって
特定商取引法に基づく表記
■Address
(株)ジャパン通信情報センター

〒151-0066
東京都渋谷区西原3−1−8
パレス代々木上原3F

TEL:03-5452-3243
FAX:03-5452-3242

営業時間
月曜日〜金曜日
10:00〜18:00
※但し祝・祭日を除く。

<−年末年始のご案内−>
12月29日〜1月4日まで休業いたします。
1月5日は午前11:00より営業いたします。
※ご注文の対応は1月5日以降にさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

Email:books@j-tsushin.co.jp
■オンラインショップ
地域福祉情報通巻303号
keyword 福祉人材

【資料】

    介護人材確保地域戦略会議
  「福祉・介護人材の確保に
    向けた取組について」
        平成29年6月7日
  厚生労働省 社会・援護局 福祉基盤課 福祉人材確保対策室

掲載記事
     2017/6/1〜6/30

〔全国情報・海外情報〕

・保育受け皿 32万人分追加
・精神障害者 職場に支援役 2万人養成へ
・幼児教育無償化 財源先送り
・高齢者に空き家紹介 家探しの不安に国支援
・虐待 家裁の関与強化 改正児童福祉法が成立
・母子家庭にシェアハウス
・介護状態改善の自治体を優遇 来年度から交付金増
・保育士試験に優遇措置 介護福祉士など筆記一部免除
・おむつ交換負担減 センサーで予測効率化
・「通級指導」現場は今 上・下


[社説]

・待機児童解消 政権の本気度をただすべきだ
・不足する介護職員 職場の環境改善を図れ
・自殺対策白書 若年層の支援充実を急げ

〔都道府県別索引〕
北海道・ケアマネ不足道内の現場は
青森県・生きづらさ大学に話して 発達障害などの学生支援本腰
岩手県・住民主体で介護予防 新しい総合事業
宮城県・障害者の働く力育て 全国初の就労支援開始
秋田県・待機児童41人3年ぶり増 保育士不足が一因
山形県・「耳マーク」で窓口安心
福島県・学校行事日「負担」4割 子どもの貧困 県が初調査
茨城県・進む認知症予防研究 県内ベンチャー企業
群馬県・マナー違反2割弦 調査で効果実証 導入拡大へ
埼玉県・県が認証 介護所に三つ星制度
群馬県・マナー違反2割減 調査で効果実証 導入拡大へ
埼玉県・県が認証 介護所に三つ星制度
千葉県・児童虐待「追われる現場」上・中・下
東京都・認証保育所 閉園の危機
神奈川県・途上国の商品買って支援 フェアートレードタウン
新潟県・市街地に高齢者住宅促す 新潟市条例改正案
石川県・民生委員 なり手不足で「老老見守り
福井県・受刑者に人の温かみを 刑務所支える「矯正医官」
山梨県・経済苦「子の就学前から」3割
長野県・認知症患者支える地域の力 登録ボランティア活躍
岐阜県・住民主体で介護予防 空き家でサロン
静岡県・旅館で産後ケア好評 静岡のデイサービス
愛知県・私も認知症だから大丈夫 悩み分かち合う相談窓口
滋賀県・民生委員 活動多様化 負担増や担い手不足課題
京都県・面談型の「ゆりかご」を
大阪府・ルポ子供の居場所@@〜C
奈良県・過疎地域に住み健康をレポート
鳥取県・児童虐待 家裁の関与強化
島根県・福祉相談なんでも対応 悩み多様に窓口一元化
岡山県・手話 救助につなげて
広島県・介護職担い手外国人増 実習生も現場へ
山口県・介護予防と買い物支援
徳島県・孤立化防止へ交流会 LGBT理解へ取組広がる
愛媛県・姻族関係終了届最多に
高知県・高齢者雇用 シシトウ出荷 新たな生きがいに
福岡県・下りエスカレーター続々 「階段怖い」高齢者から要望
佐賀県・子育てタクシー 来月から運行
長崎県・島活性化へ「介護村」
熊本県・満腹の喜び こども食堂「赤ちゃんポスト」慈恵病院 宮崎県・シニアサービス拡大 県内公立図書館
鹿児島県・遺品残り部屋貸せず公営住宅での孤立死 自治体苦慮
沖縄県・認知症ケア学会 詳報上・下

〔地域の書籍紹介〕
・『「赤ちゃんポスト」は、それでも必要です』田尻由貴子著(ミネルヴァ書房/2160円)
・『精神科病院で人生を終えるということ』東徹著(日経BP社/3780円)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・介護保険滞納 高齢者差し押さえ最多
・盲導犬拒否 6割が経験 法施行1年 啓発求める声
・認知症「前段階」半数は回復
・無届老人ホーム病院が紹介「7割」
・徘徊逃がすな地域の目 認知症不明者
・居場所 子の9割「良い」
・高齢ドライバー「認知症おそれ」1万人超
・保育士 心のケア不足 施設27%で「必要」
・認知症「前段階」にも幅 4年追跡半数が回復
・75歳以上の老々介護3割 高齢核家族化進み
・子ども貧困率 なお13.9%
・ひとり親世帯 貧困率50.8%
・所在不明児11都県28人

【お詫びと訂正】
本号表紙の<資料>の4行目を 以下の通り訂正してお詫び申し上げます
福祉人材確保対策室議→福祉人材確保対策室

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻302号
keyword 子どもの貧困

【資料】

    全国児童福祉主管課長会議
    「(7)内閣府政策統括官(共生社会政策担当)
   子どもの貧困対策担当関係」
            平成29年2月20日
   厚生労働省 

掲載記事
     2017/5/1〜5/31

〔全国情報・海外情報〕

・IT活用医療効率化 社会保障費を抑制
・五輪・パラリンピック教育 全国で意義共有課題
・認知症 災害への備え アルツハイマ―国際会議
・心の病の経験生かす 変わる働き方
・混合介護ルール緩和を 規制改革推進会議が意見書
・介護職柔らかさの目安表示「低栄養」予防に期待
・介護福祉士目指す留学生 在留資格見直しで急増
・日曜 祝日は企業が保育
・耳で楽しむ映画続々 アプリで音声ガイド
・介護保険利用料 三割負担
・障害学生 対応遅れる大学
・政府 幼児教育無償化へ加速
・支援拒む高齢者どう対応 セルフネグレクト
・「こども保険」に賛同する 子育て支援全世代へ
・待機児童ゼロ20年度目標 政府22万人
・介護状態改善なら報酬増 政府が方針
・精神障害者とともに 脱病院の国イタリア@〜F
・認知症 運転は症状に応じて オーストラリア
・モンゴルへ 日本のシステム「輸出」

[社説]
・「ゆりかご」10年 全国的な相談体制の充実を
・精神福祉法の改正 障害者の声に耳傾けよ
・民生委員制度百年 負担減で担い手確保を

〔都道府県別索引〕
北海道・官民共同高齢者の生活支援「CCRC」構想に弾み
青森県・「リコネクト」始動 広がれ在宅医療の輪
岩手県・支え合い広がれ互助の輪 住民参加型在宅福祉サービス
宮城県・近未来の介護に迫る ロボット活用で腰痛予防 
秋田県・QRコードで家族に連絡 徘徊高齢者見守りシール 
山形県・盲導犬への理解深めて
福島県・透析機器導入など支援 避難地域等医療復興計画等素案
茨城県・会員減少 確保に躍起 県内シルバー人材センター
栃木県・悩む教師 対応に限界も 進学費用払えず
群馬県・せまる高齢者施設の今@〜D
埼玉県・社会参加へ「居場所を」若年性認知症
千葉県・ちばの障害者スポーツ上・中・下
東京都・知的障害者の投票支援 DVDでノウハウ
神奈川県・家族側「元の縁に戻して」やまゆり園再生検討
新潟県・高齢者を「介護助手」雇用
石川県・介護職員 25年3000人不足人材確保急ぐ
福井県・虐待防止 妊娠期から
山梨県・虐待 性的被害 子どもへの聴取一回
長野県・インクルーシブ教育 発達障害の支援拡充
岐阜県・認知症対応 競う署員
静岡県・高齢者福祉気軽に相談 介護予防や交流活動
愛知県・保育所 市有地を活用 名古屋市公園など検討
三重県・認知症検査 厳格化 進む免許返納
滋賀県・歩きやすい誘導マット 杖の音 判別が容易に
京都府・ADI京都会議から@〜C
大阪府・児童養護施設 退所者の孤立防げ
兵庫県・地域の店が認知症見守り
奈良県・認知症の人も社会の力に 地域参加で深まれ理解
鳥取県・介護保険のひずみ上・下
島根県・視覚障害者に点字で声掛け
岡山県・障害者雇用「千人」達成間近
広島県・始動ふるさと枠医師上・下
山口県・最先端の歩行機能改善ロボスーツ導入
徳島県・視覚障害者もてなし 徳島市で全国大会
愛媛県・「経済的病死」に警鐘
高知県・乳幼児健診受診率アップ 未受信改定訪問が効果
福岡県・認知症の予防 上・下
熊本県・住民の「健康調査」いまだ実施なし 水俣病特措法8年
大分県・孤立ゼロ中津市挑む 専門調査員が全戸訪問 宮崎県・「僕たちの貧困」支援編@〜F
鹿児島県・介護職運転負担重く 大崎デイサービス送迎事故
沖縄県・虐待認定悩む自治体 担当者迷いと葛藤

〔地域の書籍紹介〕
・『青森県障害児教育史』安藤房治著(北方新社/3500円+税)
・『不登校〜気持ちを聴いて、わかって、子供の届かない声』二宮恒夫著(医学出版社/1512円)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・要介護3 受け入れ敬遠 特養2割以上に空き
・国の制限「意味ない」特養受け入れ敬遠
・中学の給食 実施率に差
・親権停止 最多83件
・児童設置・自治体二の足 人材確保、財政負担
・介護離職正社員「誰にも相談せず」半数
・リハビリ重視で病床減へ
・赤ちゃんポスト最少5人 昨年度
・児童養護施設4割にLGBT
・保育士処遇「不十分」8割 ・虐待調査個人情報の壁「拒否」経験 児相5割

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻301号
keyword 認知症施策

【資料】

    全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長 会議
    総務課認知症施策推進室 資料
            平成29年3月10日
   厚生労働省 老健局

掲載記事
     2017/4/1〜4/30

〔全国情報・海外情報〕

・障害の壁 なくして学ぼう 模索する大学
・公園内保育所スタート 特区緩和で建設可能へ
・入院病床一割減らす計画 在宅医療促す
・赤ちゃんポスト 命守るには
・保護者が重症児デイ開設
・高齢者「引退」なき時代へ
・「災害時の福祉避難所」周知と整備 国の主導で
・介護福祉士受験 研修が壁
・企業が自前の保育所 求人の目玉に 効果狙い通り
・医療・福祉 資格過程の一部共通化
・年金受給資格十年に 申請始まる
・高齢化する刑務所の受刑者 社会との縁 再犯防ぐ鍵
・障害児施設が母親を雇用
・認知症国際会議 700万人時代 試される社会
・復興住宅和平の象徴に 内戦続くミャンマー

[社説]
・介護ロボット 環境整え導入急ぎたい
・熊本地震 明日一年 問い直される社会の在り方
・認知症国際会議 京都から支援の発展を

〔都道府県別索引〕
北海道・介護ロボで負担減 重いもの軽々 癒し効果
青森県・ヘルプカード・マーク県内配布半年
岩手県・国際化する本県介護 外国人受け入れ
宮城県・企業が保育所次々 国の補助活用 
秋田県・高齢者の家事手助けへ 男鹿市シルバー人材センター 
山形県・発達障害県内の今 届けたい支援上・中・下
福島県・人材確保が難題  避難解除で帰還高齢者増
茨城県・ATM進化 ニセ電話阻止
栃木県・地域の居場所じわり定着 大田原二つの子ども食堂
群馬県・高齢者の免許 悩む家族ら
埼玉県・貧困ビジネス対策を聞く上・中・下
千葉県・農林業で地域活性化を 間伐材販売や障害者雇用
東京都・障害の有無問わず映画楽しむ 北区の劇場開業半年
神奈川県・「小田原モデル構築を」生活保護ジャンパー問題
富山県・県「イクボ」を推進 男性育休初の5%超
石川県・使う人自慢できる義手 次世代バリアフリー
福井県・介護現場に高齢者の力 短時間就労 県が後押し
山梨県・障害者と農家 橋渡し 自立支援 担い手も確保
長野県・窓口支払い負担減へ 子どもの医療費
静岡県・草の根相談会実践重ね 弱者支え地域貢献
愛知県・細やかな配慮でパニック防止 障害者の散髪や歯の治療
三重県・認知症に音楽体操有効
滋賀県・明日へ 自立援助ホームから上・下
京都府・認知症 本人意思を重視 ADI国際会議開会
大阪府・男性カップル里親に 大阪市が認定全国初
兵庫県・「低視力」者をさまざま支援
奈良県・路線バス 徘徊見守り基地局
岡山県・岡山発祥の点字ブロック 重要インフラ定着
広島県・救急救命士処置数が増加 規則改正投薬や点滴可能に
山口県・「2025年問題」介護現場は
徳島県・献体に高い関心 先進医療技術開発に貢献
愛媛県・介護アプリ 情報手軽に
高知県・後絶たぬ国保難民 景気悪化、失業、滞納、生活困窮・・
福岡県・発達障害 幼時に発見 専門家が保育所・幼稚園巡回
熊本県・熊本地震で障害15人 心身に後遺症 手帳取得
宮崎県・電動いす表情で操作 ALS患者ら利用目指す
鹿児島県・競技力向上に本腰 20年全国障害者スポーツ大会
沖縄県・遺体引き取り9割拒否 65歳以上死者

〔地域の書籍紹介〕
・「イタイイタイ病と教育」(能登印刷出版部/1600円+税)
・「版画詩 どろんこのうた 生まれたてのことば」(合同出版/1200円+税)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・「無国籍」解消  半数以下
・「生涯未婚」男性23% 女性7人に1人
・保育所落選5万3千人
・入院ベット 1割減 地域医療構想25年見通し
・2065年人口8千8百8万人
・ひきこもり 訪問支援 相談の9%
・ひきこもり 支援 拠点専門職育成がカギ
・介護相談者 8割女性
・心理的なDV 産後うつ5倍

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻300号
keyword 生活困窮者支援

【資料】

    社会・援護局関係主管課長会議資料
 「生活保護制度に関する
       平成29年度の取り組み方針」
    平成29年3月2日
   厚生労働省 社会援護局保護課

掲載記事
     2017/3/1〜3/31

〔全国情報・海外情報〕

・「混合介護」拡大で攻防
・男性保育士の女児おむつ替え
・認知症チエック強化 改正道交法施行
・成年後見改善へ基本計画
・子育て・介護の社員に配慮
・発信器で徘徊見守り
・関わる機械不登校の子に「適応指導教室」活動広く
・高齢者が介護ボランティア
・「こども保険」を提言 自民小委教育無償化財源対策
・24時間対応「訪問サービス」事業に負担
・最期の場(上)「自宅で」実現に地域差
・最期の場(下)慣れたホームで療養
・高齢の海外移住者 病気や介護の難題

[社説]
・奨学金問題 負の連鎖になりかねない
・障害のある子どもの療育の場「放課後デイ」京都で急増
・混合介護の拡大 所得による格差が心配だ

〔都道府県別索引〕
北海道・歩く速さ知り介護予防 アプリで実験
・観光客に一時避難所 函館市21宿泊施設と協定
青森県・中高年の介護助手就労モデル事業 現場にゆとり
岩手県・緊急時に「お願い」高齢者携行のSOSカード作製
宮城県・認知症受信者急増も 改正道交法施工  
秋田県・ロボット導入 介護も機械化時代に 
山形県・聴覚障害者に災害情報を
福島県・復興を問うー震災6年の現実 福祉再開(上)(下)
茨城県・待機児童解消に期待 放課後クラブ
栃木県・多様ニーズ対応へ連携 県内社会福祉法人が新事実
群馬県・災害派遣にDWAT 避難所でケア
埼玉県・震災6年災害弱者を守る上・中・下
千葉県・介護福祉士 外国人受け入れ支援
東京都・全盲者と歩く駅 必要な支援 人それぞれ
神奈川県・居住自治体が責任 措置入院後支援不安も
新潟県・地域包括ケア新潟
石川県・入所者40人おむつゼロ 自信つき 要介護度改善
福井県・あなたの目に 県アイバンク創立30年
山梨県・住民全体で高齢者支える
静岡県・介護ロボ 県内導入加速
愛知県・障害とは? 考え暮らしやすい社会を目指して
三重県・障害者どう考える 津の自主防災協議会
滋賀県・医療サポートカー 命つなぐ”救急車未満”に対応
大阪府・外国人被災者守れ 8言語で
兵庫県・買い物弱者 官民支援
奈良県・認定保育士 キャリア磨き職場定着を
和歌山県・家事は近所の高齢者に
鳥取県・対応迫られる事業者 放課後デイサービス
岡山県・光となってー点字ブロックの半世紀@〜C
広島県・日本の介護アジアに広げる
徳島県・長寿社会の支え手に 老年学会が「75歳以上」提言
香川県・障害者働きながら訓練 就労継続新事業
高知県・高齢者まず玄関に避難 東日本教訓黒潮で訓練
福岡県・施設 受給者証集める 障碍者支援金不正
佐賀県・6割が定年延長意向 経験活用 人手不足解消に
長崎県・車椅子向けストリートビュー 県と長崎大
大分県・県 「なるべく早く制定」犯罪被害者支援条例
鹿児島県・迫られる病床削減や機能転換 地域医療構想
沖縄県・高校生は今(上)(下)

〔地域の書籍紹介〕
・「ハードロック介護!」4コマ漫画210作品 (ワニブックス/小林啓太・裕子)1080円(税込)
・「親に壊された心の治し方『育ちの傷』を癒やす方法がわかる本」(講談社/WANA関西)1400円(税別)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・福祉避難所3割周知せず 住民殺到を懸念
・福祉避難所周知進まず
・専門員 配置困難7割 福祉避難所調査
・視覚障害訓練 実施1割 指定福祉事業所
・児童虐待 最多5.4万人
・保育施設 整備進まず
・高齢者施設虐待 最悪408件
・介護殺人「虐待」に含めず
・徳陽待機 36万6100人
・人で不足 受け入れ限界 特養待機36万人
・自治体7割「効果なし」保育士確保へ来月賃上げ

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻299号
keyword 地域力強化

【資料】

    地域における住民主体の課題解決力強化・相 談支援体制の在り方に関する検討会  「地域力強化検討会 中間とりまとめ〜従来の 福祉の地平を超えた、次のステージへ〜」
    平成28年12月26日
   厚生労働省

掲載記事      2017/2/1〜2/28

〔全国情報・海外情報〕

・保育所、公園内にも 国交省
・介護・育児・障害者福祉 窓口18年度一元化
・介護法改正案閣議決定 高所得者3割負担
・認知症ケアにアートプログラム
・施設入居や里親家庭の子 22歳まで自立支援
・妊産婦自殺対策手探り 政府実態把握へ
・先端技術で介護負担減
・「混合介護」探る解禁
・育む 知的障害者の投票
・「墓じまい」広がる用語
・児童養護職員 給与2%増
・認知症サポート 街ぐるみ 英国
・国民皆保険またも幻に 米「オバマケア」見直し

[社説]
・相模原殺傷事件 真の再発防止へ対話を
・混合介護 サービス格差を懸念する
・子どもの貧困対策 負の連鎖を断ち切って

〔都道府県別索引〕
北海道・介護に外国人 現場歓迎
青森県・病児保育「仕事休めず」利用増
岩手県・子どもを見守る新施設 地域で後押し目指す
宮城県・孤児の里親 進む高齢化       
山形県・負担軽く広がる支援 骨髄バンクドナー
福島県・高齢者が購入で見守りメール 全国初
茨城県・電子母子手帳が好評 手軽に子育て管理
栃木県・好評「いつでも」「何回も」24時間在宅介護
群馬県・発達障害児 チームで支え
埼玉県・人手不足保育ブラック化 「辞めません」誓約書要求
千葉県・男性保育士にまかせる?女児の着替え おむつ替え
東京都・ラッシュ時介助困難 駅員の視覚障害者対応
神奈川県・責任能力難しい判断 相模原殺傷起訴
新潟県・地域包括ケア新潟 @〜C
石川県・高齢者支援広がる輪 買い物送迎 カフェ運営
福井県・働くママの家事軽減 代行サービス利用補助
山梨県・子どもの貧困 とまどう教師
静岡県・産院 ママの交流の場に 県内広がる産後ケア
愛知県・認知症高齢者を最新技術で支援
三重県・ドクターヘリ就航5年 三重の救急医療上・中・下
滋賀県・医療サポートカー 命つなぐ”救急車未満”に対応
京都府・広がれ弱視者ら導く光 点滅する点字ブロック
大阪府・虐待時の聴取一度で 検察・警察・児相
兵庫県・医師不在安全確保に課題 神戸に赤ちゃんポスト計画
鳥取県・岩美高に「手話」科目 共生社会担う人材育成へ
島根県・音楽療法士の仕事って ピアノで生活の質維持
広島県・小児救急体制づくり岐路
山口県・シニア移住促進構想 山口市、重点エリア5か所
徳島県・症状の運転影響独自評価法考案 高次脳機能障害
香川県・7市町 男性育休取得なし
愛媛県・奨学金の返済自治体が支援
高知県・奨学金=借金問題 高知の現場から 上・中・下
福岡県・特色競うアフタースクール 民間経営の学童保育
佐賀県・性被害 ”駆け込み寺”に本腰
長崎県県・高齢者の「夢」介護で支援
熊本県・献血離れ 自信が拍車
大分県・空けておいて 車いすマーク
鹿児島県・届かない声 かごしまの保育現場上・下
沖縄県・介護の悩みどこで話せば

〔地域の書籍紹介〕
・「特別支援教育 簡単手作り教材BOOK 」(クリエイツかもがわ/岐阜県立東濃特別支援学校)1500円(税別)
・「小さな天使のものがたり」(川上誠治/としくらえみ)1680円(税別)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・病児保育 拡充に課題山積
・「自宅や施設で最期」地域差
・常勤医師23施設で不在 刑務所・少年院など
・要介護リスク 10の質問
・高収容率が常態化 女性刑務所

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻298号
keyword 障害者施設殺傷事件

【資料】

    「相模原市の障害者支援施設における   事件の検証及び再防止策検討チーム報告書〜再発防止の提言〜」   平成28年12月8日
   厚生労働省

掲載記事      2017/1/1〜1/31

〔全国情報・海外情報〕

・保育所に巡回指導員 厚労省方針 重大事故防止策
・新点字ブロック設置進む JR三社
・保護司 十年で半減へ 高齢化で定年
・医療 介護データ 一元管理 厚労省
・障害者戦力として 雇用
・介護・障害一括サービス 厚労相
・ケア必要な子受け皿を 人工呼吸器・たん吸引
・「高齢者75歳から」学会提言
・「生きた証し」集め奔走 相模原殺傷事件あす半年
・防犯と開放両立模索 相模原殺傷事件あす半年
・「混合介護」に脚光 政府規制改革
・NY州 全米初の公立大無償化
・医療ロボ成果を確認 独サイバーダイン施設で

[社説]
・「老い」の定義 実情に即して見直したい
・給付型奨学金 制度拡充さらに努力を
・医療データ集約 個人情報の保護欠かせぬ

〔都道府県別索引〕
北海道・福祉トイレカー導入 全国の自治体で初
青森県・在宅医療の現場から〜あおもりは今〜上・中・下
岩手県・在宅ケア希望の環境整備 選択肢広げるため支援
宮城県・点訳・音訳 高まるニーズ               
秋田県・施設出張所サービス ローソン、従来型から「脱皮」へ
山形県・認知症リスク遺伝子発見 山形大医学部
福島県・障害者に壁のない社会目指す
茨城県・早期発見へ対策進む 認知症の行方不明者
栃木県・認知症患者保護に活用を[Nタグ」製品市に寄贈
群馬県・災害時 多言語で外国人支援
埼玉県・保育士に最大30万円給付 戸田市待機児童解消へ
千葉県・児童養護施設出身者と考える上・下
東京都・保育所家主資産税免除へ 待機児童対策
神奈川県・支援のバッジ視覚障害者に
新潟県・若年性認知症 戸惑い・不安「普及啓発セミナー」
石川県・プレミアム・パスポート こども二人から
福井県・高齢者の在宅生活支援 老人ホーム 薬局など連携
山梨県・「支援子の特性尊重を」教育機会確保法成立
静岡県・ダブルケア育児と介護と@〜D
愛知県・居場所ない子支えたい 自立援助ホーム
京都府・ホームレス支援更生から救護へ
大阪府・ルポこどもの居場所@〜D
兵庫県・要支援者名簿事前提供を 阪神大震災あす22年
奈良県・「イクボス」に支えられ 家族の笑顔増えた
鳥取県・要支援者情報で迅速安否確認「支え愛マップ」効果
島根県・人型ロボでリハビリ支援 症状ごとに訓練対応
岡山県・障害者働き易く 各地のホテルで試み
広島県・中国地方 認知症行方不明者が増加傾向
山口県・高齢者の健康・買い物支援 防府市が一体型新事業
愛媛県・「筆談ボード」導入続々 県内・図書館や金融機関
高知県・民生委員 地域と共に百年
福岡県・高齢者介護助けるロボット「終のすみか」人手不足
佐賀県・障害者「放課後デイサービス」事業所4年で3倍
長崎県県・見守り義務どこまで 高齢者の徘徊事故訴訟相次ぐ
熊本県・熊本ボランティア変化 リピーターが担い手
・要介護 益城、西原で増
大分県・遺産で社会貢献 遺言書で死後寄付関心高まる
鹿児島県・高齢者の万引き増加 困窮と孤立要因か
沖縄県・認知症初期支援進まず 専門職や受け皿不足

〔地域の書籍紹介〕
・「行動障害が穏やかになる『心のケア』」(クリエイツかもがわ出版/藤本真二<ねがいのいえ>)2160円 ・漫画「よろこびのうた」(講談社/ウチヤマユージ)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・「子供の声うるさい」保育所苦情自治体75%
・保育需要と苦情の間で行政「反対あれば建てられぬ」
・虐待児 長引く一時保護
・運転死亡事故率75歳以上は2倍
・84歳の半数 認知機能衰え
・保育需要「予想できない」117自治体調査
・ひきこもり40代が中心
・学童保育にも待機児童 過去最多
・介護福祉士養成ピンチ 入学定員5割切る

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻297号
keyword 介護保険制度

【資料】

    第67回 社会保障審議会介護保険部会
  参考資料 1「利用者負担」   平成28年10月19日
   厚生労働省

掲載記事      2016/12/1〜12/31

〔全国情報・海外情報〕

・乗車時駅員が原則介助 視覚障害者の事故防止
・介護職員のやる気もアップ 自立進めば成功報酬
・出所後の就労支援 法務省「コレワーク」開設
・事業者の質向上狙う 養子あっせん法案成立へ
・相模原殺傷 自治体が支援主体 厚労省最終報告
・虐待児童保護 家裁が判断
・義手の普及広がる活動 子どもの積極性も引き出す
・脱「高齢者優遇の」の流れ 医療費、一定所得で現役並
・一般会計97.5兆円固まる 来年度予算案
・子どもたちの居場所上・中・下
・老後を支える米国レポート上・下

〔社説〕
・ 相模原事件の検証「措置」に矮小化するな
・高齢者の医療・介護 一律優遇ではもたない
・給付型奨学金 質量ともに一層の充実を

〔都道府県別索引〕
北海道・子ども食堂 あたたかい居場所に
青森県・免許返納 急増2800人
岩手県・心のケア人員もっと 巡回型スクールカウンセラー
宮城県・盲導犬拒否後絶たず 宮城の飲食店や公共施設                 
秋田県・高齢者の割合過去最高 県内生活保護世帯
山形県・お弁当届けて高齢者見守る 社協が配色サービス
茨城県・認知症不明者素早く対応
群馬県・人手不足解消進むか 介護現場へ外国人実習生
埼玉県・自立と孤立「つながるカフェ」の取り組み上・中・下
千葉県・避難所に段ボールベッド 県内も注目 五市が協定
東京都・車いすに優しい街?専用スペース列車に一つ
神奈川県・18歳からの選択 修学旅行いけないときは上・下
新潟県・元気な高齢者 介護を手助け 元気力アップ・S制度
富山県 ・在宅を支える となみのケア事情@〜C 石川県・介護うつ上・下
福井県・「免許供養」再び 福井から自主返納の流れ
山梨県・虐待児童聴取一本化進む 児相、警察、検察
長野県・山間部の訪問看護に難題
岐阜県・ぎふアミターバ臨床宗教師のいる家上・中・下
静岡県・虐待発見口腔内から 県と県歯科医師会
大阪府・自分らしく最期まで.「ホームホスピス」
三重県・ぼっちゃ国際大会誘致へ
滋賀県・外国人九人晴れて終了 介護職員養成研修
大阪府・絶てない虐待上・中・下
兵庫県・ともに考えよう 補助犬シンポに寄せて上・中・下
鳥取県・福祉避難所 福祉的支援は
広島県・民生委員は担い手不足 協力員で負担軽減
山口県・デイサービス「おとなの学校」
徳島県・後見制度を問う 徳島の事例から上・中・下
高知県・福祉で地域づくりを 土佐町社協学校 イベント支援
福岡県・「介護離職」防止に全力 福岡市
佐賀県・窓口探す心の余裕なく 離婚時のケアどこで?
熊本県・訪問や見守り活動・・みなし仮説入居被害者支援遅れ
大分県・妊婦の心早期ケア 虐待予防へ県内で取り組み
宮崎県・子ども食堂解説相次ぐ 運営資金確保に課題
沖縄県・子育て論議市民で継続を 民営園の支援構築へ課題

〔地域の書籍紹介〕
・『子どもの貧困ハンドブック』(かもがわ出版/松本伊智朗ほか)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・認可外保育 監督に差
・保育チェック人手不足 認可外施設
・ホームドア設置進まず
・ホームドアに障壁
・医療的ケア12市区拒否 保育所入所
・社会の中で育てたい 保育所「医療的ケア」急務
・児童虐待 警察が積極保護
・介護殺人・心中4割未検証
・介護事件検証再発防止の鍵 自治体の積極関与必要
・給食無料化じわり拡大 公立小・中
・給食無償化自治体手探り

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻296号
keyword 福祉人材

【資料】

    外国人介護人材受け入れの在り方に関する検討会
〜経済連携協定に基づく介護福祉士候補者等のさらなる活躍を促進するための具体的方策について〜
   平成28年3月7日  
  〜EPA介護福祉士の就労範囲に訪問系サービスを追加するに当たっての必要な対応について〜
  平成28年10月28日

   厚生労働省

掲載記事      2016/11/1〜11/30

〔全国情報・海外情報〕

・介護ロボット導入加速 購入費用を補助
・孤独を克服、生きる力に 寄り添う傾聴ボランティア
・日本郵政Ipad高齢者見守り
・介護に外国人 二法成立
・白杖=全盲とは限りません
・指の屈伸自在 節電義手 国産1号 価格は三分の一
・相模原殺傷 施設の対応「不適切」題三者委報告書
・施設が支え「世界一幸せ」初めて福祉受け定住
・70歳以上医療費負担増 厚労省方針
・保育士足りない上・中・下・「業務多すぎる」
・小さないのち  児相現場で 上・中・下
・LGBT 老後支援 米の取り組み
・海外 根付く 母子手帳

〔社説〕
・ 外国人介護職 技能実習制度の利用は慎重に
・無年金救済実施へ 高齢者の貧困対策が急務
・高齢者事故多発 運転しなくて済む社会を

〔都道府県別索引〕
北海道・発達障害幼児期から支援 学校生活対応しやすく
青森県・風土の違い懸念も 外国人受け入れ法案成立
岩手県・大槌の高齢者 
宮城県・潜在保育士 ユニーク復職
秋田県・認知症 頭と体使い予防 医療ルネサンス
山形県・障害持つ生徒の投票援助 18歳選挙権
福島県・「医療需要」住民の帰還次第
茨城県・再犯と更生@〜E
群馬県・介護人材確保へ日本語研修
埼玉県・高齢者も介護に意欲 人材確保へ県が研修
千葉県・広がる「子供食堂」笑顔あふれる”居場所”
東京都・給付型奨学金を創設 都教育施策大綱骨子案
神奈川県・「施設だけ責任は酷」やまゆり園殺傷検証委報告
新潟県・医療・介護の会議に市民も しもまちカンファレンス
石川県・共倒れにならないために上・下
山梨県・重度化予防 後退を懸念 生活援助の報酬減検討
静岡県・自治体連携の特養着工 南伊豆町・杉並区
愛知県・名大構内の学童保育所軌道に 留学生、教員が先生
三重県・誘い合い介護予防教室へ オンデマンド交通導入
京都府・在宅看取り浸透せず 府内の支援医療機関
大阪府・学生と障害者 ともに成長 対等の立場で職業訓練
兵庫県・女性と地元企業を橋渡し 子育てや介護中も働きたい
奈良県・育児の記録や画像、家族で共有 電子版母子手帳
和歌山県・バリアフリー映画広がれ 副音声や字幕でサポート
鳥取県・11市町で不足4町ゼロ 福祉避難所
島根県・認知症とは 小学生学ぶ
岡山県・親なき後ここで 岡山のグループホーム
広島県・高齢者介護のいま 県北の現状を見る上・下
徳島県・迫る介護保険海底 徳島から考える@〜D
香川県・高松市子育てに向いている?
愛媛県・障害者就労 ドローンで開拓
高知県・母子支援切れ目なく 外来と病棟が連携
福岡県・社福法人地域ニーズに応え レスキュー事業
佐賀県・在宅を広げる下 医療・介護関係者が連携
熊本県・全国初の「バリアフリー型」障害者にも配慮
大分県・「手厚い学びを」生徒急増 県内の特別支援学校
宮崎県・「盲ろう者」情報寄せて 通訳、解除活用進まず
沖縄県・保育士復職 待遇に「壁」

〔地域の書籍紹介〕
・『障害を持つ息子へ』〜自閉症の息子へそのままでいい(ブックマン社/神戸金史)
・『はぐるま』〜若年性アルツハイマー理解促進へ(文芸社/筒井誠司)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・いじめ把握アンケート有効
・高齢者検挙最悪19.9%
・高速逆走 認知衰え6割
・悔悟保険高齢者自立で財政支援
・「特養」入所 狭まる門戸

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻295号
keyword 認知症

【資料】

    
 第63回 社会保障審議会介護保険部会資料
 平成28年9月7日 厚生労働省 
    「参考資料3 認知症施策の推進」

掲載記事      2016/10/1〜10/31

〔全国情報・海外情報〕

・再犯防止 福祉と連携 
・年金強制徴収を強化
・たん吸引必要な男児「普通学級に入学を」
・何か、手伝えますか?パラリンピックに励まされ
・高齢者に講習 就職仲介 政府新事業
・広がるフードドライブ 困窮家庭を支援
・真の被害者は誰なのか「相模原殺傷事件」
・罰則付き禁煙「世界の常識」受動喫煙防止案で厚労省
・「監督人」急増中 後見人の不正許さない
・創刊13年終わらぬホームレス支援 ビックイシュー
・操作が簡単外出に最適 シニアカーが好評
・介護士志望の留学生急増 法改正見据え
・年金受給資格十年 可決

〔社説〕
・ 外国人実習生活用 介護職、待遇改善が先決だ
・いじめ対策の見直し SOS受け止めるには

〔都道府県別索引〕
北海道・無資格保育士 見送り賛否 〜札幌市
青森県・ペットどうしたら・・・施設入居で悩む高齢者増
岩手県・地域型保育所が倍増
宮城県・介護予防サービス市町村移管へ 全国のモデルに
秋田県・認知症と向き合う上・中・下
山形県・人生経験生かし介護 県がアシスタント養成
茨城県・図書館 新サービス続々
栃木県・障害者の就労機会確保を 広がるユニバーサル農業
群馬県・認知症を支える 徘徊高齢者をめぐって上・中・下
埼玉県・画面に触れて119番 聴覚障害者らの通報に
千葉県・虐待対応で児相 弁護士配置進まず
東京都・保育士に届かぬ補助 待機児童対策盲点
神奈川県・「未病カルテ」拡大担う 「電子母子手帳」開始
新潟県・介護保険 県内特養アンケートから上・下
富山県・地域福祉の新スタイルに 住民が担う介護サービス
石川県・子ども 社会でどう育てる 里親ようやく百組超
山梨県・障害者配置の事務所認定
長野県・政見放送に手話通訳を
岐阜県・誰でも気軽に手話サロン
静岡県・乗降解除「当たり前に」静鉄タクシー
愛知県・一人暮らしを続ける上・下
三重県・認知症支える態勢議論 四日市サミット開幕
滋賀県・ボランティアへ付与 介護支援ポイント
京都府・揺らぐ京都の精神医療
大阪府・介護ロボ いざ出番 補助制度申請相次ぐ
兵庫県・看護師ら在宅ケア支援 介護保険サービス「看多機」
奈良県・心の扉開いた「交流の家」ハンセン病回復者の宿
和歌山県・高台の福祉・防災拠点
鳥取県・伝える言葉 鳥取県手話言語条例施行三年上・中・下
島根県・夜間保育受皿拡充を 松江市ひとり親家庭支援策
広島県・防災キャンプ取り組み拡大
山口県・一層の周知、普及へ 「緊急通報システム」
徳島県・虐待被害児の将来見据え 徳島地検の加害者処分
高知県・深刻な高次脳機能障害 福祉サービス届かず孤立
福岡県・横断歩道 進む「ピヨピヨ」化 擬音式全国統一の流れ
長崎県・「独りで見守り限界」認知症高齢者の徘徊
熊本県・特別養子縁組7組成立 福田病院あっせん事業3年
大分県・県内配置の動き スクールソーシャルワーカー
宮崎県・介護に余裕 癒しの場 認知症カフェ急増
鹿児島県・鹿県13市町村確保ゼロ 福祉避難所
沖縄県・介護の現場で@〜C

〔地域の書籍紹介〕
・『UDレシピ本』(下田昇平兵/チーム紅蓮)
・『月明かりの学舎からー川口自主夜間中学と設立運動30年の歩み』(東京シューレ出版)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・軽度介護 事業所半減 新方式
・軽度介護 細る担い手 報酬削減「最低賃金に」
・介護保険新方式 全国調査から上・下
・司法関与対象が焦点 裁判所の虐待対応強化策
・虐待から救うために 死亡・重体例大半に兆候
・「いじめ」具体例で明確化

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻294号
keyword 児童虐待

【資料】

    
 全国児童福祉主管課長・児童相談所長会議資料
 平成28年8月4日 厚生労働省 
 
  1.児童福祉法等の一部を改正する法律の施行について
     ・児童福祉法等の一部を改正する法律の概要等
     ・児童相談所の配置標準の見直し等について
     ・弁護士の配置について
掲載記事      2016/9/1〜9/30

〔全国情報・海外情報〕

・社会保障「上限」超す 厚生省概算要求 
・四年後パラへ目標3万人
・義務教育の「完全無償化」じわり拡大
・在宅医療 統計見直し実態把握を
・施設と里親は車の車輪
・まずは知ることから 図書館で認知症支援
・新貧乏物語「年金プア」日本の制度現状は
・高齢者施設 どう防災
・根強いタブー視に試行錯誤 障害児への性教育
・家政婦に資格「家政士」
・介護保険見直し 上・下
・マザーテレサが愛した街で@〜D
・タイの専門家と学び合うプログラム「みとり場」編

〔社説〕
・ 児童虐待10万件超 安全網からもれ落とすな
・相模原殺傷検証 犯罪防止の視点足りない
・敬老の日 安心の長寿へ貧困対策を

〔都道府県別索引〕
北海道・行動援護のヘルパー不足 重度知的障害者らの外出
青森県・待機者減 一部定員割れ 県内特養淘汰の時代
岩手県・広がる医療・福祉支援 県やICAT活動
宮城県・リバースモーゲージ低調 高齢者向けローン
秋田県・災害時の救急体制構築 能代山本医師会
山形県・職場の障害者差別解消へ  
茨城県・虐待児の聴取1回に 司法面接導入
埼玉県・風水害に備える上・中・下
東京都・児童相談所の今上・中・下
神奈川県・障害者である前に人間 ピープルファースト全国大会
新潟県・介護する家族をサポート「キャンナス新潟」発足
富山県・住民組織の参加進まず 要支援サービス市町村移行
石川県・介護負担軽減にシニア活用
山梨県・「きつい介護」返上へ 人手確保へ環境改善
岐阜県・存続探る関ケ原病院 地域医療支え65年以上
静岡県・高齢者移住 浮かぶ課題
三重県・高齢化で在宅医療の需要増
大阪府・高齢ヘルパーいきいき
兵庫県・感染症、認知症で「神戸宣言」G7神戸保険大臣会合
鳥取県・家庭保育給付広がる
島根県・災害弱者対応道遠のく 福祉避難所マニュアル策定進まず
岡山県・一緒に学びたい・・医療的ケアの壁@〜E
広島県・障害者と共に30年 エフピコ
高知県・子ども食堂 県内拡大
福岡県・里親制度成長の途上 普及自治体間で格差
佐賀県・介護の担い手確保急務 サービスの低下懸念
長崎県・表情・しぐさで伝える心 県内施設の重複障害者
熊本県・避難所 体験を胸に 熊本市が閉鎖
大分県・夜間中学お試し版人気
宮崎県・薬物再販断つために 保護観察付け出所後に更生支援
鹿児島県・逝き方の選択 住み慣れた場所で@〜E
沖縄県・生活保護の返還要求 奨学金を収入認定

〔地域の書籍紹介〕
・『介護者契約書』(西博三/アマゾン)
・『段取り八分』(吉田巧/サンライズ出版)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・厳しい待機児童ゼロ 2年連続増加2.3万人
・多い事務作業 重い責任 保育士・幼稚園教諭3万人調査
・引きこもり54万人
・100歳以上最多65692人
・隠れ待機児童1.9万人
・認知症疑い運転者6万5千人 ・高齢運転者の支援急務
・虐待死 0歳が6割
・女性の3割65歳以上
・「年寄り」と呼ばないで

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻293号
keyword 障害者施設殺傷事件

【資料】

    
 相模原市の障害者支援施設における事件の 検証及び再発防止策検討チーム
  中間とりまとめ〜事件の検証を中心として〜
   (概要版) ※及び参考資料 
 
  厚生労働省 平成28年9月14日

掲載記事      2016/8/1〜8/31

  ■相模原市障害者支援施設  殺傷事件に関する記事■

  <2016年10月号掲載分>
・容疑者 病院任せの限界 相模原殺傷一か月
・再発防止苦悩の現場
・障害者施設殺傷一か月上・中・下
・措置入院見直しへ「支援」の視点を忘れずに
・県の当事者 意識希薄
・「本当の共生」続く模索 県内施設防犯見直し
・相模原殺傷事件 山梨から @〜C
・福祉施設の安全徹底を

 <2016年9月号掲載分>
・命の重さ同じなのに 戸惑う障害者沸く憤り
・不審者対策 各地で「退院後も支援」検討へ
・惨事をなぜ防げなかった
・安全確保で国が通知
・容疑者言動2月に急変
・識者の見方
・検証・相模原19人刺殺事件
・同じ命 重み知って
・福祉施設に衝撃「侵入対策は脆弱
・障害者みんな大切な命 防犯対策補助制度なし
・「全力で守ります」手をつなぐ育成会がメッセージ
・措置入院 鹿児島県内病院医師ら警鐘

〔全国情報〕

・住民が担う介護悩む現場 
・「お金がない」治療を断念
・介護者の残業を免除
・終末期医療本人の意思は 治療家族と共有を
・認知症判定 ネットや血液で
・フードバンク 行政と連携
・介護保険 総収入に応じ負担
・防災無線文字に変換 障害者向けアプリ
・65歳超雇用契約に助成
・変化見逃さず相談の扉広げて 子どもの自殺
・ 虐待予防 妊婦に相談役 望まぬ妊娠 救いの手
・刑務所に介護専門員
・いのちの電話 人不足 無報酬 長い研修が負担?

〔社説〕
・ 措置入院見直しへ「支援」の視点を忘れずに
・ホーム転落事故 障害者を包み込む社会に
・児童虐待の増加 影を落とす「面前DV」

〔都道府県別索引〕
北海道・病床削減 全道で8%
青森県・介護予防、社会保障費抑制へ
岩手県・介護人材確保に本腰
宮城県・保育士の負担減期待 仙台市の子育て支援員認定
秋田県・展示ブロック設置進まず
福島県・「イクボス」育てます「中小企業同盟」結成へ  
茨城県・重い商品は部屋へ搬入 生協が高齢者支援に力
栃木県・障害者の農作業に助成
群馬県・迫る貧しさの狭間で@〜D
埼玉県・子育て支援タクシーが人気
千葉県・住民自から守る ちば団地今昔物語
東京都・認知症ケア学び治療見直しも
神奈川県・「ずっと通いたい」川崎・小規模作業所
新潟県・病院と在宅つなぐ役割期待 地域包括ケア病棟
石川県・孤独死への対応急務 独居高齢者の遺体最多
福井県・「本当の共生」続く模索 県内施設防犯見直し
山梨県・家族、地域を結ぶ命送る「看取り士」県内活動開始
長野県・山あいの地支える医療 下伊那の県境域から@〜D
静岡県・地域の郵便局 認知症支える
愛知県・保育士不足に効果 経験者の復職仲介
滋賀県・障害者と共生の社会に
京都府・福祉側 当番弁護士要請迷う 障害者の逮捕時
大阪府・保育に等しく公的支援を
兵庫県・認知症原因万引き相次ぐ 田の症状少なく犯行後判明
鳥取県・障害者工賃「日本一」へ
島根県 ・定住につながる支援を 浜田市ひとり親受け入れ
岡山県・入院中の子の感情大事 涙も笑いも治療の力に
広島県・特殊詐欺を追う上・中・下
徳島県・研修会で議論始まる 妊産婦の避難所受け入れ対策
福岡県・シニアの移住促進へ連携 中高年層ハローワーク
佐賀県・医師数、住民意識に差「在宅みとり」県内の状況
熊本県・ハンセン病 特別法廷を考える上・中・下
大分県・「IT介護」海外も見守り
宮崎県・介護現場の窮状露呈 福祉避難所が不足
鹿児島県・自らの希望 文章に記すどうする?延命治療
沖縄県・好評、病院ボランティア

〔地域の書籍紹介〕
・『絵を聴く保育』(中山桃子/実践出版)
・『ホームレス川柳』(興陽館)
・『私たちと発達保障』(丸山啓史/全障研
〔行政機関などの資料・報告書〕
・電車 優先スペース倍増
・子どもの貧困対策例公表
・児童虐待 初の10万件 25年連続増加
・児童虐待 心の傷どう対応
・吃音「差別受けた」6割
・吃音 苦しみ深く
・別居の親 ネットで見守り 7割不安

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻292号
keyword 子供の貧困対策

【資料】

    
  内閣府・子供の貧困対策に関する有識者会議
    平成28年7月14日  資料2
  「子供の貧困の状況及び子供の貧困対策実施状況について」
  
       

   掲載記事     2016/7/1〜7/31

  〔全国情報・海外情報〕
・障害ある十代も一票 選管特別支援稿校で講座
・参院選挙区 政見放送シュワ通訳なし
・バリアフリー教育充実策「共生社会」実現めざす
・高齢者・障害者・子、同じ移設に
・給付型奨学金創設へ 文科省検討チーム設置
・空き家活用へ家賃補助 低所得者向け公営住宅補う
・子どもを守り支える〜児童福祉法改正上・下
・命の重さ同じなのに 相模原殺傷 戸惑う障害者沸く憤り
・認知症学ぶ講座 広がる支援
・男性の育休 いまだ過渡期
・支援で衛生急改善 最貧国エチオピア
・ブータンのろう学校を支え続ける

〔社説〕
・ 子ども支援の強化 自ら立ち上がる勇気を
・軽度者の介護 暮らしを守れる制度に
・障害者施設殺傷 参事をなぜ防げなかったのか

〔都道府県別索引〕
北海道・新得 手話のまち 上・中・下
青森県・介護保険「生活援助」の除外論議
岩手県・完全確保で国が通知 相模原の障害者殺傷事件で
宮城県・医療・介護も薬局で 相談窓口設置を検討
秋田県・学童保育 習い事も支援
福島県・欧州に本県製医療ロボ 独企業と合弁会社  
茨城県・聴覚障害者の利便性向上 手話通訳者を正職員採用
栃木県・障害者差別解消法 文化 もっと近くに上・中・下
群馬県・ICTで介護度改善 最適なリハビリを選択
埼玉県・増える高齢者窃盗上・下
東京都・母が万引き・・・認知症だった
神奈川県・相模原刺殺 容疑者言動2月に急変
・相模原刺殺 識者の見方
検証・相模原19人刺殺事件
新潟県・「在宅看取り」という選択 黒岩卓夫医師に聞く
石川県・「金沢型安全教室」全国に
福井県・保育園ICT化 県内十市町村整備
山梨県・知的障害者に学びの場 褒めて自己肯定感高める
長野県・「子供の居場所」 全県的取り組み目指す
岐阜県・悩みは人材確保、資金繰り ソーシャルビジネス
静岡県・視覚障害者「置き去り」政見放送と手話通訳
愛知県・発達障害児向け放課後デイ急増
三重県・認知症に特化
滋賀県・聴覚障害で入店拒否
大阪府・介護職の待遇改善切実 辞める同僚現場の負担増
兵庫県・受け入れ拠点各地で整備 民間団体進むネットワーク化
和歌山県・就職に道 地域貢献も 授業で介護資格取得
鳥取県・相模原殺傷 福祉施設に衝撃「侵入対策は脆弱」困惑
島根県 ・障害者みんな大切ないのち防犯対策補助制度なし
岡山県・介護サービス縮小に懸念 被保険者の拡大検討を
広島県・孤独史防止住民手探り 高齢者の生活
山口県・県内献血離れ深刻 県外からの供給頼り
徳島県・発達障害の特別支援学校 自己実現への居場所
香川県・無償広がるリュースの輪 DV避難者へ生活用品
高知県・妊娠中から育児支援 紙おむつや哺乳瓶支給
福岡県・仕事と介護両立支援窓口 ケアマネ資格者二人常駐
佐賀県・障害者増える入所待機 重度中心に支援施設不足
佐賀県・民生委員 負担大きく 高齢者の見守りどこまで
長崎県・医療や介護の連携拠点始動
熊本県・地震と在宅医療上・下
     ・15年度「ゆりかご」に13人
宮崎県・受け入れ施設が不足 重症心身障害児・者の短期入所
鹿児島県・相模原殺傷 措置入院鹿県内医師ら警鐘 
沖縄県・就学援助5人に1 困窮過程が増加 

〔地域の書籍紹介〕
・『医者は知らない!認知症介護で倒れないための55の心得』(工藤広伸/廣済堂出版)
・『認知症のある人ってなぜ良く怒られるんだろう?』(北川なつ/実業之日本社)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・特養待機者急減 介護難民増加か
・子ども食堂三百カ所超す
・国保保険料最大1.7倍の差
・社会保障運営厳しく 十五年国勢調査
・介護業界「三年で離職」の壁
・「隠れ待機児童」五万人
・所在不明児25人
・11歳姉 名前書けず 6歳弟オムツ姿
・保育短時間 進まぬ利用

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻291号
keyword 認知症

【資料】

    
  社会保障審議会介護給付費分科会
  介護保障改定検証・研究委員会(第11回)資料
    平成28年5月24日  
  「介護保険サービスにおける
   認知症高齢者へのサービス提供に関する   
   実態調査研究事業(結果概要)」    

   掲載記事     2016/6/1〜6/30

  〔全国情報・海外情報〕
・夜間保育課題抱え 母子家庭の「駆け込み寺」
・運動やパズルの効果にきたい認知症の予防
・保育所や特養を一か所に
・病気や障害 色で啓発
・小学校未修でも中学入学
・糖尿病防げIT活用 トヨタなど実証実験へ
・貧困家庭の学習支援で連携
・介護休業 企業の対応カギ
・無届シッター 野放し
・介護職労使が集団協定
・「かかりつけ医」拡大へ 英国の家庭医に聞く
・貧困支援無量ジェラード カイロ廉価で移動販売も

〔社説〕
・ 給付型奨学金
・家族会の役割は大きい「認知症」介護
・お年寄りと友達 孤立を防ぐ取り組みを

〔都道府県別索引〕
北海道・増える利用者過密化も 子と親支える学童保育
青森県・児童虐待対応 初の九百件超え県内の児相
岩手県・児童施設退所者ら支援 盛岡市の福祉三法人連携
宮城県・介護現場の人手不足 知恵出し合い解消を
秋田県・社会参加「職親」が支援 引きこもり対策で新事業
福島県・見守りシステム開発へ 電波反射で状態把握  
茨城県・進行する自治会離れ 市・住民ら地域支援模索
栃木県・授業時間に作業所支援 真岡北陵高と真岡市社協
群馬県・手話で学べるように 県手話言語条例一年
埼玉県・地域で支える高齢者の食
千葉県・独自の通報基準 医療機関と積極連携へ
東京都・子供遊ばせママ癒す 板橋の児童館全館で
神奈川県・巧みな誘い「貧困ビジネス」
新潟県・医療再編一年 魚沼基幹病院課題と展望 上・中・下
富山県・高齢者見守り対策充実 緊急連絡先など情報共有
石川県・「金沢型安全教室」全国に
福井県・ハピリン避難点担う 帰宅困難者受け入れへ
山梨県・介護と仕事両立支援 甲府に夜型デイサービス
長野県・子育てができる環境へ
岐阜県・生活困窮者支援 福祉と医療連携
愛知県・介護ストレス ゲームで解消
三重県・松阪発、施設運営カフェ 働きながら地域と交流も
京都府・悔しさ癒えず半世紀超「せめて謝罪を」
大阪府・母子の生活 寄り添ってサポート
兵庫県・学校の安全対策はいま 付属池田小事件十五年
和歌山県・御坊から世界に広がる輪 障害児者の芸術活動支援
奈良県・小規模保育所 熱い視線
鳥取県・看護師運転相談「心強い」三免許センター配置半年
島根県 ・高齢者の健康維持手助け 山陰発の授業実践
岡山県・発達障害児に作業療法 県学童保育連絡協
広島県・僧侶とみとり 緩和ケアの現場から上・中・下
徳島県・重症心障害児の今 県内の現状と課題上・下
愛媛県・就労や教育悩みを共有 シングルマザー交流会松山
高知県・子育て支援基本に「社会増」実現五市町村
福岡県・介護ロボ実験向け特養の制限緩和へ
佐賀県・障害者増える入所待機 重度中心に支援施設不足
熊本県・高齢避難者支えるDCAT 福祉専門の派遣チーム
     ・認知症被災者支える 熊本県、活動に助成金
大分県・病床、機能分化で二割減 在宅医療などを充実へ
宮崎県・苦手行動見つけ配慮 通級指導が過去最多
鹿児島県・居場所どこに 刑務所は今上・中・下 
沖縄県・長寿の質 沖縄ワースト 生活の質 危機的状況 

〔地域の書籍紹介〕
・『いじめからわが子を守る具体策』(齊藤卓也/アントレックス)
・『見えない涙 寄り添って20年』(三条市支援センター)
『ビバ!インクルージョン』(現代書館)
〔行政機関などの資料・報告書〕
・虐待死疑い 起訴8%
・待機児童5.5%増加
・保育所拡充追いつかず
・許可外利用補助広がる
・認可外に負担格差
・認知症1万2千人不明届
・「見守りの目」で早期発見 認知症不明者
・根治療開発へ脳状態調査 認知症の大規模研究 ・元患者社会復帰わずか
・65歳以上 4人に一人超

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻290号
keyword 子育て支援

【資料】

     社会保障審議会児童部会
  保育専門委員会(第4回)資料2
    平成28年3月29日
  「保護者に対する支援」及び
       職員の資質向上」

   掲載記事     2016/5/1〜5/31

  〔全国情報・海外情報〕
・貧困解決なお遠く 児童扶養手当大幅増
・高齢者運転 認知症検査18違反対象へ
・広まる 「子ども食堂」
・障害ある子 学校が「カルテ」
・一億活躍プラン 保育士給料引き上げ
・災害時の健康支援チーム 厚生省養成へ
・認知症の解明 予防薬研究
・発達障害者を継続支援
・東京23区悲願の児相 改正児童福祉法成立
・薬物依存者会で更生 保護観察拡大し支援
・人口減にっぽん海外から考える上・中・下
・ハンガリーで国際会議 上・下


〔社説〕
・ 被害者支援「共感の反作用」が心配だ
・水俣病60年 被害者救済に全力尽くせ
・介護職の心の健康 人材確保に手を尽くせ

〔都道府県別索引〕
北海道・外国人介護士は定着するか上・中・下
青森県・日本式介護アジア輸出 ベトナムで人材育成 
岩手県・福祉避難所 指定医進まず
宮城県・県内減らぬホームレス
秋田県・支援施設入所の知的障害者ら高齢化
山形県・認知症のいま 県内現状と課題@〜B
福島県・介護ロボ利用拡大 来月から県専門校に無償貸与 
茨城県・薬物依存 社会で更生へ 保護観察官負担が課題
栃木県・イチゴ栽培で働く場 障害者雇用宇都宮へ研修施設
群馬県・シルバー派遣急増 介護などで人手不足
埼玉県・8割と協定全県浸透へ 広がる「熊谷モデル」
千葉県・障害者や高齢者目線で 避難所の環境整備など支援
東京都・介護進出や寄席で集客 デイサービス
神奈川県・要介護改善で報奨金
新潟県・育みのかたち 新制度一年 上・中・下
富山県・鍵預かりお年寄り守れ 独居宅など来月から
石川県・遅れる福祉避難所対策 15市町マニュアルなし
福井県・保育士不足が深刻化
長野県・SSW重み増す役割
静岡県・福祉避難所 訓練重ね運営スムーズに
愛知県・貧困の子自治体が支え見守る
三重県・返礼に障害者がお墓掃除 尾鷲のふるさと納税
滋賀県・知的障害者に理解を
京都府・介護の未来系 足元を見つめて@〜D
大阪府・運転状況を家族で確認 高齢ドライバー
兵庫県・バリアフリーを創る街 明石市障害者配慮促進条例
奈良県・小規模保育所 熱い視線
島根県・笑い療養士県内で増加 笑顔引き出し癒し処方 岡山県・入所者57%今も「偽名」ハンセン病療養所
広島県・再犯防げ福祉と連携 地検対策室一年
徳島県・サロン開設県内で次々 外出機会増え認知症も予防
愛媛県・増えるA型事業所 働きたい障碍者の受け皿
高知県・特養 投薬ミスなぜ続発 職員「緊張感なかった」
福岡県・病院と地域で情報共有 ITでつなぐ
長崎県・中核病院と診療所連携 ITでつなぐ
熊本県・介護職員130人不足
     ・22保育所再開まだ
大分県・烈震熊本・大分地震上・中・下
宮崎県・病児保育施設が増加
鹿児島県・隔離の中で差別と闘う ハンセン病市民学会 
沖縄県・保護見送り「判断誤り」宮古虐待死 で報告書

〔地域の書籍紹介〕
・『子ども虐待死ゼロを目指す法改正の実現に向けて』(後藤啓二/エピック)
・『5S活動テキスト』(タナカ情報研究所)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・「保育士足りぬ時間帯ある」私的132件
・働き方改革 企業アンケート
・介護職うつ労災急増
・介護現場で認知度低く「グリーフケア」
・抗がん剤高騰切実 患者団体アンケート
・半数以上知らず 周知が課題 ベビーカーマーク
・障害児預かり20業者処分
・出生率21年ぶり高水準

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻289号
keyword 障害者差別解消法

【論文】

     障害保険福祉関係主管課長会議資料
         (共生社会政策担当)
    平成28年3月8日
  「1.障害を理由とする差別の解消の
       推進に関する法律の施行について」

   掲載記事     2016/4/1〜4/30

  〔全国情報・海外情報〕
・自殺防止 地域ごとに
・刑務所高齢化に苦慮
・こども園に小学教諭OB 保育士不足補う
・介護現場働く人にもケア 年22万人離職
・特別支援教員 安定確保へ
・貧困の子 学習支援連携 全国ネット来月設立
・自閉症診断 客観指標へ一歩
・子どもホスピス 家族を支える「第2の家」
・特別支援 コーディネーター専任化
・自動専門職員1120人増へ
・家で看取る上・中・下
・アメリカの風 社会を支える寄付文化


〔社説〕
・ 保育園新設 子どもの声は騒音か
・ハンセン病特別法廷 司法の差別 検証不十分だ
・障害者差別解消法 貧困の解消にもつなげて

〔都道府県別索引〕
北海道・待機児童国の緊急対策
青森県・人材不足 ひずむ現場@〜D 
岩手県・「地域福祉力」市社福協と県立大共同調査で判明
宮城県・子供の貧困世帯15.3%
秋田県・待機児童の周辺上・中・下
山形県・認知症対応力を強化 県と山大医学部連携
福島県・高齢者の運動公園完成 データ収集 介護予防へ 
茨城県・子育て支援 研修拡充「女性活躍法」施行
栃木県・障害者共生へ第一歩 差別解消法・県条例施行
群馬県・放課後も仲間と手話で 聴覚障害児の児童クラブ始動
埼玉県・介護の仕組みで子育て支援 和光市
千葉県・介護休業取りやすく 職場の理解が鍵
東京都・認知症の妻の在宅介護 介護の秘訣は
神奈川県・コンセルジュがお手伝い 特養待機者
新潟県・住民主体の支え合い好発進 上越市の総合授業
富山県・通所介護 住民が担い手
石川県・人生の「物語」大切に 患者に寄り添う終末医療
福井県・あした笑顔に ふくい・子と親の風景@〜C
山梨県・施設倍増 問われる質「放課後デイ」
長野県・障害ある子 地域で支援へ
静岡県・シニア移住促進 基本計画
滋賀県・茶・華道・高齢者笑顔に
京都府・本人特定にQRコードの名札 認知症排泄支援の会
大阪府・介護家族 苦悩ときずな@〜C
兵庫県・防災アプリ 開発進む
奈良県・認知症患者 安心のまちに
和歌山県・小規模介護施設に危機感
鳥取県・隠さず無理せず相談を 認知症介護者の支援課題
広島県・市・県警タッグで非行防ぐ
山口県・周防大島 空き家対策次々
徳島県・重度心身障害者 陽子さんの挑戦〜社会の中で歩む上・中・下
愛媛県・育児応援 積極的取り組み
高知県・ケアの質 県内底上げへ
福岡県・精神障害者適用4割 公共交通機関割引
佐賀県・里親まだまだ足りません
長崎県・認知症 運転事故防げ
熊本県・熊本地震 避難の高齢者・障害者
宮崎県・本県保険師現地へ 被災者の心身ケア奔走
鹿児島県・鹿児島市パンク 生活・金銭管理の支援事業 
沖縄県・子の貧困 本党全域で対策

〔地域の書籍紹介〕
・『実録 家で親を看取る』(中山庸子/海竜社)
・『千代野ノート』(富田秀信/かもがわ出版)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・介護家族 募る苦悩
・在宅介護「限界」7割
・虐待死疑い 国の3〜5倍
・保育所申込者 定員超6割
・保育所増設に苦慮
・介護離職「考えた」3割
・後見人専門職の不正最多
・住民反対 保育所断念11件
・「育児も介護も」25万人
・チューブで栄養6割 高齢入院患者療養病床で

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻288号
keyword 生活困窮者支援

【論文】

     「生活貧窮者自立支援事業の初年度
    実施状況と相談態勢を分析する
      〜A市の事例検討を通して〜」
   関西学院大学教授 山本 隆

   掲載記事     2016/3/1〜3/31

  〔全国情報・海外情報〕
・認知症事故 家族責任なし
・虐待相談 ダイヤル189番
・こども園に小学教諭OB 保育士不足補う
・「多くの患者傍聴」記事発見 ハンセン病特別法廷
・23区が児相設置可能に 中核市でも促進
・障害者の農業参入支援 技術伝授や販路作り
・手探りプレー 一体感 視覚障害者競技
・育児や介護 社員を支援
・成年後見 促進法成立へ 専門家外の人材育成
・障害児スポーツもっと 支援学校にクラブ整備へ
・医療「在宅」を強化 介護制度改革と連動
・障害者差別解消法が始まる上・下
・日本式介護に熱視線 チャイナセンセーション
・保育園ふやせば解決か  ノルウェー

〔社説〕
・ 認知症の徘徊事故 社会でリスクの共有を
・児童虐待 SOS見逃さない体制構築急げ 

〔都道府県別索引〕
北海道・市民団体 申請を支援 困窮者の生活保護受給
青森県・介護リフト やる気も上昇 
岩手県・内陸避難 ストレス強く 県教委・児童生徒調査
秋田県・発達障害と歩む きょうだいの声 上・下
山形県・バリアフリー観光 温泉街で推進中
福島県・障害者の就農支援 自立と担い手不足対応
茨城県・病児保育高まる需要 県内利用者三年で倍増
栃木県・認知症対策にQRコード
群馬県・入所者の快適生活支援 重症心身障害者施設に知恵
埼玉県・貧困・虐待と少年犯罪 川口事件の課題上・中・下
千葉県・精神障害者支援自立への試み 上・下
東京都・搬送 病院救急車で
神奈川県・児相保護せず 中学生自殺
新潟県・めざせ、課題解決型の自治会 新元島町自治会上・下
富山県・生活保護費パチンコに「知的障害がある」窃盗犯
石川県・障害者「農福連携」で就労確保
福井県・10〜40代でも視線がサイン 「自閉スペクトラム症」診断
山梨県・母子で滞在 心身癒す 産前産後センター
長野県・デジタル教科書 学習障害救う
愛知県・発想柔軟「ママボノ」活躍
三重県・観光客と交流し自信 特別支援学級生がガイド
滋賀県・認知症徘徊スマホ捜索 守山市実証実験
京都府・初期認知症 自立後押し 府、市町村に専門職
大阪府・障害ある生徒 先生はロボット
兵庫県・女性刑務官 止まらぬ離職
和歌山県・高齢者への配食サービス 訪問ルール整備必要
島根県・障害者ら訓練に効果 島大生開発視線入力ソフト
岡山県・供に生きる社会に 障害者差別解消法施行へ@〜B
広島県・特別支援教育 尾道の模索上・中・下
山口県・五市町が推進の意向 高齢者の地方移住
徳島県・日本語講座が成果 県の外国人就労支援事業
香川県・普及の壁は低い報酬 遠隔医療にベンチャー参入
愛媛県・子育て応援アプリ好調
高知県・広がる学校モーニング
福岡県・隔離の後に ハンセン病の20年上・中・下
長崎県・サポート環境徐々に広がり 障害者差別解消法と大学
熊本県・熊本大で「赤ちゃんポスト」国際シンポ
宮崎県・マイナンバーで「生存確認」
鹿児島県・高齢者無料送迎の買い物バス好評 
沖縄県・貧困 親子で連携傾向

〔地域の書籍紹介〕
・『あなたは見えないところで愛されている』(郡美矢/KADOKAWA)
・『いじめから、わが子を守る具体策』(齋藤卓也/アントレックス)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・子ども貧困 沖縄「最も深刻
・虐待児ら一時保護2.2万件
・入所障害児429人に虐待歴
・子どもの居場所担う役割 学習支援事業
・児童虐待 最多3万7千人
・介護福祉士外国人の合格率50%超え

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻287号
keyword 認知症

【資料】

     全国厚生労働関係部局長会議 
           平成28年1月19日

  老健局重点事項説明資料
 「2.介護保険制度改正について
   A認知症施策の推進について、
   B在宅医療・介護連携推進事業について

   掲載記事     2016/2/1〜2/29

  〔全国情報・海外情報〕
・障害者雇用 企業に配慮義務
・障害者選手雇用広がる
・診療報酬改定 かかりつけ薬剤師新設
・高齢者施設の虐待 どう防ぐ
・診療者「65歳問題」救済策 法改正案
・予防接種親同意なくても 児童擁護施設の子供
・議場に杖 全国OK 障害者ら要望
・発達障害 大学生のケア後手
・厚生年金未加入 対策を強化
・認知症と賠償 最高裁判決へ上・中・下
・母国語を学ぶ京しくかけ橋育むために ラオス難民
・売れ残り食料廃棄禁止 仏の大型スーパー
・介護 外国人頼みの台湾


〔社説〕
・ 介護施設殺人 虐待の実態に目向けよ
・ 障害者差別解消法 合理的配慮への理解をもっと
・介護保険料最高 制度熟成でサービス充実を

〔都道府県別索引〕
北海道・つながる医療・介護上・中・下 
青森県・介護と仕事 働き盛り難しい両立 
宮城県・官民一体で入手不足解消 介護人材確保協設立
秋田県・川崎老人ホーム転落死事件が波紋
山形県・スタンプで介助犬支援
福島県・県独自に放課後教室 児童の学力、体力向上
茨城県・家庭訪問で子育て支援 母親の孤立防止へ
栃木県・認知症徘徊「カルテ」で捜索
群馬県・施設出た若者に「居場所」
埼玉県・消えぬ貧困ビジネス
千葉県・介護現場 とけ込む外国人
東京都・「通告せず」が「した」上回る
神奈川県・ハマ弁、一部に無償提供へ 子供を支える
新潟県・様々な職種、ネットワーク化<医療・介護・行政・・・br> 富山県・障害ある学生 支援強化
石川県・認知症デイサービス上・下
福井県・無料・低額診療 県内の現場上・下
山梨県・終末期「家で過ごす幸せ」在宅ホスピスを考える
長野県・子ども貧困対策 全県組織
静岡県・授産施設の農業 県が支援
愛知県・みとり研究全国一位 一宮の特養「みづほ」
三重県・家族の安心にどう対処 認知症見守りネットワーク「
滋賀県・重度障害児 通学保障を
京都府・環境改善道険しく 京の学童保育事情
大阪府・認知症の備え 外出時のりすく上・中・下
兵庫県・ボランティアを支える割引を
奈良県・20代の自殺が深刻化・・・心の叫び、気付いて
和歌山県・虐待対応見直す時期 家族支援専門の公的機関必要
鳥取県・認知症予防 広がる取り組み
岡山県・担い手不足懸念 成年後見制度15年
広島県・地域「補助人」活動に濃淡
山口県・出所の就職先決まる 資格取得し企業面接
徳島県・「合理的配慮」途惑う事業者 障害者差別解消法
愛媛県・変わる公営住宅 単身の高齢者増 
高知県・励まし合い輝きたい 認知症カフェ
福岡県・「ヤメ暴」雇用企業に給付金
長崎県・坂野の街移動アシスト 高齢者向け電動手すり
熊本県・水銀削減日本の役割重く「水俣条約」締結を閣議決定
宮崎県・介護、ケアに一役 ロボット
鹿児島県・ホームレス”卒業”支援 路上愚直に寄り添う 
沖縄県・ひとり親・進学支援 子の貧困対策県素案

〔地域の書籍紹介〕
・『性風俗のいびつな現場』(坂爪真吾/ちくま新書)
・『発達が気になる子の「ステキ」を伸ばすかかわり方』(加藤潔/明石書店)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・認知症介護研修充実を 施設の高齢者虐待最多
・介護施設虐待 最多300件
・介護殺人 加害者7割が男性
・子育て貧困世帯 20年で倍
・所在符明児なお18人
・「介護殺人・心中危惧」55%ーケアマネ全国調査

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻286号
keyword 介護ロボット

【資料】

     全国厚生労働関係部局長会議 
           平成28年1月19日

  老健局重点事項説明資料
 「1.介護離職ゼロ関係について
   C介護ロボット活用、
     介護事業の生産性向上について」

   掲載記事     2016/1/1〜1/31

  〔全国情報・海外情報〕
・介護離職 防止へ助成金
・がん情報一元化始動 年間85万人全患者登録
・男性の育児阻むパタハラ
・マイナンバー代行記入 自治体窓口
・高齢者長期療養に新施設
・空き家、介護住宅に 首都圏の施設不足解消狙う
・厚生年金加入逃れ 老後の困窮防止
・介護離職を防ぐ上・下
・病児保育施設の設置後押し
・ふるさと納税殺到 こども園十年無料化
・養護施設 障害障害持つ子三割
・虐待防止 地域の「目」重要 子どもの死亡相次ぐ
・シニアの社会活動支援 自治体がバンク制度

〔社説〕
・ 障害者差別解消法 対話抜きに共生はない
・療養病床再編 今度こそ確かな安心を
・子どもの貧困 三人に一人直視せねば

〔都道府県別索引〕
北海道・若者よ介護職に関心を 高校生が就業体験 
青森県・発達障害 寄り添う教室 
岩手県・ステッカーで見守り強化 認知症高齢者徘徊の保護増加
宮城県・入院患者を在宅療養へ 切れ目なく橋渡し
秋田県・働きたい障害者「農福連携」事業家じわり
山形県・終のすみか 酒田の場合
福島県・介護支援ロボ 改良型あす試験導入
茨城県・介護事業者に求職者五十二人材確保へ「派遣」
群馬県・老人施設事故最多706件、介護人材追い付かず
栃木県・県内二事業者が始動 24時間在宅介護サービス
群馬県・老人施設事故最多706件 介護人材追い付かず
埼玉県・返済困難電話出助言 埼玉奨学金問題ネットワーク
千葉県・介護予防 講師は"ご近所さん”
東京都・開業医支え地域の看取りを強化
神奈川県・働く意欲どう引き出す ホームレスの自立支援
新潟県・介護職員の腰痛 予防策は テクノスクールで講義
富山県・介護人材 地域から発掘
石川県・食べる認知症予防 アミノ酸×乳酸菌
福井県・発達障害研究 福井大が成果
山梨県・暮らし向上に期待 第二子以降保育無量
長野県・自己負担二割生活圧迫 介護保険制度改正から五ヶ月
静岡県・学校の授業でリハビリ
愛知県・介護ロボで離職防止 介護士の負担軽減
三重県・勉強の習慣ついてきた?「学び舎教室」好評
滋賀県・支援学校の子急増背景 インクルーシブ教育急ぐ県
京都府・孤立死届かぬSOS 青壮年層にも課題拡大
大阪府・退院後の子勉強サポート ボランティア学生ら協力
兵庫県・見守り限界、担い手不足 独居死発見遅れ過去最多
奈良県・特殊義手の助け 学校生活心待ち
和歌山県・虐待対応見直す時期 家族支援専門の公的機関必要
島根県・島根の介護人材不足拍車 景気回復他業種に流れ
岡山県・認知症向けロボに効果
広島県・子どもの貧困 不安定な生活夢描けず
山口県・ローソンに介護拠点併設 介護用品充実、相談窓口も
徳島県・なるか日本版CCRC 県の高齢者移住 事業本格化
愛媛県・働く、あしたへ第一部非正規雇用@〜C
高知県・自治体ジレンマ 認知症の身元不明公開
福岡県・読めぬマイナンバー 通知カードの点字なく
長崎県・特性に応じた取り組み模索 障害者の18歳選挙権
熊本県・「育休退園」割れる自治体
宮崎県・生活保護世帯の進学低調 子どもの貧困県指導
鹿児島県・定時制夢の扉開く 52歳大学目指す 
沖縄県・沖縄子の30%貧困

〔地域の書籍紹介〕
・『養子縁組ガイド』(吉田菜穂子/明石書店)
・『特別支援教育とキャリア支援』(同成社)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・老後うつ「地域力」で回復
・加入逃れか79万社調査へ「本来は厚生年金」200万人
・災害時要支援者 事前把握55%できず
・非正規労働者7割 年収200万届かず
・受刑者1300人認知症傾向

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻285号
keyword 介護保険制度改革

【資料】

     全国厚生労働関係部局長会議 
           平成28年1月19日

  老健局重点事項説明資料
 「2.介護保険制度改正等について
   @介護予防・日常生活支援総合事業
   (総合事業)の取組状況」

   掲載記事     2015/12/1〜12/31

  〔全国情報・海外情報〕
・児童保護「20歳未満」に
・介護休暇半日単位で
・年金受給者3割に3万円 給付金案
・高齢者移住3500人受け皿
・特別支援学校でも主権者教育
・開かれた学び場 自主夜間中学
・実習名目の労働拡大 外国人受け入れ法改正案
・マタハラ防止義務化 相談窓口や上司に研修も
・新国立 車椅子に熱狂 バリアフリー評価と注文
・刑務所で大学教育 受刑者がハーバードを論破

〔社説〕
・ 65歳以上に雇用保険 「働きたい」を応援しよう
・子供の貧困と教育 いま必要なのは明倫館的発想
・発達障害の相談 一層親身なサポートを

〔都道府県別索引〕
北海道・発達障害の支援体制強化 市教育センター 
青森県・農福連携 農業現場に障害者の力を 
岩手県・重度障害者の県内入所先不足 介護家族の心身疲弊
宮城県・認知症カフェ オランダ手本に 国見でモデル運営
秋田県・実施二市 動き鈍く 困窮家庭の子どもの学習支援
山形県・手薄の産後ケア 補強
茨城県・情報共有で活用拡大 笠間の「介護健診ネット」
栃木県・県内二事業者が始動 24時間在宅介護サービス
群馬県・認知症に認定看護師 高崎健康福祉大
埼玉県・犯罪に応じ情報発信「熊谷モデル」で協定
千葉県・ありのまま介護 宅老所の現場から@〜D
東京都・聴覚障害知らせるベスト 災害時用 狛江市が配布
神奈川県・障害児放課後の居場所「デイサービス」三年で2.6倍
新潟県・ごみ出し助っ人は中学生
富山県・再犯防止へ就労支援
石川県・認知症者対応手探り マイナンバー
福井県・自由な居場所笑顔増え 不登校対象フリースクール
山梨県・働く親「施設頼るしか・・・」病児保育利用2.6倍
長野県・家での暮らしを支える特養 多様なサービス
岐阜県・山の「恵み」「怖さ」も伝える 県が防災教育に本腰
静岡県・認知症ある入院患者どう対応
愛知県・介護施設で寝たきり 記者が体験 
三重県・軽度の介護 桑名市が独自事業
滋賀県・広がるトワイライトステイ 子の孤立を地域で防ぐ
京都府・介護人材難 拍車の懸念
大阪府・子供・高齢者向け 鉄道会社「見守り」拡充
兵庫県・路線バス拡充 過疎地の挑戦
和歌山県・認知症対策が全国先進地事例採用 御坊市
島根県・買い物でお出かけ 高齢者の健康維持
岡山県・視覚障害者被害 交通事故相次ぐ
広島県・足踏みする成年後見上・中・下
徳島県・自動車の警報音装置 使用義務化 条例可決
愛媛県・「最期の入浴」で見送り、介護甲子園で最優秀賞
高知県・街のバリアーなくしたい 移動、言語でサポート
福岡県特別支援教育モデル幼稚園 来年度実施へ市が検討
佐賀県・生活支援出再犯防止 服役後の高齢者・障害者
長崎県・産後母子のケア拡大 育児不安解消に効果
熊本県・児童虐待 見逃さない
大分県・多様なサービスで介護費抑制
宮崎県・子ども貧困解消へ決意 学校の役割、責任実感
鹿児島県・老人クラブ攻勢へ 新たな役割模索 
沖縄県・揺らぐ学びの土台「高校生の貧困」教職員調査上・中・下

〔地域の書籍紹介〕
・『ひきこもる心のケアーひきこもり経験者が聞く10のインタビュー』(杉本賢治)
・『認知症ストーリー・ケア』(渡辺哲雄/中日新聞)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・子どもの貧困放置なら障害所得が2.9兆円減
・介護殺人 加害半数「不眠」
・介護「経営の課題」九割
・虐待児聴取七割が専門職員
・困窮者自立支援 4〜10月まとめ

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻284号
keyword 障害者支援

【資料】

     社会保障審議会障害者部会 
  資料1 現状・課題と検討の方向性
「(2)障害者支援区分の認定を含めた
        支給の決定の在り方について」
           平成27年11月2日 
 
      掲載記事 
       2015/11/1〜11/30

  〔全国情報・海外情報〕
・求む介護福祉士 学生支援
・障害持つ生徒 クラス外指導高校でも
・児童福祉法改正へ専門委「支援20歳未満に」
・男性の性被害に支援を
・介護休業給付67%に上げ
・高齢住宅市町村も指導 法改正へ悪質業者を 排除
・首相 最低賃金千円指示
・生活保護の過剰受疹防止
・学びを支えるタブレットの可能性上・中・下
・認知症のある人生 夫婦で

〔社説〕
・ 介護離職者ゼロ 人材確保など課題解決を
・いじめ再調査 早期認知が早期解決に
・児童虐待防止 市町村の体制強化が鍵 

〔都道府県別索引〕
北海道・公立「夜間中学」設立へ 道、札幌市が検討 
青森県・ゲーム楽しみ生活訓練 
岩手県・地域住民をつなぎたい 孤立死再発防止へ交流会
宮城県・認知症初期集中支援@〜D
秋田県・自殺予防 師走が正念場
山形県・高齢者移住構想 策定へ
福島県・生活相談員の実務算入 社会福祉士の受験資格
茨城県・医療・介護機器の開発支援
栃木県・心療内科で就労相談 ハローワーク、医療と連携
群馬県・在宅介護にSOS制 緊急時ヘルパー派遣、施設宿泊
埼玉県・地域住民気軽に交流 ウエルシア薬局
千葉県・介護離職 県内5700人
東京都・都立高校改革 介護・保育の専門高開校へ
神奈川県・独居の終活お世話します 横須賀市の新事業
新潟県・県栄養士会が取り組み 地域包括ケア新潟
富山県・県内広がる産後ケア
石川県・障害者HELPカード 「石川発」先進例と注目
福井県・認知症医療養成へ本腰
山梨県・介護ロボ 導入足踏み
長野県・夜間対応や市販薬把握も かかりつけ薬局の取り組み
岐阜県・24時間使用可一割のみ
静岡県・ひとり親の就労 支援専門員成果
愛知県・技能評価で定着図る 離職率高いパート介護職員 
滋賀県・広がる放課後デイ 障害児ら受け入れ施設
京都府・聴覚障害 授業支援広がり「ノート・PCテイク」
大阪府・障害者に美容の道開く
兵庫県・カジノ型ノー 兵庫の選択
和歌山県・若年性認知症に喜びを
島根県・商品化で社会参加促進 広がる障害者アート
岡山県・「事前指示書」賛成62% 終末期医療
広島県・大人の発達障害「働く」という壁上・中・下
山口県・少人数学級効果着々 不登校児童が減少・学力アップ
徳島県・「退院支援ルール」浸透 病院とケアマネ
香川県・認知症 親切ケアで薬減
愛媛県・潜在保育士発掘が急務 子育て支援人材確保県内苦慮
高知県・マイナンバー 県内福祉現場混乱
福岡県・デイサービス 小規模事業所経営厳しく
佐賀県・聴覚障害者への情報整備「不十分」
熊本県・視覚障害者被害の事故後絶たず 音が頼りの交通弱者
大分県・共同受注に手応え 障害者就労支援施設と県
宮崎県・介護の現場 職員定着へ研修充実
鹿児島県・子育て新制度「小規模保育」自治体認可まだ十一ヶ所 
沖縄県・子の貧困 社会全体出で支援

〔地域の書籍紹介〕
・『たった一度の人生を』(石原幸江/文芸社 )本体価格1200円
・『やさしく言いかえよう 介護のことば』(三省堂)本体価格1400円

〔行政機関などの資料・報告書〕
・「介護の問題」世論調査
・高齢受刑者初の一割超え
・働く障害者45万人に 過去最多
・虐待の障害児 1200人保護
・駅のバリアフリー進んだが

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻282号
keyword 児童虐待問題

【資料】

 社会保障審議会児童部会 資料
 「児童虐待防止対策強化
        プロジェクト(施策の方向性)」    
    平成27年9月15日      

             掲載記事 
       2015/9/1〜9/30

  〔全国情報・海外情報〕
・生協が家計相談・融資事業
・マイナンバー法・個人情報法 改正
・隔離裁判「差別見て」ハンセン病
・がん患者就労支援 全国へ 
・栄養不足なら逆効果も 介護予防へ筋肉強化
・子育て 介護一体施設推進 厚労省
・特養増設 待機解消へ 介護離職ゼロ目指す
・奨学金で塾通いOK 厚労省 生活保護費減額 せず
・待機児童増 潜在需要つかめず

〔社説〕
・ 介護人材の確保 離職者や高齢者も視野に
・ひとり親家庭支援 貧困断ち切る不断の努力 を
・高齢者の人口 「障害現役」の社会づくりを

〔都道府県別索引〕
北海道・延命中止手続き明確化 北大病院が独自指針運用
青森県・広がる「ケア・カフェ」医療・福祉・介護従事者が交流  
岩手県・ひとり親家庭最多 貧しさから脱け出せ     ない
宮城県・世代や障害越え交流 仙台に共生型      福祉施設登場
秋田県・残る「置き去り」の不安 要支援者名簿
山形県・認知症を支える上・中・下
福島県・県内、自殺後立たず 原発事故関連死
茨城県・県内初の「障害平等研修」差別解消法を拡げたい
栃木県・認知症徘徊対応学ぶ 県警72人が養成講座
群馬県・徘徊高齢者を守れ GPS貸与や無償救護
埼玉県・知的障がい者一般企業就職へ 県庁の事務作業で研修
千葉県・「一時保護所」虐待増で収容限界
東京都・随契禁止囲いこみ阻止へ 精神疾患患者の生活保護相談員
神奈川県・お年寄りの低栄養 管理栄養士が訪問相談
新潟県・素早い力合わせ「災害時の在宅ケア」シンポ
富山県・在宅生活より長く 24時間巡回型介護サービス
石川県・一から分かる認知症 仕事の場作り上・中・下
福井県・地域で支える担い手に 貢献意識持った高齢者
山梨県・DV被害者寄り添い支援 相談件数が      急増
長野県・フードバンク初の全県組織
岐阜県・育児支援切れ目なく 本巣市、先進的       取り組み 静岡県・なくせ高齢者事故 県内新たな対策@〜C
愛知県・認知症支援チーム 早期治療へ進む普及 
三重県・障がい者に喜ばれる大会に 県の審判員育成に進む
滋賀県・障害児を癒すホームセラピー
京都府・看取りの現場 まず自分の理解を
大阪府・介護食に新たな広がり
兵庫県・「徘徊」言い換えませんか
奈良県・高齢者に元気スポット 市が「居場所づくり」推進
和歌山県・障がい者が働くチョコ店 就労支援の場として注目 島根県・老いる 新興住宅地
岡山県・笑顔集う場へ 上・中・下
広島県・育児拠点 大半継続へ 経費分担市側が軟化
山口県・育児と仕事
愛媛県・介護に新戦力 人型ロボット
高知県・心にも効く百歳体操 県内外で静かな快進撃
福岡県・職業紹介地域独自に 保育士不足解消に一役
佐賀県・学童保育の質向上へ 放課後児童支援員認定研修
長崎県・虐待 なぜ続いたの?十歳女児 児相を訴え
熊本県・水俣病 知事「汚染拡大示さず」
宮崎県・親の未熟さ 孤立背景 県内ネグレスト増加
鹿児島県・開放進む福祉施設 住民理解地道な取り組み 
沖縄県・琉大病院でも病児支援 病院ボランティア

〔地域の書籍紹介〕
・『ひと・いのち・地域をつなぐ』(市川禮子/東信堂)
・『みんなのなかで そして みんなとともに』(谷均史/)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・仮設住宅確保21都道府県 災害時
・虐待児童通告 17224人
・百歳以上6万人超す
・増える職場の障害者虐待
・高齢者最多3384万人
・待機児童5年ぶり増加

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻281号
keyword 生活困窮者自立支援

【資料】

 「生活困窮者自立支援制度の
      取組状況」
  
 生活困窮者自立支援制度全国担当者会議      資料
                      平成27年9月14日    

             掲載記事 
       2015/8/1〜8/31

  〔全国情報・海外情報〕
・過剰介護調査を強化 高齢住宅ケアマネジャー活用
・介護保険料 大企業アップ
・難解な介護用語 見直し 
・流出まで十三日間対策怠る サイバー攻撃 
・年金連結最大一年延期 マイナンバー
・職業訓練短縮でも助成金 育休社員の負担軽減
・要介護多い地方優遇強化 交付金増、移住促す
・賃貸住宅入居支援を強化 組織拡充全都道府県に
・「電子版母子手帳」広がる
・子ども貧困対策「居場所」五十万人分用意

〔社説〕
・ 成人後見人不正 チェック体制の強化を
・介護保険の負担増 自治体は実情の把握を
・高齢者の雇用 人材センター拡充を
 
〔都道府県別索引〕
北海道・ジェネリック薬道内普及さらに
青森県・「希望見出せた」四月開始 貧困者自立支援制度  
岩手県・特殊詐欺 被害防止へ新手
宮城県・視覚障害者もトランプを 展示読めない人に好評
秋田県・介護分野へ ヤマダフーズ
山形県・地域に見守りの輪 徘徊高齢者
福島県・認知症支援チーム 県内は七市町村のみ
茨城県・認知症とともに@〜D
栃木県・認可外の保育施設 事故減らす手立ては
群馬県・困窮者を支える上・中・下・下
埼玉県・開業医が一時預かり 重症障害児の家族支援
千葉県・わが家で 柏・在宅医療へ挑戦上・中・下
東京都・慢性疾患の患者に24時間対応
神奈川県・認知症の早期発見、治療へ 高齢者にスマホ・アプリ
新潟県・障害者を農業現場へ 県が作業受託事業スタート
富山県・介護現場に見守りの目「異常」カメラで検地
石川県・足首バンドで無断外出防止へ ICタグ活用
福井県・障害児教育「タブレット」脚光
山梨県・自立支援 相談相次ぐ
長野県・市民後見人 支える仕組みを
静岡県・認知症 地域の目で見守る
愛知県・二歳児以下分かれる対応 保育園の「育休退園」ルール 
三重県・福祉ロボ普及へ連携協定
滋賀県・育て外国人の介護職員 県が研修スタート
京都府・触法障害者にも権利伝えたい
大阪府・認知症介護 修羅場の現実
兵庫県・民間投資で課題解決へ 就労支援 生活保護の若者対象
奈良県・発達障害児 生き生き 三宅幼児園の療育教室
島根県・増える認知症 地域の取り組み 上・下
岡山県・介護分野と連携拡大 医療ネットワーク岡山
広島県・金融機関も高齢者見守り
山口県・山口刑務所に「介護福祉科」
徳島県・高齢者向けにダンス曲創作 認知症緩和に効果期待
香川県・学童保育ニーズ急増
愛媛県・病気の子 自販機で支援
福岡県・訪問活動で信頼築き 不登校・ひきこもり支援
佐賀県・少年再犯三割超に 技能指導者官が尽力
長崎県・介護現場に高齢者派遣
熊本県・夏休み 水俣病患者に学ぶ
宮崎県・奨学金 託す地域の将来
鹿児島県・心に寄り添い十年 
沖縄県・三歳女児虐待死事件 識者インタビュー上・中・下

〔地域の書籍紹介〕
・『犬がとなりにいるだけで』(北川なつ/実業之日本社)
・『父の三線と杏の花』(井波敏男/人文書院)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・「就学援助」縮小に波紋
・出席扱いの小中学生は半数 フリースクール実態調査
・「自宅で最期」支える医師 実現は一割 地域差も
・非正社員の育休「改善を」取得4%正社員の一割以下
・親から子 貧困連鎖解消を
・子どものSOS気づいて 自殺夏休み明け多発

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻280号
keyword 高齢障害者支援

【資料】

 「高齢の障害者に対する
      支援の在り方について」
  
 社会保障審議会・障害者部会 資料
                      平成27年7月20日    

             掲載記事 
2015/7/1〜7/31

  〔全国情報・海外情報〕
・新交付金 高齢者移住など対象
・子どもの貧困 各地出調査
・高齢運転手 訓練法開発へ 
・公的年金 運用益15兆円 
・性同一性障害に専門医 学会が認定制度創設へ
・介護休業 分割可能に
・終のすみか@〜D

〔社説〕
・ 「削減ありき」は許されぬ 病院ベッド数
・介護離職の課題 実態把握し両立支援を
・介護保険 負担は公平か
 
〔都道府県別索引〕
北海道・医療過疎のいま上・下
青森県・介護人材定着へ新制度
岩手県・老障介護 親亡き後の対応少しずつ準備を
宮城県・患者の生活情報共有
秋田県・病床削減 転換に懸念 医療費抑制狙いへ反発
山形県・徘徊 メールで位置通知
福島県・高齢者らの身元保証 民間住宅入居出制度創設
茨城県・介護ロボ 導入広がる
栃木県・保護者育休に伴う在園児対応 宇都宮、下野は原則退園
群馬県・介護保険サービス利用 二割負担周知不足
埼玉県・所沢市の育休退園・・・広がる波紋
千葉県・子供が認知症”助っ人”へ
東京都・障害者の魅せ支える割引クーポン券
神奈川県・育休取得 進まぬ男性職員
新潟県・女性とキャリア 続けるの先に@〜D
富山県・障害児放課後伸び伸び 広がるデイサービス
石川県・医療機関を双方で共有 県の医療ネットワーク拡充
福井県・高齢者 運転の特性把握を
山梨県・障害あっても家庭を
長野県・障害ある子供たちの居場所「放課後デイ」足りない
岐阜県・重度の心身障害児 在宅医療支援進む岐阜県
静岡県・介護の垣根「楽」で越えて
愛知県・難病患者就労に理解を 専門職員置き国が本腰
三重県・バリアフリー化で客数増
滋賀県・地域が支え運営綱渡り 無認可ブラジル人学校
京都府・学生・生徒 地域の高齢者を応援
大阪府・自立支え財産守る 知的障がい者を「成年後見」
兵庫県・子育てパパママ助けます 神院大生が団体結成へ
奈良県・”更生の要”保護司 六年連続減
鳥取県・介護士取得に奨学金
島根県・介護保険利用者に戸惑い 来月から一部負担二割に
岡山県・ひきこもり回復相乗効果 取り組み支援に成果
広島県・障害者就労 サブカルで
山口県・阿東で独自防災対策 TV活用し実験
徳島県・ケアマネ研修 演習助手不足
香川県・児童虐待 なぜ急増
愛媛県・交付点数に地域差 障害者就労支援の県ポイント制度
高知県・医療用かつらに髪を寄付 病気の子らに無償提供
福岡県・「生きにくさ」抱えて〜大人の発達障害@〜D
佐賀県・立ち直りへの一歩に
長崎県・介護現場に高齢者派遣
熊本県・障害者の自立支援 お墓掃除ビジネスに
大分県・高齢者見守り 強化へ 講座で幅広く呼び掛け
宮崎県・特殊詐欺阻止 水際の戦い コールセンター開設
鹿児島県・マイナンバー周知に力 根強い住民不安
沖縄県・看護師離職三年で激減 改善策奏功  残業もゼロ

〔地域の書籍紹介〕
・『旅のことば 認知症とともによりよく生きるためのヒント』(丸善出版)
・『呆けたカントに「理性」はあるか』(大井玄著/新潮新書)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・「生活苦しい」世帯62.4%
・障害基礎年金 認定に差
・無戸籍 小中学生百四十二人
・年金運用 15兆円黒字
・児相、養子記録永年保存7割 ・平均寿命ともに最高更新

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻279号
keyword 介護人材

【資料】

 「介護従事者処遇状況等
      調査の概要」
  
 社会保障審議会・介護給付費分科会 
              参考資料 
       平成27年5月20日    

             掲載記事 
2015/6/1〜6/30

  〔全国情報・海外情報〕
・年金情報125万件流出か
・余剰食糧で困窮者支援 フードバンク活用の動き
・社会保障費 抑制目標 数値示さず
・認知症 運転防止に期待 改正道交法成立 
・高齢者5〜10歳若返り 老年学会10〜20年前と比較 
・「休眠預金」福祉・教育に 活用法案
・病床「一割削減可能」25年政府目標
・虐待相談189番あす開始

〔社説〕
・ 年金情報流出 抜本的な見直しが必要
・高齢者の移住 地方の実情見えていない 
・生活困窮者支援 「関係の貧困」も視野に
 
〔都道府県別索引〕
北海道・縮まらぬ格差@〜D
青森県・自殺率を下げる 地域の力
岩手県・本県自殺率が全国最悪
宮城県・在宅ケアの行く先上・下
秋田県・支えあう「いのち」@〜D
山形県・新資格「放課後児童支援員」年度内に認定研修
福島県・リハビリ支援ロボ導入
茨城県・小児用HAL開発へ 県と筑波大
栃木県・自から福祉の担い手に 介護現場で障碍者活躍
群馬県・介護職員1・1万人不足 十年後 本県推計
埼玉県・発達障害者支援 1年で32人就労 
千葉県・強制退去の日 娘絞殺
東京都・高齢化対策への提言 首長の反応さまざま
神奈川県・介護ロボ人に優しく
新潟県・DV 虐待 24時間対応 県警
富山県・要支援サービス 受け皿募集も 名乗り二地区のみ
石川県・一から分かる認知症 地域連携上・中・下
福井県・民生委員 なり手不足深刻
山梨県・やさしい日本語で伝える 外国人向け災害情報
長野県・児童らの貧困に警鐘
岐阜県・SOSの合図周知へ 白杖を両手で垂直に
静岡県・八十歳笑顔で寄り添い 難関のケアマネ試験合格
愛知県・名古屋発「クラウン」全国へ 闘病の子に笑顔10年 
三重県・介護福祉士職場改善へ 悩み不安話し合う
滋賀県・要介護者の情報共有 ケアマネと病院でルール
京都府・病気の苦悩 僧侶が傾聴
大阪府・認知症サポーターに250人
兵庫県・心の病 退院支える経験者「ピアサポーター」
奈良県・保護観察者の資格支援 奈良県職場定着促す
和歌山県・登録不安解消へ奮闘 認知症「SOSネット」
鳥取県・高齢社宅出向き口腔ケア”口から食べる”最後まで
島根県・変わる介護保険サービス 日南町の取り組み
広島県・介護ロボの導入進む 中国地方の現場
山口県・三地域が高評価 医療・介護余力試算
徳島県・独居高齢者 チラシで守る
香川県・児童虐待 再発防止へ検察指導
愛媛県・県内学童保育 5市町村の204人入れず 高知県・S字点字ブロックに困惑 視覚障害者「バリアーだ」
福岡県・障害者おもてなし磨く 接し方検定企業が次々
佐賀県・子育て環境サポート 情報発信し定住促進
長崎県・高齢者見守る移動スーパー
熊本県・共同受注で工賃アップを 県内の障害者就労施設
大分県・年々細る福祉基金 共同募金19年で79億円減
鹿児島県・6割が「精神」対象外 県内交通の障害者割引
沖縄県・増える共生型福祉施設 国 普及を後押し

〔地域の書籍紹介〕
・『セラピー犬 ニットのつぶやき@』(川村昭一著)
・『いのちのパレード』(八束澄子著/講談社)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・「介護難民」10年後43万人
・認知症疑い 男性6割「運転」
・孤独氏「身近」45%
・負担3倍 困窮者直撃 介護保険料滞納 1万人ペナルティー
・認知症 捜索願1万人超 ・介護職38万人不足

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻278号
keyword 介護保険制度

【資料】

 全国厚生労働関係部局長会議 資料
  「介護保険制度改正について」
  「介護報酬改定について」
 厚生労働省老健局 平成27年2月23日    

             掲載記事 
2015/5/1〜5/31

  〔全国情報・海外情報〕
・認知症 初期からチームケア
・高齢住宅で過剰介護横行
・高齢者の薬漬け深刻
・地域の高齢化 向き合う大学 
・学校外で義務教育容認案 不登校の子に選択肢 
・「65才以上」の介護保険料上昇
・国保 都道府県に移管 医療保険改革法が成立
・尊厳死日本病院会が見解

〔社説〕
・ 子どもの貧困対策 親からの「連鎖」断ち切れ
・地域包括ケア 岡山市の連携拠点に注目 
・障害年金格差 公平で透明な仕組みを 
 
〔都道府県別索引〕
北海道・増え続ける生活保護 高齢者と稼動世帯著しい増加 
青森県・高齢者向け緊急通報システム 民間委託で対象拡大
岩手県・メンタルヘルスの今@〜D
宮城県・市内全小中で介護教室 地域で人材不足補う
秋田県・「募金百貨店」県南でひろがり
山形県・空き家有効活用 高齢者の交流拠点づくり
福島県・再犯防止へスクラム 福島来月から施行
茨城県・配膳サービス競争激化 高齢者の安否確認も
栃木県・介護保険制度隙間解消へ 旅行付き添いや生活相談
群馬県・難題解決社会の力も スクールソーシャルワーカー
埼玉県・空き家が埋める心の穴 
千葉県・障害者が野菜お届け 若手農家と販路拡大
東京都・若年性認知症に週末検査
神奈川県・子の在宅医療 支援へ始動
新潟県・地域医療の行方上・中・下
富山県・富山型広め世界最高章 デイサービス
石川県・高齢・障害・旅 諦めないで
福井県・身近な相談相手重要 精神障害者安定雇用の鍵
山梨県・デイ施設で「もうひと花」
長野県・緊急連絡 社協が家族へ
岐阜県・「第二のわが家」 目指す 学童保育の現状探る
静岡県・若年性認知症県内444人
愛知県・盲導犬 共に老いたい 全国初「愛知に特養を」 
三重県・医療通訳 「常駐」で利用増
滋賀県・患者・家族の不安を緩和
京都府・患者の自殺防げ 京滋の病院の取り組み
大阪府・難病児のきょうだい寂しい思いさせない
兵庫県・認知症 家族孤立の果て
奈良県・障害者の母親ら生活介護施設を開設
島根県・定住へ生活環境整備急務 ひとり親支援
岡山県・吉備国際大に「地域医療福祉センター」開所
広島県・医療機器開発に現場の声
山口県・「110番」到着迅速化 若手育成 治安向上目指す
徳島県・寄り添い支える 動き出す生活困窮者支援上・中・下
香川県・救急患者受け入れ 香川の医療最前線
高知県・訪問看護師の養成開始 小児の在宅療養支えよう
福岡県・認知症ドライバー 早期発見事故防げ
佐賀県・介護予防 モデル事業 社協と西九州大連載
長崎県・盲学校 信号音声案内を体験
熊本県・託された命 ゆりかごの8年上 下
大分県・予防サービスに力 介護保険料豊後高田市
鹿児島県・認知症 免許取り消し 27人
沖縄県・エイズ患者17施設拒否 介護に壁 医師差別

〔地域の書籍紹介〕
・『えほん 障害者権利条約』(藤井克徳著)
・『貧困問題レクチャーマニュアル』(NPO法人もやい)
・『別れてもふたりで育てる〜子どもを犠牲にしない離婚と養育の方法』(翻訳 丸井妙子)
〔行政機関などの資料・報告書〕
・高齢者の介護拒否に苦慮
・保育所事故163人死亡
・こども園倍増 2836ヶ所
・「後見信託」急増5倍
・認知症 社会的費用14.5兆円

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻277号
keyword 生活困窮者自立支援

【資料】

 全国厚生労働関係部局長会議 資料
  「生活困窮者自立支援制度について」
  「生活保護の適正実施等」
 厚生労働省社会・援護局 平成27年1月23日    

            掲載記事 
2015/4/1〜4/30

   〔全国情報・海外情報〕
・子どもの貧困対策基金 政府 民間資金で新設へ
・子の貧困対策 民間頼み
・知的・発達障害児向け傷害保険 ぜんち共済発売
・自治体の後見申請急増 支援の制度周知を 
・無用な治療見直す時期 高齢社会膨らむ医療費
・障害児に放課後の居場所を
・高齢者住宅の過剰介護防止 厚労省が指導強化
・地域が担う軽度の介護 費用を抑制・事業の格差懸念
・マイナンバー活用提示 財務省が社会保障費抑制案
・「傾聴」でお年寄りやがん患者に生きる力

〔社説〕
・ 子育て新制度 財源と人材をどう確保
・ 認知症対策 地域で支える態勢築け
 
〔都道府県別索引〕
北海道・発達障害者にもっと理解を 支援法施行10年 
青森県・発達障害増える相談 3割超は働き盛り世代
岩手県・増やせ伴走ボランティア 視覚障害者マラソン
宮城県・仙台フィンランドプロジェクト十年 上・下
秋田県・市街地で増加の一途 サービス付き高齢者向け住宅
山形県・認知症を正しく理解へ 小中学生対象養成教室
茨城県・子どもの貧困 教育支援整わぬ準備
栃木県・巣立ちと貧困、背中合わせ 県内養護施設退所後の若者
群馬県・広がる無料学習会 市民ら貧困家庭の子ども支援
埼玉県・広がる企業内保育所 地域の子供も受け入れ 
千葉県・里親制度広がる輪 支援者ら経験者招き勉強会
東京都・都心公園に保育園 用地不足 自治体「窮余の策」
神奈川県・介護保険アンケート上・中・下
新潟県・「小さな特養」設置に道
富山県・要介護者 地域で支えよう
石川県・聴覚障害者をおもてなし 手話ガイド始まる
福井県・広がる「地域見守り隊」勝山市が15事業所と協定
山梨県・障害者の仕事 可能性を探る
長野県・生活困窮のおそれある人 県内民主委員半数が「把握」
岐阜県・鷺山地区 福祉の一大拠点
静岡県・ダブルケア 県内ママ2割が直面
愛知県・ずっと支えたい発達障害者支援法10年上・中・下
三重県・決まらぬ常駐医 地域医療の危機
滋賀県・定員割れ続き運営難 県内唯一「介護福祉士」専門学校
京都府・望む終末期 実現へ指針
大阪府・関西私鉄初の学童保育施設
兵庫県・歯科検診で虐待予防
奈良県・介護保険料改定 天川村8686円 全国最高
島根県・設備投資足枷4園だけ 認定こども園新制度で移行
広島県・職場体験で四割就職 元非行少年の就労支援
山口県・介護保険の「主治医意見者」全国初のメール送信へ
徳島県・リハビリに擬似通過活用 
愛媛県・中学生が高齢者”見守り”
高知県・介護職員介護追いつかず
福岡県・レスパイトケア上・下
佐賀県・新支援制度 充実に期待
長崎県・保育環境の整備進む 子ども・子育て支援新制度始まる
熊本県・寄り添い 支える 動きだす 生活困窮者支援上・下
鹿児島県・介護保険十年後8千円台
沖縄県・検証 子育て新制度

〔地域の書籍紹介〕
・『<ホーホ>の詩ができるまで』(信田敏宏著)出窓社
・『認知症カフェハンドブック』(武地一著)クリエイツかもがわ
・『いっしょに歩けばだいじょうぶ』バリューブックス
〔行政機関などの資料・報告書〕
・こども園認定返上1割
・高齢者虐待の疑い 1500施設
・中学生も医療費助成65%
・人口自然減 初の25万人
・介護保険料 15年で倍増

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻276号
keyword 認知症施策

【資料】

 厚生労働省 平成27年1月27日 
   認知症施策推進総合戦略
    (新オレンジプラン)
 〜認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて〜 
   概 要 

            掲載記事 2015/3/1〜3/31

  〔全国情報・海外情報〕
・入院食など負担増 医療改革法案閣議決定
・お泊りデイ運営指針「提供計画策定を
・道交法改正案を閣議決定 認知症疑い受診義務
・少子化対策 男性「産休」20年に8割
・介護職員の待遇改善 厳格化
・施設増えても足りない保育士
・介護人材 外国人が存在感
・厚生年金基金の解散 払い続けた年金消えた
・子育て新制度@〜C
・待機児童遠いゼロ 保育定員増追いつかず

〔社説〕
・児童虐待予防 「岩手型」支援の進化を
・介護保険改革 制度の限界十分説明を
 
〔都道府県別索引〕
北海道・津波発生時 災害弱者対策も不十分 
青森県・地域での情報共有不可欠 災害時要支援者支援
岩手県・いじめ認定上・下
宮城県・在宅ケアの行く先上・中・下
秋田県・包み込む社会力@〜C
山形県・周知進み訴え増え 県内のDV過去最多
茨城県・列車や駅 子育てPR 文字情報 看板で支援策
栃木県・高齢化 国際化 進む塀の中ー栃木刑務所
群馬県・介護報酬引き下げ 事業者困惑質低下も
埼玉県・広がる無料補習塾 小中学生の学力向上ねらう
千葉県・地域福祉の新たな担い手 民生委員をサポート
東京都・発達障害の若者に仕事を
神奈川県・横浜市が取り組む在宅医療関連拠点事業
新潟県・地域包括ケア新潟 徘徊高齢者社会で見守ろう
石川県・車いす乗車ゆったり 北陸新幹線開業
福井県・認知症を支える ふくいの視点上・中・下
山梨県・ホテルの障害取り払う
岐阜県・ぎふ・多死社会を考える@〜D
静岡県・育む社会へ 保育士不足の背景上・中・下
愛知県・自治体により判断に差 待機児童に数え方
三重県・買い物送迎お店が自ら 高齢化する大紀の集落支援
滋賀県・心理専門家 就学前教育支援へ
京都府・減額幅大きく先行きに危機感 介護保険の報酬改定
大阪府・病気でも学びたい上・中・下
兵庫県・読みたい本音声出検索 視覚障害者に配慮
奈良県・実情もっと知って 精神障害者
鳥取県・若年性認知症理解進む 国家戦略で支援強化
島根県・社会復帰支援百人超す 刑務所出所高齢・障害者
広島県・学童保育はいま上・中・下
山口県・防犯ボランティア 広がる輪
徳島県・聴覚障害者診察 改善を
愛媛県・信頼が築く公正への道 今治「塀のない刑務所」
福岡県・小規模介護 閉鎖次々
佐賀県・犯罪防止環境から 佐賀市と県警連携
長崎県・お年寄り地域で包み込む 大村市の認知症対策
熊本県・空き目立つ認定子ども園
鹿児島県・高齢者支援の在り方を模索
沖縄県・情報不足戸惑う親 五才児保育問題

〔地域の書籍紹介〕
・『私だって困ってるんだもん』(皆川由香著)アトリエかの
・『認知症にならない、負けない生き方』(山口晴保著)サンマーク出版

〔行政機関などの資料・報告書〕
・福祉避難所ゼロ 400超
・介護保険料6千円超
・発達障害支援 自治体で差
・児童虐待 通告28923人

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻275号
keyword 子育て支援

【資料】

 社会保障審議会 児童部会 
    ひとり親家庭への支援施策の
    在り方に関する専門委員会
   平成27年1月23日 

            掲載記事 2015/2/1〜2/28

   〔全国情報・海外情報〕
・外国人介護士に在留資格
・増える高齢者の救急搬送
・特養減額 在宅に重点 介護報酬改定案答申へ
・在宅重点懸念の声も 介護報酬改定
・介護報酬改定 特養での看取り充実へ
・厚生年金基金 290基金が解散予定
・エイズ薄れぬ偏見 介護・医療受け入れ拒否
・認知症ケア 欧州の知恵
〔社説〕
・自立支援介護 元気になる介護に期待
・高齢施設虐待 実態把握と積極指導が必要
・ひとり親家庭 総合的な支援拡充を急げ  
〔都道府県別索引〕
北海道・”老老介護”施設でも 
青森県・福祉施設虐待 調査に限界
岩手県・もう孤立させない 岩手・奥州市の山間集落
宮城県・虐待防止 施設の障害者を守る@A
秋田県・お年寄り 冬季限定共同生活
山形県・こころの医療 鶴岡新病院開設へ上・中・下
茨城県・貧困の連鎖 教育で断ち切る
栃木県・子どもと貧困 現金給付など直接支援
群馬県・高齢者「見守り」官民連携が拡大
埼玉県・第三子から保育無料へ 少子化歯止め期待
千葉県・好評「チーパス」継続へ
東京都・高齢者 賃貸入居へ家主支援
神奈川県・「臨検・捜索」訓練に力 虐待から子ども守る
新潟県・地域包括ケア新潟@〜D
石川県・携帯院内利用 新技術開発も
福井県・救急車から心電図伝送 消防と連携
山梨県・困窮者の就職 支援へ始動
岐阜県・踊って介護予防 TGK48
静岡県・老いからのSOS静岡の今
愛知県・自立にスマホ手話出でご案内
三重県・障害者雇用を独自支援
滋賀県・夜の居場所学生支援 母子家庭の子と夕飯や宿題
京都府・発達障害者生徒 支援の輪
大阪府・児相保護 一般家庭に300人
兵庫県・不安の要援護者 市災害時支援条例施行2年
奈良県・外で活動ポイントたまる 奈良市 高齢者向け新制度
和歌山県・障害者の交流拠点に
島根県・介護人材養成へスクラム
岡山県・訪問看護の今 医師と連携 在宅支える
広島県・ACPのススメ「もしも」に備え医療を選択
山口県・車内は情報発信と交流の場
徳島県・尊厳死を考える上・下
香川県・災害弱者対応に課題 昨秋の県民一斉防災訓練
愛媛県・福祉教育 心の育成に
福岡県・すこやかカフェ 認知症ケア上・下
長崎県・母のことは忘れない 長崎グループホーム火災あす2年
熊本県・ランク変更「壁」厚く、水俣病加齢で症状悪化
宮崎県・山間部人材養成に注力 深刻さ増す介護職不足
鹿児島県・入院中から介護連携 在宅への引継ぎ
沖縄県・性被害支援への窓口一本化「二次被害」防止に力

〔地域の書籍紹介〕
・『私だって困ってるんだもん』(皆川由香著)アトリエかの


〔行政機関などの資料・報告書〕
・高齢者住宅35%で介護独占
・介護職員の高齢者虐待221件
・認知症の困りごと 292人に本人調査

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻274号
keyword 社会保障政策

【資料】

 社会保障審議会 
    平成27年1月29日 資料3
  「平成27年度 社会保障の
        充実・安定化について」 

            掲載記事   2015/1/1〜1/31

   〔全国情報・海外情報〕
・障害者福祉 報酬減額へ
・医療 強まる 負担増
・介護報酬 2.27%下げ
・生活保護 190億削減

〔社説〕
・認知症対策 地域ぐるみのサポートを
・介護報酬引き下げ サービスの質は落とすな
・介護人材確保 外国人実習生頼みでいいか  
〔都道府県別索引〕
北海道・サービス低下を懸念 
青森県・介護報酬下げ出県内事業者「現場知らず」不満の声
岩手県・普段から連携先に 要援護者の把握重要
宮城県・認知症全学生がサポーター 東北福祉大
秋田県・自殺者 最少の277人に
福島県・楢葉町が介護美容ケア 仮設の高齢者癒す
茨城県・「隠れ貧困」 栃木県・認知症支援チーム黄信号 専門医17市町でゼロ
群馬県・保育士 最大557人不足
埼玉県・救急対応 自閉症に配慮
千葉県・「介護職の魅力」
東京都・都心でも増える買い物難民
    ・被害児への聴取
新潟県・子どもシェルター 新潟に県内初開設
富山県・高齢者移住へ助成 富山市
石川県・今、なぜ「認プロか 上・下」
福井県・長靴「バリアフリー化」市販品を加工
山梨県・育休制度使えないまま 子育て支援に社会の壁
静岡県・介護人材@〜C
愛知県・リハビリ強化で在宅移行「地域包括ケア病棟」
滋賀県・貧困世界の子どもと一緒に夕食を
京都府・かぞくのカタチ ひとつの屋根の下で@〜C
大阪府・高齢者ら癒して11年 ドッグセラピー長老「さくら」
兵庫県・「阪神」から心つないで ボランティア20年上・中・下
奈良県・学童保育時間を拡大
島根県・周囲との相互理解不可欠 大人の発達障害
広島県・「認可」移行へ期待感
徳島県・超高齢化尽きぬ懸念 県内社会福祉士アンケート
香川県・避難支援「ご近所」再生
愛媛県・ 交通死 6割高齢者
福岡県・ショートステイ 広がらず
長崎県・内部障害者に配慮を マークが乱立 意味も重複
熊本県・「県が保管」柱に 水銀使わない熊本へ
大分県・障がい者の作品 普及に力
鹿児島県・身寄りない子 進学の支援を
沖縄県・運営は採算度外視 事業所内保育所

〔地域の書籍紹介〕
・『悩みを抱え込まないで』日本ダウン症協会
・『あなたに見せたい美しいもの』(ブックエンド)東野洋子
・『釧路市の生活保護行政と福祉職』(公人社) 櫛部武俊

〔行政機関などの資料・報告書〕
・亡き家族よ 今も胸に 阪神大震災20年調査
・訪問介護拠点 9都道府県設置なし
・在宅介護 7割に負担感
・看護・看病負担 患者家族も心身に不調

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻273号
keyword 障害者 福祉政策

【資料】

 社会保障審議会 障害者部会 資料2
    平成26年11月25日
  「障害保険福祉施策の動向等」

※訂正
雑誌には【論文】となっておりますが、
正しくは【資料】です。
お詫びして訂正いたします。             

掲載記事
2014/12/1〜12/31

   〔全国情報・海外情報〕
・保育施設 後絶たぬ死亡事故.
・デイサービス利用時間の上限を拡大
・投票の喜び支えて 権利回復した被後見人
・生活保護費 縮むばかり
・犯罪被害者の声 支援条例促す
・介護報酬引き下げへ 政府方針  来年四月3%軸
・幼児教育無償化 推進に壁
・認知症対策七つの柱 国家戦略案
・後期高齢者 保険料軽減17年に廃止
・高齢期の住まい上・中・下
・ニュージーランドの福祉事情@〜C
・中国 加速する高齢化

〔社説〕
・認知症対策「待ったなし」官民一丸で
・起動虐待防止 対応遅れの悔いなくせ
・介護報酬削減 人材の確保は可能なのか  

〔都道府県別索引〕
北海道・外国人の介護福祉士活躍
青森県・南部工生”最後の贈り物”
岩手県・生活困窮者に寄り添う 共生地域創造財団
秋田県・子育て支援事業に力 シルバー人材センター
栃木県・女子刑務所改善に本腰
群馬県・就職強化に重点 県立特別支援学校
千葉県・教育2014 壁を越えて上・中・下
東京都・保育所うるさい!都自治体で7割苦情
    ・保育士昇給 都が負担へ
神奈川県・子どもを支える教育2014@〜E 新潟県・認知症とともに上・中・下
石川県・高齢者見守り住民が始動
福井県・子どもの貧困深刻化
山梨県・山梨発 引きこもりを考える
岐阜県・生活貧困家庭の子支援
静岡県・私しかいない ひとり親家庭の今@〜D
愛知県・聴覚障害者ら「置き去り」にしない 
三重県・接客を通して職業訓練 障害者雇用促進カフェ
京都府・徘徊防止GPS 助成低調
大阪府・児童虐待の深部 幼い母の過ち上・中・下
兵庫県・震災20年 次代へ こころの復興とは @〜F 
和歌山県・介護帰省者に商品券 島根県・困窮者絶えず提供激減「フードバンク」がピンチ
岡山県・つくり伝える生活介護事業所のアーティスト上・中・下
山口県・すこやかカフェ 夢のみずうみ村上・下
徳島県・ケアマネ試験合格 EPA来日者で全国初
愛媛県・ シルバー人材 保育に参入
高知県・虐待・貧困の子ども救え
福岡県・働く障害者 広がる支援
長崎県・教育に手話を上・中・下
熊本県・救急対策悩む玉名 常勤増も専門医不足
大分県・低い工賃生活厳しく 精神知的障害者の働く現場
宮崎県・障害者就労 適正に合う職場提供を
鹿児島県・異業種連携し介護予防
沖縄県・「精神病」と「ハンセン病」を語る集いin沖縄

〔地域の書籍紹介〕
・『明日はわが身ー若年性認知症の夫と生きる』(新潮社)
・『チロリのまなざし』
・『あんやと!ばあちゃん』

〔行政機関などの資料・報告書〕
・大都市 病床17万人分不足
・親の介護 五割が離職
・公営住宅 四分の一が高齢独居
・みな高齢 助け合い限界
・療養病床入院 五倍の地域差

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻272号
keyword 高齢者福祉・介護政策

【論文】

 「英国における高齢者ケア政策の動向
    −市場化・規制・福祉財政の視点からー」
    神奈川県立保健福祉大学教授
              山本惠子

掲載記事
2014/11/1〜11/30

   〔全国情報・海外情報〕
・夜間中学拡充へ 政府「全県に設置」目指す.
・認知症安住の地は 「お泊りデイ」に賛否
・認知症サポーター養成講座 小学生も受講
・「徘徊」言い換えませんか
・「ケアと予防」世界が重視 認知症サミット
・介護食品 やわらかさ七段階 農水省が独自企画
・歩行機能の回復目指す 装着型ロボ治療に活用
・20道府県が出生目標 人口減対策に活用
・24時間の在宅介護サービス 超過分の全額負担軽減
・年金 資格短縮 給付は巨額事業
・延命措置中止の指針 三学界家族へのケア盛り込む
・独 二歳児の母五割復職
・孤立と社会参加 光と影60歳以上が2億人 中国の現状

〔社説〕

・子共の貧困対策 島根で取り組みが始まる
・認知症の国家戦略 先進地の施策を参考に
・生活困窮者支援 切れ目ない「網」構築を  

〔都道府県別索引〕
北海道・徘徊高齢者 見守る反射材
青森県・介護人材 比から採用
宮城県・障害に関心を持つ50人 意見活発「ココロン・カフェ」
秋田県・地域社会維持へ危機感 人口減社会を生きる
山形県・求む 保育士上・下
茨城県・障害者の就農活動支援
栃木県・「言葉交わし確認を」視覚障害者事故 教訓に学習会
埼玉県・支えあうシングルマザー「一人じゃない」実感
千葉県・「できることは自分で」重度障害者の一人暮らし
東京都・制度外ホームで「拘束介護」都内の高齢者マンション
・高齢者住宅へ 高島平の試み
神奈川県・地域包括ケア 行政・医師の連携重要
新潟県・認知症とともにアンケート結果から@〜B
富山県・シニア人材バンクの利用活発
石川県・「迷い人台帳」作成
福井県・満足度高い生活後押し 先進的な在宅ケアの全県展開
山梨県・県内の生活保護「働き盛り」急増
長野県・在宅介護の挑戦@〜D
岐阜県・ぬくもりを求めて 児童虐待を考える@〜D
静岡県・老いからのSOS静岡の今@〜D
愛知県・言葉で誘導点字地図 
三重県・担い手不足 欠員76人 県内の民生委員高齢化
滋賀県・五千件超 対策急務 県内の児童虐待
京都府・育みは今「待機児童」考える上・中・下
大阪府・高まる療養支援士の必要性
兵庫県・不明高齢者数 未成年越す
島根県・広がる「自死」への言い換え
岡山県・挑戦できる環境を 障害者の就労支援事務所
広島県・「多死社会」への備え、医者も患者も意識変革を
山口県・ヤマト連携 福祉型道の駅に ソレーネ周南
徳島県・会員数急減 県内シルバー人材センター
高知県・施錠のうちそと 民営化福祉 県内の現場で
福岡県・虐待の恐怖 語る決意
佐賀県・保護観察対象者らを早い段階から支援
長崎県・変わらぬ悩み根深く「長崎いのちの電話」二十年
鹿児島県・犯罪被害者 悲痛な叫び
沖縄県・五才児保育問題 23市町村で預かり拡充

〔地域の書籍紹介〕
・『ふくおか子ども白書2014』(編集:子どもNPOセンター福岡)
・『黄色い服のサンタクロース』(随想社)
・『世界で一番の宝物』
〔行政機関などの資料・報告書〕
・所在不明の子 全国141人
・児童虐待確認遅れ8%
・障害者虐待2266人
・待機児童 実は4.8倍
・働く障害者最多43万人

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻271号
keyword 介護人材

【資料】

 外国人介護受入の在り方に関する検討会 
   厚生労働省 平成26年10月30日

 「基礎資料」

掲載記事
2014/10/1〜10/31

   〔全国情報・海外情報〕
・私物化防止へ情報公開 社福法人の不適切運営.
・新生児の虐待死どう防ぐ 妊娠期ケア急務
・介護現場の待遇 薄給耐えられない
・在宅介護・人材確保に重点 厚労省 介護報酬で方向性
・犯罪被害「障害者に配慮」優しい警察徹底
・認定こども園補助増額 政府方針 返上の動き受け
・認知症 安住の地は@〜D
・みやざき子どもの貧困 イギリスの試み@〜F

〔社説〕
・ゆりかご検証 子どもの人権を最優先に
・介護職の離職 支える側の待遇改善を
・地域包括ケア体制 構築へ 大学との連携を

〔都道府県別索引〕
北海道・医療と介護 連携強化へ
青森県・私たちの安全理解を 盲学校児童生徒訴え
岩手県・働きたい 子を預けたい 保育士足りず待機児童急増
宮城県・ボツリヌス療法患者に光 生活向上へ福祉と医療連携
山形県・徘徊対策 進む事前登録 地域協力声かけ訓練
茨城県・逃げられないJCO15年災害弱者の今@〜E
群馬県・介護施設 事故どう防ぐ
埼玉県・まち全体で健康長寿「シニアサロン」続々誕生
千葉県・口から健康になる上・中・下
東京都・子共の課題に合った教え方を
神奈川県・認知症カフェ 触れ合いと予防の場
新潟県・強度行動障害社会で支援を
富山県・社会全体で育児支援を
石川県・地域介護浸透中
福井県・シルバー活躍 受け皿に課題
山梨県・自由に創作 自分を肯定
静岡県・老いからのSOS静岡の今@〜C
愛知県・うつ抱える介護者
三重県・情報共有し地域で守れ
京都府・山城高 難関化 難聴生に波紋
大阪府・産後ケアで安心子育て
兵庫県・父母に養育手帳 別れてもわが子
鳥取県・手話言語条例 本誌百人モニター調査
広島県・妊娠降格 同意なし無効広島のマタハラ訴訟
福岡県・高齢者増える法人依頼 身元保証
佐賀県・障害者雇用 悩む中小企業「罰則」対象拡大へ
熊本県・広がる在宅医療上・中・下
大分県・思いをつなぐ 中村裕博士没後30年@〜C
鹿児島県・精神障害かごしま 地域で支える@〜D
沖縄県・五才園児 預け先に課題

〔地域の書籍紹介〕
・『現場発!生活保護自立支援 川崎モデルの実践 』市生活保護・自立支援室編
・『ことばの授業づくりハンドブック』(渓水社)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・4階以上の保育所449箇所
・福祉避難所 指定進まず
・抹消の子 調査に温度差
・住民登録抹消の子940人

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻270号
keyword 海外福祉

【レポート】

 「英国の高齢者ケア・最新情報」 
   京都女子大学 正野良幸

  掲載記事 2014/9/1〜9/30

【主な記事内容】

〔全国情報・海外情報〕
・在宅介護乏しい支え 二十四時間巡回サービス
・保育事故再発防止 データベース活用
・「無国籍一万人」救いたい
・こども園 認定返上も
・貧困家庭の教育対策拡充
・見えない子上・下
・今虐待の現場で@〜E
・韓国の高齢者 増える自殺

〔社説〕
・老老介護 家族の孤立を防ぎたい
・障がい者への暴力 これ以上放置できない
・社会保障のあり方 繁栄阻む「五つの巨人」

〔都道府県別索引〕
北海道・訪問診療苦汁の撤退 報酬減 在宅の現場に打撃
青森県・特別支援学級 増える生徒
岩手県・視覚障害者 不自由な生活、今も
宮城県・被災者生活再建後押し 国の「脱貧困」事業
秋田県・認知症相談2・5倍
福島県・東電謝罪、遺族応じる 原発自殺訴訟
茨城県・「手話は言語」広めたい
栃木県・認知症見守り手厚く
群馬県・地域住民が情報共有 認知症不明者
千葉県・ママの悩み<途切れぬ支援
東京都・「超少子化」あえぐ東京
神奈川県・胃ろうの選択@〜E
新潟県・認知症とともに
富山県・「発祥の地で学ぶ」増加中 富山型デイサービス
石川県・「減額取り消しを」生活保護費引き下げ
福井県・児相、弁護士会と連携 児童虐待対応に法的支援
山梨県・個に寄り添う介護@〜C
静岡県・虐待予防 妊婦段階から
三重県・一貫ケア 虐待の芽摘め
滋賀県・つながり 困窮者救え 206事業所でセンター設立
京都府・希望の在りか 貧困スパイラルの中で@〜D
大阪府・福祉の力 再犯防げ 大阪地検
兵庫県・増える相談、調査長期化 子どもの人権
鳥取県・気軽に接して 広がる「手話カフェ」
広島県・いまグリーフケアを 広島土砂災害
愛媛県・ペアで働く新たな看護 県内導入確認
福岡県・校区に里親 子ども安心
佐賀県・特殊詐欺 窓口で防止強化
熊本県・想思社40年上・中・下
宮崎県・すこやかカフェ「かあさんの家」十年上・下
沖縄県・少年非行を考える 非行 厳しい生育環境

〔地域の書籍紹介〕
・『権利の芽吹きは足もとに』梅尾朱美
・『まいにちの家庭レシピ』NPO法人キーアセット

〔行政機関などの資料・報告書〕
・特養 「看取り」実施は74%
・高齢者人口25.9%
・待機児童 2万人超
・子供虐待死51人
・認知症保護35人
・449保育所4階以上に

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻269号
keyword 子どもの貧困

【資料】

「子共の貧困対策に関する大綱
 〜全ての子供たちが夢と希望を持って 
   成長していける社会の実現を目指して〜
  平成26年8月29日 閣議決定  


  掲載記事 2014/8/1〜8/31

【主な記事内容】
〔全国情報〕
・生活保護不正受給9.4億回収不能
・こども園 補助金で迷走
・認可保育園 社福が独占
・年金支給年齢 上げるべきか
・出所者雇用に奨励金
・ビッグデータで医療費抑制
・保険料納付 延長を検討 年金改革に着手
・特養の相部屋整備支援
・「子共の貧困」改善目指す

〔社説〕
・障害年金の闇 制度運用に「地域格差」
・子共の貧困対策大綱 抜本的解決へ支援充実を図れ

〔都道府県別索引〕
北海道・ひとり親家庭の支援課題 収入少なく就労かけもち
青森県・所在不明の子 青森市「ゼロ」
宮城県・バリアフリーな旅サポート 顧客は障害者、高齢者
秋田県・福祉や介護の疑問 まずサイトで情報を
山形県・災害時タクシー移送 人工呼吸器使用の在宅難病患者
福島県・「福島基準」今後の先例に
茨城県・虐待捜査情報児相に提供 地検再犯防止協議会設置へ
栃木県・保育所定員8千人不足 幼稚園余剰1万4千人
群馬県・放課後デイサービス需要増 障害持つ児童生徒向け
千葉県・再犯者復帰へ支援の輪
東京都・難病の子「第二の我が家」小児医療拠点に預かり所
神奈川県・保育現場に専門家の目 虐待予防で臨床心理士
新潟県・要介護者情報を共有 タブレット端末事業開始
石川県・認知症を発見 市が手助け 物忘れ検診
福井県・保・幼・小の連携教育
長野県・危険ドラッグ 相談、搬送、県内で急増
愛知県・報酬改定 医師ら途惑う 集合住宅・施設への訪問診療
三重県・困窮者就労支援 道険し
京都府・民生委員に支援員 府 来月施行
大阪府・生前に片付け依頼「福祉整理」
兵庫県・駐禁除外標章 不正が急増
鳥取県・大半「来年度難しい」介護保険要支援S市町村移管
岡山県・増える在宅重症児 深まる家族の絆介護負担は重く
広島県・女性目線 気配り支援 安佐南消防団「せせらぎ隊」
徳島県・「自分中心」から「平等」へDV加害者更正プログラム
香川県・変わる地域の子育て支援 認定こども園
愛媛県・高齢者「低栄養」防げ
高知県・県内増える「第三者後見」
福岡県・子共の犠牲防ぐには 福岡のフォーラムから
長崎県・語り継ぐ手@〜C
熊本県・地域福祉の担い手たち@〜D
大分県・”レール復帰”に壁
宮崎県・学童保育 待機児童が増
鹿児島県・「住宅方」が急増 有料老人ホーム
沖縄県・道路の問題浮き彫り 県精髄損傷者協が現状調査

〔地域の書籍紹介〕
・『誰もが幸せな高齢社会を求めて』槻谷和夫
・『ふしぎなともだち』田島征彦
・『水俣を忘れない』桑原史成

〔行政機関などの資料・報告書〕
・待機児童 過去最多 8672人
・男性寿命 初の80歳越え
・社会福祉65福祉法人改善指導
・社会福祉40法人ん 職員着服

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻268号
keyword 社会福祉法人

【資料】

「社会法人制度の
       在り方について」 
 社会福祉法人の在り方等に関する検討会
  平成26年7月4日 厚生労働省  


  掲載記事 2014/7/1〜7/31

【主な記事内容】
〔全国情報〕
・健康寿命一年長く
・基礎年金 今後の役割は
・こども園 認定返上の動き
・民俗学からみる介護
・求刑超え裁判員判決破棄 最高裁初判断
・子ども難病 新たに107疾患
・大介護時代 誰が見守る?@〜D
・子どもを支える上・中・下

[海外情報]
・世界の貧困問題 サハラ以南 改善に遅れ
・ボリビア 十歳から就労可能

〔社説〕
・子どもの貧困対策 危機感もち格差と連鎖解消を
・最低賃金 物価上昇に比べ不十分

〔都道府県別索引〕
北海道・「イクボス」増やそう
青森県・ケースワーカー負担重く 認知症 DV・・・難事例増
岩手県・カフェ次々 復興へ力
秋田県・医療・福祉産業の拠点に 県と秋田大
山形県・胃ろう患者リハビリ 医療現場で広がる 福島県・県内の福祉業界 人材不足が深刻
茨城県・苦境子どもに学習支援 断ち切れ親から「貧困の連鎖」
栃木県・盲導犬不足が慢性化 繁殖や飼育担うボランティア必要
群馬県・定年退職後介護現場へ 年代近く共感強み
埼玉県・介護保険の二割負担 個々の所得で判断 倍額とは限らず
東京都・障害者保育 急がれる急がれる拡充
神奈川県・訪問リハビリ 日本一の県に
新潟県・県内大学 知のサポート@〜G
石川県・認知症の専門医養成 金大など北陸四大大学
福井県・福井大生のパートナー活動
山梨県・盲ろう者 届きにくい支援
愛知県・家で最期まで 地域包括ケアの今 上・中・下
三重県・介護施設増えすぎ危惧  県南部の特養問題
京都府・京の介護施設内にサロン併設広がる
大阪府・生活保護費「過度な抑制を」を警戒
兵庫県・徘徊高齢者 見守り加速
鳥取県・介護食安全においしく 進む工夫 高まる需要
岡山県・医療法人が配食 介護特区の岡山市
広島県・最期を家で 過疎地の挑戦 上・下
福岡県・発達障責めて 悔いて 理解できず悩む親
長崎県・障害者・高齢者に支援法
熊本県・変わる介護保険上・中・下

〔地域の書籍紹介〕
・『聖奈の絵は言葉』杉本香苗・聖奈
・『イソップでユニバーサルデザインを考える』小河孝次
・『超高齢者社会の医療のかたち、国のかたち』 大島伸一

〔行政機関などの資料・報告書〕
・届出制 2自治体のみ
・老老介護 五割越す
・子どもの置き去り395人ー全国調査 11〜13年度

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻267号
keyword 改正生活保護法

【資料】

全国福祉事務所長会議 資料
「改正生活保護法について」 
(説明資料)
  平成26年5月20日 
  厚生労働省 社会・援護局保護課

  掲載記事 2014/6/1〜6/30

【主な記事内容】
〔全国情報〕
・病院・介護施設を一体運営
・認知症不明者の確認強化
・成年後見 首長の申請急増
・報われぬ国負担増の先に
・縮む介護保険 上・中・下

[海外情報]
・憲法改正し「子どもの権利」ノルウエー
・外国人看護師ら二割帰国

〔社説〕
・認知症徘徊で不明 保護へ地域連携も不可欠
・認知症高齢者の被害 防止に力を合わせたい

〔都道府県別索引〕
北海道・釧路市 生活保護率18年ぶり低下
青森県・生活に自由と安心を サービス付き高齢者住宅急増
宮城県・生活支援員 地域福祉の柱
山形県・染みる 生きている実感 緩和病棟の玄米スープ
福島県・11施設再開できず 被災高齢者施設
茨城県・たん吸引 ヘルパー不足 在宅の重度障害者
東京都・電動ベッドで起き上がりを楽に
神奈川県・「ゼロ」から1年 待機児童の行方 上・中・下
新潟県・虐待・性犯罪から子どもを守れ!
福井県・市民主体で環境整備を 障害者向け総合型スポーツc
山梨県・厚生保護施設 入所長期に
愛知県・性別に違和感606人 性同一性障害
三重県・入所施設拡充で論議 知的障害者支援のあり方
大阪府・進学の夢 民間の支援頼み 児童擁護施設の高校生
岡山県・進むか在宅医療@〜C
徳島県・地域の絆 再生に一役 県内老人クラブ
福岡県・有床診療所防火 情報共有 消防庁
熊本県・認知症早期発見 医療・介護者タッグ
宮崎県・だれも知らない みやざき 子どもの貧困

〔地域の書籍紹介〕
・『ケースワーカーと学ぶ 里親の基礎知識』家庭擁護促進協会
・『ふしぎなともだち』田島征彦

〔行政機関などの資料・報告書〕
・出生数 過去最少更新
・身元不明保護57人 認知症疑いは11人
・進む高齢化 遅れる意識 身元不明なぜ続く
・子ども置き去り483人
・幼い命守る策後手

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻266号
keyword 介護保険制度

【資料】

社会保障審議会 介護給付費分科会資料
「介護保険制度を取り巻く状況」 
  平成26年4月28日 

  掲載記事 2014/5/1〜5/31

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・終末期医療にクラウド 導入広がる全国の現場
・ロボット技術 現場感覚実用化を推進
・働き手「七十歳まで」提言 政府有識者会議
・がん合併重症化も 認知障害「支える」医療に
・社福法人売買が横行 理事長ポスト数億円 ・学童保育30万人拡充 女性就労後押し
・年金「75歳支給開始」かと混乱も
・認知症新時代@〜C 〔社説〕
・被災地職員の疲弊 復興の担い手守らねば
・認知症高齢者 家族の介護負担軽減を

〔都道府県別索引〕
北海道・広範囲に迅速な活動展開 認知症見守り事業
青森県・高齢者の外出支援 介護旅行 八戸に事業所
宮城県・障害と差別 仙台市・禁止条例策定に向けて上・中・下
茨城県・市民ネット 成果着実「安心・安全見守り隊」
埼玉県・発達障害者支援こうしたら 消防職員にマニュアル
茨城県・
東京都・保育所 変革の時代 企業内施設地域にも門戸開く
神奈川県・生活保護費引き下げ 支出増 低所得者を直撃
石川県・北陸新幹線開業目前!おもてなし総チェック@〜D
長野県・どこへ向かう介護保険@〜C
京都府・老いを迎えて@〜D
大阪府・発達障害 同僚が支え
岡山県・認知症治療 犬が相棒 リハビリにつなげたい
広島県・高齢者見守り なお課題 ネットワーク着手一年
福岡県・ボランティア介護限界
大分県・大人の発達障害 自立へ一歩ずつ
鹿児島県・たん吸引 介護職登録再び無料

〔地域の書籍紹介〕
・認知症 かく関わる「やる気引き出し支える」
・ひきこもり支えて十五年 歩み一冊に

〔行政機関などの資料・報告書〕
・介護休業 期間延長九割
・入院時保証人二割
・「老後の備え不足」67%

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻265号
keyword 地域福祉

【資料】

社会・援護局関係主管課長会議資料
「地域福祉の推進等について」 
  平成26年3月3日 社会・援護局 地域福祉課

  掲載記事 2014/4/1〜4/30

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・未支給分 おいやめい 嫁にも 4月からの年金制度
・介護で欠勤 雇い止め 介護失職
・つなぐつながる 若いホームレス@〜B
・大介護時代 働きながら@〜E
・認知症 精神科病院@〜D<

〔海外情報〕
・オバマケア 若者二の足

〔社説〕
・増える一人暮らし高齢者 皆で知恵を出し合おう
・徘徊と家族責任 社会で見守り担うべき

〔都道府県別索引〕
北海道・仲間とともに 浦河べてるの家30年上・下
青森県・「きつい」高齢者切実
宮城県・「地域包括ケア」推進チーム設置
秋田県・理学療法士養成へ 専門学校の新設計画
福島県・仮設入居延長 四割超要望
茨城県・認知症と歩む 患者と家族たち@〜D
東京都・おいしさや見た目も重視 在宅用介護食品が多様化
神奈川県・障害者雇用で国際セミナー上・下
新潟県・介護の選択肢 県内施設の現在@〜E
石川県・司法と福祉 現場から上・中・下
岐阜県・いのちを守る防災 障害者と命を守る訓練
滋賀県・草津市 独自の認知症訓練
大阪府・府が「物件検索サイト」高齢者らの入居拒否改善へ
鳥取県・一人一人が理解者に 災害時の障害者支援を考える
山口県・徘徊お年寄り地域で守る輪
福岡県・おひとり介護@〜D
大分県・やまぬ悲鳴上・中・下
鹿児島県・たん吸引有料化波紋

〔地域の書籍紹介〕
・「ヘルパー今行きます」
・「国蝶の生れ立つ樹」

〔行政機関などの資料・報告書〕
・曖昧な要件 競争生む 特養待機52万人
・緊急一時保護 546人 身元不明認知症高齢者ら
・4割が住所地以外 認知症で緊急一時保護

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻264号
keyword 福祉・介護人材

【資料】

全国構成労働関係部局長会議(厚生分科会)資料
2014年1月22日社会・援護局 
 T社会関係 4その他主要施策について
    (2)福祉・介護人材確保対策」

  掲載記事 2014/3/1〜3/31

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・介護離職の抑制実践 政府百社選定 両立モデル探る
・水俣病「感覚障害で認定」通知
・保険料納付「六十四歳まで」案 基礎年金
・認知症改善に学習療法 音読や計算 表情明るく
・ネット託児戸惑う親 ベビーシッター事件
・認知症新時代 医療・暮らしを支える@〜C

〔海外情報〕
・高齢化対策 東南アを支援 

〔社説〕
・生活困窮者の支援 ネットワークどう築く
・震災三年関連死 犠牲者これ以上生むな

〔都道府県別索引〕
北海道・岩見沢・美流度診療所から@〜D
青森県・「福寿あおもり」目指して他県に学ぶ@〜F
宮城県・種をまくー被災地で育つ地域医療上・中・下
秋田県・介護の道へ上・中・下
茨城県・等しく生きる 障害者条例制定へ@〜F
千葉県・負の連鎖 高齢者・障害者の再犯防止 上・下
東京都・今どきの放課後@〜C
新潟県・まさかの時に・・東日本大震災から3年上・中・下
福井県・自治体の認識不足も 無資格ケースワーカー
滋賀県・糸賀生誕百年「世の光に」はいま@〜E
大阪府・非正規ケースワーカーの苦悩
岡山県・貧困となりあわせ ある不動産屋の挑戦上・中・下
愛媛県・最期はどこでついのすみか探して@〜D
佐賀県・届かなかった声 取り押さえ死の教訓上・中・下
沖縄県・アレルギー対応の食料備蓄 実施15市町村

〔地域の書籍紹介〕
・「福祉の道行ー生命の輝くこどもたち」
・「より添ってー認知症の人々と共に」

〔行政機関などの資料・報告書〕
・自動虐待通告 最悪2万人
・自殺者 昨年27,283人
・特養ホーム待機52万人

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻263号
keyword 障害者支援

【資料】

全国厚生労働関係部局長会議(厚生分科会)資料
2014年1月22日社会・援護局 障害保険福祉部
「障害者総合支援法の
    平成26年度施行等について」

  掲載記事 2014/2/1〜2/28

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・65歳以上の障害者 介護保険が優先 負担増も
・ハンセン病療養所人手不足 高齢化で認知症急増
・病棟から在宅へ医療転換
・情報機器活用 障害や病気の支えに
・お泊まりデイ「もうけ優先」「欠かせぬ救世主」
・男性保育士 待遇改善が急務
・ケア労働で生きる@〜C
・認知症とわたしたち 老いの手前で@〜C
・診療報酬何が変わる?上・中・下

〔海外情報〕
・高齢者の貧困「月の町」に影 

〔社説〕
・生活困窮者支援 お役所仕事ではできぬ
・大雪が阻む福祉 弱者の命 最優先の対応を

〔都道府県別索引〕
北海道・道内181保育所に労働局是正勧告
青森県・介護保険料30年後月1万円超
宮城県・災害弱者名簿化
山形県・タブレット 買い物難民に光
福島県・母子避難 心のケア 問題抱えた家庭発見急務
栃木県・子どもと貧困 奨学金@〜C
千葉県・養育園 虐待どう防ぐ
東京都・山谷の地域ケア@〜D
神奈川県・虐待を防ぐ@〜F
新潟県・家族と介護@〜D
石川県・災害弱者 見逃さず 消防と民生委員連携
大阪府・介護虐待、ストレス引き金、お泊まりデイ事件
奈良県・広がれ 障害者雇用@〜D
岡山県・最新の介護機器貸します 特区の岡山市、三種
香川県・歯止めへ「いのちの電話」県内自殺者増加率全国一
佐賀県・高校に行きたい@〜E
長崎県・消えない不安 グループホーム火災から一年上・中・下
沖縄県・口腔崩壊 貧困の現場から@〜C

〔地域の書籍紹介〕
・「氷解」
・「知っておきたい養育費算定のこと」

〔行政機関などの資料・報告書〕
・「子育てしにくい」64%
・少子化 子育て・結婚 厳しい現実
・所在不明児 対面確認へ

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻262号
keyword 子育て支援

【資料】

全国厚生労働関係部局長会議(厚生分科会)資料
2014年1月22日内閣府
「子ども・子育て支援新制度に
    関する検討状況について」

  掲載記事 2014/1/1〜1/31

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・新生こども園 ひろがるか
・療養病床 介護型 全廃撤回へ
・水俣病 感覚障害で認定
・認知症・うつ 画像で診断
・CMに字幕増やします 聴覚障害者らに配慮
・吃音 伝わらなくて 就職4ヶ月命絶った看護師
・生活習慣病・認知症の診断 主治医へ定額報酬導入
・認知症新時代 私らしく生きる@〜E

〔海外情報〕
・福祉大国は今@〜F 
・台湾 子育て事情上・下

〔社説〕
・生活保護 申請のハードルあげるな
・保育士の待遇 職責に見合った改善を

〔都道府県別索引〕
北海道・保育士冷遇 浮き彫り
青森県・一人暮らし高齢者に安心を 24時間見守ります
宮城県・多様な生き方知って 新出生前診断社会に問う
秋田県・母親の息抜きサポート 県内託児サービス
福島県・浜通の介護人材確保 国が費用支援制度
栃木県・「終章学」キックオフ 宇大でシンポ
埼玉県・さらわれる記憶上・下
東京都・胃ろう回避へ口腔リハビリに注目
神奈川県・「在宅医療と看取り」アンケート上・中・下
新潟県・支え合いへの一歩 今、湯沢町で@〜E
岐阜県・ぎふシニア新時代 超高齢社会を生きるプロローグ・@〜I
大阪府・広がる「ごみ屋敷」条例 片付け・生活支援幅広く
鳥取県・手と手で話そう@〜C
広島県・家のない子どもたち 施設退所後の支援必要
徳島県・子どもの居場所 学童保育 県内の現状@〜E
愛媛県・ダウン症を生きる・えひめ@〜D
福岡県・ALS審査請求 介助上乗せ 地域格差
沖縄県・シングル介護 追いつめられる男たち

〔地域の書籍紹介〕
・「証言〜3.11宅老所の活動記録〜」
・「あなたはひとりじゃない〜パーキンソン病と向き合って」

〔行政機関などの資料・報告書〕
・20年後の首都圏 医師不足 高齢化進み患者増
・認知症115人 鉄道事故死
・宿泊デイサービス26人死亡

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻261号
keyword 生活保護制度

【資料】

社会保障審議会 生活保護基準部会
平成25年10月4日
厚生労働省社会・援護局保護課
「生活保護制度の概要等について」 

  掲載記事 2013/12/1〜12/31

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・受給手続き厳格化 生活保護関連二法が成立
・認知症根治薬20年に 日本版NIHが達成目標
・年金「宙に浮いたまま」四割
・尊厳死法案 現実味
・養子の明日上・中・下
・発達障害を考える@〜D
・認知症とわたしたち ひとりの時代に@〜C

〔海外情報〕
・子どもと家族の大国 フランスは今@〜C 

〔社説〕
・ICTで障害者支援 命を守り暮らしの力に
・改正生活保護法 就労支援で自立の手助けを
・介護保険抑制へ見直し 制度の「中枢」を忘れるな

〔都道府県別索引〕
北海道・刑罰より福祉を 犯罪繰り返す高齢者起訴猶予に
青森県・被災地に専門員派遣 高齢者・障害者の災害支援
宮城県・第二のわが家 こども病院上・中・下
秋田県・徘徊高齢者の見守り実証へ
福島県・原発関連死 県内千六百五人
埼玉県・埼玉の介護@〜F
千葉県・密室で何が?養育園暴行事件上・中・下
東京都・「看取りの場所」から「帰るホスピス」へ
新潟県・新潟水俣病 二つの提訴@〜C
滋賀県・「自宅で最期」4割〜5割
大阪府・師走の町から 十年目の困窮者支援@〜D
兵庫県・支える制度知って 若年性認知症県内1600人
鳥取県・児童手当口座差し押さえ「違法」判決
岡山県・私を生きる〜最期の医療は〜母の気持ち寄り添う
愛媛県・人材定着へ試み続々 県内介護現場離職率13.6%
福岡県・発達障害児 就学前施設が不足
鹿児島県・中国残留邦人 老いを生きる かごしま支援制度五年 上・中・下
沖縄県・連鎖 出口見えず 貧困率全国最悪

〔地域の書籍紹介〕
・「介護の食卓」
・「子ども虐待医学」

〔行政機関などの資料・報告書〕
・虐待社会的損失1.6兆円
・万引きの高齢者2.8万人 過去最多
・不明児4千人超 所在把握鈍い自治体

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻260号
keyword 介護保険制度改革

【資料】

社会保障審議会 介護保険部会
平成25年9月25日
資料1
「費用負担の公平化について」 

  掲載記事 2013/11/1〜11/30

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・訪問介護に機能強化型 厚労省方針
・扶養の義務 強化に不安 生活保護
・生活保護改革法案参院可決 「自立重視」期待と懸念
・難病の現実 上・中・下
・認知症MCIって?上・中・下
・介護保険 自己負担二割 社会保障審
・年金課税の強化

〔海外情報〕
・認知症とわたしたち北欧から上・中・下 
・揺れる命 世界は今@〜E

〔社説〕
・介護待機者対策 復興へ受け皿不足解消急げ
・介護保険制度見直し 小手先でない抜本改革が必要

〔都道府県別索引〕
北海道・ハンセン病 授業で伝えて
青森県・若年性認知症 現場から考える上・ 中・下
宮城県・精神障害を語る@〜C
福島県・避難者ケア維持出来るか
埼玉県・埋もれた虐待 春日部・特養ホーム上・中・下
千葉県・少年の更生 畑から 県警取り組み
東京都・待機児童 見えぬ実数
神奈川県・同じ境遇語り合い 性暴力被害者の支援道半ば
石川県・早朝勤務高齢者が即戦力に
長野県・認知症厳しい対処 高齢者の運転事故防止
愛知県・認知症の人の列車事故 損害賠償命令で波紋
滋賀県・福祉と司法の両輪で 累犯障害者の再犯防止
大阪府・遺族年金男女差は違憲 大阪地裁判決
兵庫県・住みよい街へ 補助犬シンポに寄せて@〜D
島根県・里親と生きる上・下
広島県・高齢障害者の介護充実を
福岡県・在宅医療 介護と連携急務
熊本県・水俣病認定 棄却取り消し県動揺
宮崎県・精神障害者手帳取得者増
沖縄県・介護保険見直し本格化 県内の現場に不安や戸惑い

〔地域の書籍紹介〕
・障害者指導の実践紹介
・不幸にならない介護を

〔行政機関などの資料・報告書〕
・障害者虐待1500件
・女性刑法犯 高齢化進む
・働くママ74%島根県トップ
・介護保険改革案を了承

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻259号
keyword 障害者支援

【資料】

 社会保障審議会 障害者部会
 平成25年9月24日
 資料5
「障害支援区分への見直し」

  掲載記事 2013/10/1〜10/31

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・「経済再生と財政両立」消費税8%首相表明
・暴挙に前例ない憤り 保護費切り下げ審査請求
・認知症施設43億円補助「ムダ」
・子育て支援に3千億円
・共通番号巡る第三者委 運用監視30人態勢
・協会けんぽ 反発 高額療養費見直し案
・患者紹介料の禁止検討
・後期医療 特例廃止
・介護給付を抑制 伸び率に上限

〔海外情報〕
・シリコンバレー格差拡大 住宅高騰ホームレス急増
・日の丸福祉ロボ 欧州へ

〔社説〕
・「水俣条約」採択 教訓生かす新たな出発点に
・自立支援法案 困窮者の実情に配慮を
・ボランティアの芽 小中生段階の体験が大切

〔都道府県別索引〕
北海道・「子育て費 削れぬ」生活保護引き下げ 二児の母
青森県・励まし合い悩みを共有 若年性認知症患者と家族の会
宮城県・被災地で「家庭医」育成
岩手県・福祉版DMATへ東北指導 全国の被災地で要介護者支援
福島県・東日本大震災2年6ヶ月 関連死増 依然深刻
栃木県・買い物弱者中心部三割 要介護予備軍の懸念
茨城県・やればできるあきらめない上・中・下
栃木県・障害者差別で事例集
東京都・施設職員の意欲向上狙い 要介護度改善で奨励金
神奈川県・高校生に「介護事業」職員派遣や職場体験
石川県・子どもを見守るサポート隊 金沢発11月に全国組織
福井県・認知症カフェで語らいを
静岡県・「保育と介護両立」福祉サービス
京都府・障害者への理解を 京都で考えるフォーラム
大阪府・介護と仕事 綱渡りの両立 ワーキングケアラー
奈良県・就活!老人ホームへ
岡山県・高齢者を守る上・中・下
広島県・患者支える市民続々 広がる病院ボランティア
長崎県・ナガサキの視点 原爆症認定問題
大分県・大地と生きる 就農する障害者 上・中・下
沖縄県・島の介護問題上・中・下

〔地域の書籍紹介〕
・発達障害の彼女と一歩ずつ
・親の精神疾患に悩む子へ 絵本で病気を説明

〔行政機関などの資料・報告書〕
・障害者差別 最多259件
・医療費「一人30万円」突破
・待機児童2000人減2.3万人
・医療費自己負担 45%容認
・65才以上「4人に1人」最多の3186万人
・ロボットで介護 6割「受けたい」

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻258号
keyword 高齢者の住まい

【資料】

  社会保障審議会 介護保険部会資料
  「資料2 施設サービス等について
   2 高齢者向け住まいについて」
 平成25年9月18日

  掲載記事 2013/9/1〜9/30

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・虐待死防止課題は連携 児童相談所と市町村
・生活保護減額に不服、7671件
・広がれ、指先の楽譜「どんな子にも音楽を」
・老人ホームも紹介料要求
・養子仲介20病院連携 寄付金取らず
・バリアフリー映画じわり
・消費税来年4月8%
・認知症事故と損害賠償 介護現場に衝撃の判決
・家族の責任どこまで 徘徊中、線路に・・遺族に賠償命令
・車いす、ロボットで生活支援 車の技術福祉に利用
・介護保険改革 財政改善効果は限定的

〔海外情報〕
・米国民皆保険 三つの壁

〔社説〕
・特養の入所制限 公平の原則が失われる
・高齢男性の孤立 社会との関わり大切に
・生活保護減額 切実な声を傾けねば

〔都道府県別索引〕
北海道・「子育て費 削れぬ」生活保護引き下げ 二児の母
青森県・励まし合い悩みを共有 若年性認知症患者と家族の会
宮城県・被災地で「家庭医」育成
岩手県・福祉版DMATへ東北指導 全国の被災地で要介護者支援
福島県・東日本大震災2年6ヶ月 関連死増 依然深刻
栃木県・買い物弱者中心部三割 要介護予備軍の懸念
茨城県・やればできるあきらめない上・中・下
栃木県・障害者差別で事例集
東京都・施設職員の意欲向上狙い 要介護度改善で奨励金
神奈川県・高校生に「介護事業」職員派遣や職場体験
石川県・子どもを見守るサポート隊 金沢発11月に全国組織
福井県・認知症カフェで語らいを
静岡県・「保育と介護両立」福祉サービス
京都府・障害者への理解を 京都で考えるフォーラム
大阪府・介護と仕事 綱渡りの両立 ワーキングケアラー
奈良県・就活!老人ホームへ
岡山県・高齢者を守る上・中・下
広島県・患者支える市民続々 広がる病院ボランティア
長崎県・ナガサキの視点 原爆症認定問題
大分県・大地と生きる 就農する障害者 上・中・下
沖縄県・島の介護問題上・中・下

〔地域の書籍紹介〕
・『エコールKOBE』
・『陽のあたる家』

〔行政機関などの資料・報告書〕
・障害者差別 最多259件
・医療費「一人30万円」突破
・待機児童2000人減2.3万人
・医療費自己負担 45%容認
・65才以上「4人に1人」最多の3186万人
・ロボットで介護 6割「受けたい」

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻257号
keyword 社会保障改革

【資料】

 「社会保障制度改革国民会議報告書(概要)
 〜確かな社会保障を将来世代に伝えるための道筋〜」
 社会保障制度改革国民会議
 平成25年8月6日

  掲載記事 2013/8/1〜8/31

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・社保国民会議最終報告を提出
・スプリンクラー義務化へ 消防庁
・社会改革の手順 閣議決定
・足りない介護、生み出す、障害者、自ら事業所
・民間介護保険 異なる特徴 幅広く検討を
・「認知症に優しい街」推進
・介護保険 360万円以上引き上げ
・医療・介護費5兆円抑制 厚労省25年度計画
・認知症とわたしたち 家を離れて@〜D

〔社説〕
・被害者匿名起訴状 裁判所は認めるべきだ
・特別養子縁組 あっせんに社会的議論必要
・いじめ防止法 実効ある運用で悲劇を防げ

〔都道府県別索引〕
北海道・成年後見人 着服続出
青森県・DV摘発69件 警察への相談増加
宮城県・被災地で「家庭医」育成
福島県・被爆医療上・下br> 栃木県・買い物弱者中心部三割 要介護予備軍の懸念
埼玉県・ホームドア「一日も早く」視覚障害者の転落防止
東京都・「政治を変えるために」結成 DV被害者支援
富山県・障害児 デイも全国展開
石川県・氷見に「心の健康モデル」認知症重症度など数値化
福井県・在宅ケア 医師育成に力 モデル事業一年
長野県・県 滞納金回収を民間委託 母子寡婦福祉基金
静岡県・在住外国人もっと介護職に
滋賀県・芸術は福祉だ 知的障害 湧き出るアート
大阪府・虐待保護 消防が一役
兵庫県・中国残留邦人と家族はいま上・下
奈良県・きっと大丈夫〜読み書き障害とともに上・中・下
岡山県・隔離を越えて 邑久長島大橋架橋25年@〜E
広島県・最期の迎え方 新たなついのすみか@〜D 
佐賀県・広がる「介助専門士」の企業取得
大分県・生活保護はいま 大分の現場から上・中・下
沖縄県・評価と不満交錯

〔地域の書籍紹介〕
・『生活保護リアル』
・『仕事・無音』
・『「困り」解消!算数指導ガイドブック』

〔行政機関などの資料・報告書〕
・介護保険利用者 昨年度543万人に
・学童保育 最多88万人
・「生活に満足」7割
・性暴力の半数 親族者以外
・働き盛り介護で離職 年十万人「両立無理」
・生産人口8千万人割れ

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻256号
keyword 児童虐待

【資料】

 平成25年度 全国児童福祉主管課長・児童相談所長会議資料

 行政説明
 「児童虐待防止対策について」
 平成25年7月25日

  掲載記事 2013/7/1〜7/31

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・生活保護 集団提訴へ
・負の循環生む人材不足 スクールソーシャル ワーカー
・「最後の望み」請求拒めず
・成年後見 選挙権4訴訟 和解へ
・親の心震災の影 児童虐待 被災地で深刻化
・「待機時代ゼロ」へ加速 横浜方式国がプラン
・AIで支える認知症・会話ロボ
・AIで支える認知症・お世話役
・AIで支える認知症・携帯端末

〔海外情報〕
・仏「副作用」育休3年 長いブランク復職妨げ
・愛の手の子たち〜ネパールからの報告上・中・下

〔社説〕
・認知症対策 早期段階の支援拡充急げ
・特養の内部留保 運営の中長期計画を示せ
・社会保障制度改革 負担増の説明を丁寧に

〔都道府県別索引〕
北海道・戦力内通告〜われら老働者@〜D
青森県・ともに生きる 学びの場@〜D
岩手県・広がる福祉の心 ボランティアフェスタ
山形県・介護施設 人も資金も不足
福島県・被災地で児童虐待急増
茨城県・運転適正相談が倍増
栃木県・買い物で高齢者健康に 商店街活用化新事業
群馬県・生活保護 支給額 今もギリギリ
東京都・終活 最後まで自分らしく 上・中・下
    ・養子あっせん上・中・下
富山県・ハイブリッド車いす開発 重さ半分で丈夫
石川県・個室料金は無料 加賀の総合新病院
福井県・障害のある子も普通学校へ 国、県支援なく現場不安
長野県・「ぷれジョブ」地域で存在感
愛知県・介助を通し食べることの意味探る”高齢者体験”
滋賀県・難病少女に意思伝達手段 視線入力装置 行政が支給
大阪府・被害者老いに不安 森永ヒ素ミルク 救済活動40年
兵庫県・”豪華客船”で夢の老後 姫路の介護施設
岡山県・発達障害児に安心治療を
広島県・貧困の連鎖根絶を模索
愛媛県・最期はどこで 第一部 @〜C
福岡県・ホームレスに投票権を
鹿児島県・「保護観察」求刑が急増 福祉と連携
沖縄県・タブレット 授業手助け

〔地域の書籍紹介〕
・『ハンセン病講義』
・『認知症の人の食事支援book』
・『入り舞』

〔行政機関などの資料・報告書〕
・6割超が「生活苦しい」
・育休取得率 男女とも低下
・最低賃金が生活保護費未満 11都道府県に増加
・児童虐待最悪6万6千8百
・女性寿命2年ぶり世界一

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻255号
keyword 認知症施策

【資料】

 第45回社会保障審議会介護保険部会資料
  平成25年6月6日
 「認知症施策関係」
       

  掲載記事 2013/6/1〜6/30

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・進まぬ病床再編「急性期」向けに偏重
・認可外保育の窮状 乏しい助成 経営厳しく
・消費者庁 育休取得で
・子の貧困 連鎖絶てるか
・地域の見守り「名簿」活用 災害時の要支援者
・障害者差別解消法 成立
・スプリンクラー設置義務 全グループホームに
・壊れた砦 上・中・下
・どうなってるの生活保護@〜D
・老いてさまよう閉鎖病棟から@〜E 〔海外情報〕
・越境する家族上・下


〔社説〕
・高齢者の地方受け入れ 国の姿見据えた議論必要
・生活保護法改正案 真の困窮者を救えるのか
・国保改革 格差是正は待ったなし
・子どもの貧困 連鎖断ち切る実行策を
・ストーカー規制 改正法をいのち守る武器に

〔都道府県別索引〕
北海道・医療と介護・保健・福祉連携システム上・中・下
青森・老健施設の看護職員4割「看取り対応できず」
宮城・震災三年目の地域医療上・中・下
山形県・健康長寿の地域づくり
福島県・集合住宅 市町村単位で 高齢者ら入居優先
茨城県・運転適正相談が倍増
栃木県・大人の発達障害が倍増
千葉県・児童擁護施設 待機47人
東京都・ダウン症薬 初の治験
神奈川県・全県立高で「介護」授業
新潟県・会員数減少団塊世代に熱い視線 県内シルバー人材C
富山県・障害者働く場拡大 とやま福祉特区
石川県・石川発ヘルプカード好評 障害児の医療情報表示
長野県・終末期医療に「意思表示」
愛知県・自閉症の子に触れ合い効果 犬やロボで笑顔十倍
滋賀県・変わる難病対策 湖国の現場から上・下
京都府・命つなぐ電話相談利用急伸 仏教界で活発化
大阪府・認知症による暴言や暴力「精神病薬の臨床試験を」
兵庫県・障害者の社会参加促進「手話通訳 制限緩和を」
島根県・原発事故時 乳幼児の優先避難策検討
岡山県・学童保育資格で安心 民間の認定制度広がる
徳島県・未来を見つめて 障害児デイサービス「にじのいえ」上・下
福岡県・知的障害者の自信育む 四年生のカレッジ
沖縄県・音声すぐに文字通訳 高齢者ら向け対象に

〔地域の書籍紹介〕

・『ケアメンを生きる』男性介護者 認識高まるも問題浮き彫り
・『仕事・無音』無音の50人 卒業後の今

〔行政機関などの資料・報告書〕
・認知症高齢者 462万人
・有料老人ホーム 403施設が無届け
・出生数 最小103万7101人
・生活保護 最多213万人
・働く障害者 虐待被害194人

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻254号
keyword 介護人材

【資料】

 第45回社会保障審議会介護保険部会資料
  平成25年6月6日
「介護人材の確保関係」
       

  掲載記事 2013/5/1〜5/31

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・株式会社の認可保育所参入 自治体に緩和要請
・独居高齢者どう見守る?
・高齢者治療 初の指針
・貧困対策 自立を重視
・生活保護申請 口頭も可
・福祉資格6割なし ニーズ高まるスクール・ソーシャル・ワーカー
・成年被後見人に選挙権


〔海外情報〕
・中国人看護師が急増 語学で優位 EPAの倍
・中国人急増 看護師 海越え独自養成
・精神障害者の闇@〜C


〔社説〕
・精神障害者の雇用 広く受け入れる機運を
・性格保護 懸念される受給の厳格化
・子どもの貧困対策 国は本腰入れて支援せよ

〔都道府県別索引〕
北海道・憲法の精神とともに生きたい生活保護引き下げ
青森・児童施設 性的虐待 現場「答え見えない」
宮城・ロコモ体操で介護予防
山形県・高齢者虐待 「息子」など家族に多く
福島県・情報漏洩 懸念今も 共通番号法
茨城県・生活保護 生活困窮でも受給出来ず
栃木県・万引き高齢化高齢化上・中・下
埼玉県・四日間で三人死亡 職員逮捕の介護施設
千葉県・流山発「お願い手帳」三十年
東京都・時代l超えてシェアハウス
神奈川県・待機児童ゼロの先に上・中・下
新潟県・要支援者 気軽に介護予防
富山県・求む 生活支援員 認知症高齢者らの金銭管理
福井県・在宅介護に看護師派遣 鯖江に新団体設立
長野県・憲法24条はいま 格差の現実 守れぬ権利
静岡県・県営住宅 安否確認が好評
三重県・失語症患者の支援開始
京都府・広がる認知症カフェ「福祉の空白埋める」
大阪府・よりよい加齢とは 阪大「老年学研究会」設立
兵庫県・胃ろうを知る 高齢者介護の現場から@〜C
島根県・塀の内外手紙の絆 地域住民が受刑者支援
徳島県・実務者研修次々と導入 介護福祉士試験の新制度に対応
高知県・県内特養待機者3160人

〔地域の書籍紹介〕

〔行政機関などの資料・報告書〕
・子供1649万人 32年連続減
・24時間巡回介護実施自治体7%
・親の介護で離職経験 男性13%女性27%
・働く障害者、最多更新
・介護職員の給与 月6千円アップ

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻253号
keyword 生活保護制度

【資料】

 全国厚生労働関係部局長会議(厚生分科会)
 社会・援護局 平成25年2月19日
「生活保護制度の見直しについて」
・生活保護基準の見直しについて」        

  掲載記事 2013/4/1〜4/30

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・共通番号消えぬ不安 法案、国会審議入り
・生活保護削減に異論
・「働ける層」が生活保護
・生活保護見直し 二法案提示
・参院選から選挙権回復 法改正へ 成人被後見人へ
・認知症 予防と治療@〜E
・老いてさまよう ある老健より @〜C


〔海外情報〕
・日本流の介護 中国で広がり
・生きる 天畠大輔さんの台湾訪問記上・下


〔社説〕
・生活保護条例 市民監視は行き過ぎだ
・ハーグ条約加盟 子どもを守る意識明確に
・水俣病 問題の本質を矮小化するな
・社会保障会議 命の格差を生まないか

〔都道府県別索引〕
北海道・超高齢化「もう限界」住民の6割が65歳以上
青森・団塊世代意識 競争厳しく
宮城県・再生へ心ひとつに 
秋田県・消防団員 認知症に理解を
山形県・高齢者虐待上・中・下 福島県・地域への貢献 会津医療センター開所
茨城県・身近な暴力 増え続けるDV
群馬県・障害者雇用上・中・下
千葉県・利用者増える「お泊まりデイ」
東京都・特養に長い列、入所順は
神奈川県・精神障害者 IT企業が積極雇用
新潟県・ひとり親の在宅ワーク生計の道は
富山県・食べる喜び より長く 献立・介助法に工夫
福井県・高齢者宅に学生が同居「福井版」ホームシェア
静岡県・生活保護・・・受ける前に自立 愛知県・発達障害 中高一貫で支援
滋賀県・新いじめ対策 機能するか
京都府・おしゃべりって楽しい お年寄りの居場所づくり
広島県・働く 精神障害者とともに上・中・下
福岡県・若者の生活保護脱却には、社会的就労の場必要
長崎県・よみがえる45年の苦悩 カネミ油症新認定訴訟
熊本県・水俣病 最高裁が発認定  救済の幅広げる
沖縄県・増える生活保護受給者 支援現場多忙

〔地域の書籍紹介〕

〔行政機関などの資料・報告書〕
・虐待の割孤立介護 高齢者被害 半数が困窮世帯
・高齢者雇用費 各社が苦心
・働くシニア 最多更新

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻252号
keyword 障害者 総合支援

【資料】

 全国厚生労働関係部局長会議(厚生分科会)
 社会・援護局 障害保健福祉部 資料
「2障害者総合支援法の施行について」
        平成25年2月20日

  掲載記事 2013/3/1〜3/31

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・行政手続きカード一枚 マイナンバー法案閣議決定
・介護報酬を全面適用 研修外国人来月から
・精神障害者雇用議論大詰め
・手探り障害者虐待防止 自治体、労働局課題浮き彫り
・介護保険への遺言上・中・下
・若者対策は置き去り 年間自殺三万人下回る
・許可保育所狭すぎる門 待機児童の親 連帯
・胃ろう家族でよく相談を


〔海外情報〕
・世界の認知症対策 国家戦略会議から@〜C
・世界の認知症対策 国際会議から報告

〔社説〕
・止まらぬ虐待 何が足りぬか再点検を
・認知症5カ年計画 医療と介護の連携が鍵
・カネミ油症判決 原告の訴え阻む「時間の壁」
・ご近所福祉ネットワーク 意識熟成し息長い活動に

〔都道府県別索引〕
北海道・刑務所も高齢者仕様 札幌の施設改修
宮城県・個人情報保護 全国で緩和の動き
青森県・地域に生きる@〜D
宮城県・介護のカタチ@〜E
福島県・死亡率 震災前の2.4倍 特養 老健
栃木県・みんなと前へ とちぎ・障害者の現場から@〜D
群馬県・たまゆら火災4年
埼玉県・認可保育所1673人入れず 母親ら意義申し立て
東京都・集団意義申し立て続々「保育所入れて」団結
神奈川県・家族を救え 児童虐待は今@〜G
新潟県・茶の間にいこて 地域のつながり求めて@〜C
長野県・長寿 男女とも一位
愛知県・朝の体調アプリでピッ 高齢者の孤独死防げ
京都府・どう支える要援護者上・下
大阪府・難病・障害の子預かる レスパイトケア
福岡県・揺れる生活保護 不正受給事件の波紋@〜D
長崎県・カネミ油症損害賠償請求訴訟
熊本県・再び最高裁へ
宮崎県・ひきこもり支援者全国交流会より@〜D

〔地域の書籍紹介〕

〔行政機関などの資料・報告書〕
・児童虐待の検挙最多
・生活保護受給者が最多更新
・待機児童なお4.6万人
・人工減 手詰まりの国・自治体


価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻250号
keyword 介護分野の課題

【資料】

 第42回 社会保障審議会介護保険部会
  資料2「 介護分野の課題 」
    厚生労働省
     平成25年1月21日

  掲載記事 2013/1/1〜1/31

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・65歳雇用義務4月施行 役職外れ待遇悪化
・障害者の刑事処分 専門家助言を参考
・児童擁護施設小規模化手探り
・中小企業と年金 企業年金離れ対策急げ
・三党合意 力関係一変 社会保障実務者協議再開
・性被害が深刻相談強化
・生活保護7.3%引き下げ 最大月2万円減
・認知症とわたしたち 気づきのとき@〜E


〔海外情報〕
・認知症明日へ オランダ報告@〜A
・あなたは輝ける 女性の貧困米国編上・中・下

〔社説〕
・社会保障制度の行方 鍵握る雇用の安定と改善
・介護職員増員へ 多角的対策で着実に確保を
・生活保護基準 引き下げは貧困の拡大だ
・「たまゆら」判決 事件の背景を直視したい
・介護報酬の不正受給 制度の見直し必要


〔都道府県別索引〕
北海道・カゾクな感じ@〜D
宮城県・保育士が足りないー仙台の現場から上・中・下
秋田県・高齢者による介護支援 好調
福島県・介護現場救済へ予算 人手不足や施設閉鎖続く
茨城県・サービス付高齢者住宅 自治体の保険財政圧迫
群馬県・安住の地は 「たまゆら火災」その後上・中・下
東京都・都外施設入居 4年で2.6倍 生活保護の高齢者
神奈川県・高齢団地に新しい息吹 自治体子育て世帯を誘致
富山県・広がれ「一つ屋根の下」と富山型グループホーム誕生
福井県・窓口の専門家育成着々 市総合ボランティアセンター
長野県・さよならまでの時間 信州「終活」とその周辺@〜F
岐阜県・外部訪問介護士を病院へ 重症心身障害者の短期入所支援
愛知県・終末期を考える 賃貸住宅で24時間ケア
京都府・介護離職防ぐため 使える支援企業も模索
奈良県・園芸で介護予防 高齢・障害者「体調改善」6割
島根県・認知機能低下の予防効果 エゴマ油使った地中海料理
岡山県・ヘルパー不足深刻 岡山県内の訪問介護事業所
愛媛県・認知症で迷わない@〜F
熊本県・「水俣条約」評価と不満 水銀規制 政府間交渉合意
宮崎県・発達障害とともに@〜K
沖縄県・国基準保育料 9割不満の声

〔地域の書籍紹介〕

〔行政機関などの資料・報告書〕
・出生 戦後最小百三万人
・31地域で勤務医不足に
・高齢者世帯の37%22年後「独居」に
・生活保護受給者最多更新214万人
・自殺者が増える意外な要因

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻249号
keyword 高齢者 虐待問題

【資料】

  
 「平成23年度 高齢者虐待の防止、高齢者の擁護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果」
厚生労働省老健局高齢者支援課・認知症・虐待防止対策推進室

     平成24年12月21日

  掲載記事 2012/12/1〜12/31

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・厚生年金 細る積立金
・医療費二割負担先送り 70歳〜74歳
・生活保護基準 引き下げ明言
・知的障害者の再犯防げ 検察、福祉との連携模索
・介護離職上・中・下
・障害があっても@〜C
・急増生活保護@〜D
・老いてさまよう鳥かごの家から@〜F


〔社説〕
・介護司制度 物心両面の支援拡充を
・高齢者に優しい街 プラス思考で実現図れ
・高齢者への虐待 早期発見は周囲の目で
・高齢者の困窮 経験活かして働ける場を
・年金の周知度 利点を知らせる工夫を


〔都道府県別索引〕
北海道・訪問介護 報酬見直しを
青森県・介護職に「正当な評価を」
岩手県・高齢者らの体力低下 施設損壊 運動量減る
宮城県・訪問看護ステーション 被災地の特例措置
福島県・広域避難 高齢者の措置上・中・下
栃木県・社会保障 老後の安心見いだせず
群馬県・介護予防 お話サロン
埼玉県・生活保護「厳格化」掲げる政党多く
東京都・障害ある子に教える「遠山真学塾」来年三十年
新潟県・介護 気軽な利用で安心感
富山県・雇用改善急いで<発達障害の求職者
石川県・「孤独死」最多 行政危機感
山梨県・介護職員の虐待1.5倍br> 長野県・地域独自の自殺対策模索
愛知県・認知症 初期の相談が大切
三重県・生活保護を求めても 困窮者 受給に厳しい条件
大阪府・ニート 発達障害者を企業の戦力に 取り組み進む
奈良県・低い自殺率 理由あり 今後の予防へ全国初の検証
鳥取県・学習障害児の支援機器に
岡山県・学童保育資格 全国に拡大
香川県・地域で医療担うも経営難
高知県・人と犬との命の絆上・下
熊本県・認知症と生きる 熊本の現場から@〜D
鹿児島県・命の限り@〜F
沖縄県・性暴力 ワンストップセンター議論加速

〔行政機関などの資料・報告書〕
・医療・福祉の仕事が一割に
・生活保護受給者 過去最多を更新
・親族間の暴行事件加速
・高齢者虐待1.5倍
・二十年後も医師不足 高齢化で患者増

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻248号
keyword 生活支援

【資料】

  厚生労働省
 「生活支援戦略 中間まとめ」

     平成24年7月17日

  掲載記事 2012/11/1〜11/30

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・厚生基金廃止見直しも 専門委 改正案 新政権の下で
・「認知症」社会と交流 一番の予防法
・復興補助 交付まだ一割 福祉施設 地域の計画遅れ
・年金減額来年10月から 特例分見直し
・生活保護の減額求める 事業仕分け
・子ども手当支給何のため 子育て支援
・「24時間巡回」実施は3.5% 高齢者介護
・年金改革 決着遠く 社会保障国民会議
・社会保障改革へ国民会議初会合


〔海外情報〕
・認知症 チームで支援 デンマークの高齢者在宅ケア
・世界の老後社会を担う 上・中・下
・「感謝すれば人は幸せ」ブータンとGNH

〔社説〕
・介護利用が急増 現状踏まえた対応策を急げ
・障害者虐待防止法 私たちが問題意識共有を
・認知症センター 医療と介護の連携重要 ・児童虐待防止 早期発見へ問われる地域力

〔都道府県別索引〕
北海道・道内5年で4人死亡 労災適用外シルバー人材センター
青森県・認知症疾患医療センター一年上・中・下
宮城県・避難所運営スムーズに 疑似体験ゲーム「HUG」
秋田県・共助組織で課題解決 雪下ろしや買い物支援
福島県・甲状腺検査の見直し検討 保護者に強い不安
茨城県・不当な介護サービス阻止 つくば市が条例制定へ
群馬県・壊れた絆 児童虐待の現場から上・中・下
埼玉県・行き場なくした子どもたち@〜D
東京都・高齢者・認知症の人はリスクが多い 薬の誤服用・過剰投与
神奈川県・「貧困の連鎖」断ち切れ 川崎区で子ども支援
富山県・赤い羽根運動の期間延長
福井県・お年寄り宅に学生が下宿 福井大生が事業
静岡県・高齢者の外出を支援 ペタル付電動車椅子
愛知県・深まる交流 効果大 「回想法」導入10年
滋賀県・いじめ許さぬ学校に 生徒ら議論熱く
京都府・「認認介護」広がる困惑
大阪府・高次脳障害ケア拠点 今年度 府内4カ所
奈良県・公立高にも制度導入を 知的障害生徒のインクルーシブ教育
島根県・見守り付の高齢者住宅急増
広島県・全国初 優秀ケアマネ認定
徳島県・認定子ども園 県内施設の現状
高知県・就学援助届かず 生徒会費・PTA会費・クラブ費
福岡県・変わる生活保護 困窮者を早期に把握
長崎県・「シングル介護」の孤立防げ
大分県・バス割引「精神障害者も」制度ゼロ九州で大分のみ
沖縄県・母子世帯「住」支援で次の一歩へ

〔行政機関などの資料・報告書〕
・東日本大震災遺児2064人
・高齢者食品が急成長
・いじめ認知14万件
・いじめ線引学校苦慮
・社会保障給付百兆円超

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻247号
keyword 障害者支援対策

【資料】

  厚生労働省・障害保健福祉関係主幹課長会議
  社会・援護局障害保健福祉部 企画課資料
「3 障害者総合支援法について 」
  平成24年10月22日

  掲載記事 2012/10/1〜10/31

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・成人のADHDに治療薬
・最期の治療私らしく 国立長寿医療研究センター
・障害者雇用調整金 2.4億円の過大支給
・児童施設小規模化推進 厚労省 施設整備費を優遇へ
・70代以上も運動指針 介護予防に活用
・難病支援実態で決めて 障害者総合支援法
・厚労省は削減に難色 生活保護費 財務省と意見割れる
・厚生年金 廃止へ多難
・労災保険対象外の高齢者 健保で救済方針
・具体例をどう盛り込むか 障害者差別禁止法案化


〔海外情報〕
・アジアで高齢化進行 年金制度維持困難に
・医療も銀行も年金も個人情報は「一枚」エストニア
・らしく暮らす 北欧の福祉上・中・下

〔社説〕
・障害者差別禁止法 部会意見の最大尊重を
・生活保護見直し 意欲を育む制度設計を

・放射能と子育て 屋内の砂場増やして ・在日外国人の年金 人権軽視の差別は許されない

〔都道府県別索引〕
北海道・個人情報保護から共有へ
青森県・歯科衛生士 高まるニーズ 口腔ケアの”担い手”
岩手県・短期入所 開始出来ず
宮城県・かなしみ わかちあい上・中有・下
秋田県・企業開拓進み九割増 昨年就職率 県内特別支援学校
福島県・18歳以下医療費無料 全国初 きょうから
茨城県・福祉支援ロボット「自立支援」市場を創出
埼玉県・見守り付き配食事業 今月から高齢者向け
千葉県・就労への思い 生活保護をめぐり上・中・下
東京都・転ばぬ先の「知恵」様々 転倒予防の研究会
神奈川県・広がれ障害者への理解 コンビニ
新潟県・仕事と子育て両立へ ひとり親在宅就業支援
富山県・里親不足が深刻 掘り起こし躍起
福井県・在宅医療・介護一体化へ 県 東大とモデル事業
静岡県・県が児童虐待通報基準 児童と県警の連携体制強化
愛知県・その笑顔が見たくて ゲームセンターのお年寄り
滋賀県・障害者 差別禁止条例へ
京都府・認知症理解へ広がる活動
大阪府・自立支援へ委託業務拡充
兵庫県・介護保険改正で訪問時間短縮
奈良県・B型肝炎気づかぬ感染 国賠訴訟原告わづか 鳥取県・口腔ケアで遺ろうを抜去「口から食べる」を支援する
広島県・
山口県・高齢者の支援体制強化
愛媛県・ニーズ増す学童保育
福岡県・孤立しどう防ぐ上・中・下
長崎県・カネミ油症救済法成立
鹿児島県・水俣病 救済判定不服審査も 県、国に異論
沖縄県・7割が月収1万円以下 県ひとり親等在宅就業支援修了者

〔行政機関などの資料・報告書〕
・「孤立死」統計3県のみ 国基準なく把握進まず
・離職率16%2年ぶり改善
・1102人所在つかめず「高齢者」調査終了
・児童虐待62%増
・最低賃金749円 平均10円値上げ2年ぶり
・小学生の暴力 過去最多7175件
・生活保護291万人
・胃ろう受けいれ特養の7割制限
・失業率改善4.2%

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻246号
keyword 児童虐待防止対策

【資料】

  厚生労働省・第1回 児童虐待防止医療ネットワーク事業に 
           関する検討会資料
  「児童虐待防止対策について」    
  平成24年9月19日

  掲載記事 2012/9/1〜9/30

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・更に6.2%増税?新年金で再試算
・重病患者に就労支援 病院に職安職員派遣
・いじめ 国と学校連携
・民主が「新年金」案公表
・検証 六歳未満 脳死臓器提供
・トヨタ開発 お助けロボ
・厚生年金基金廃止へ 積立金で穴埋め
・食べやすさもおいしさも 需要高まる介護食
・「サクセスフル・エージング」心豊かに人生90年
・SOS受け皿整わず 障害者虐待防止法あす施工


〔海外情報〕
・最期まで自分らしく デンマークの介護視察記 上・中・下
・世界の老後 居場所はどこに

〔社説〕
・止まらぬ高齢者虐待 目・耳・心でサインを敏感に
・敬老の日 住み続けられる街を
・要介護の新規認定 高齢者の健康対策急ぎたい
・新自殺対策大綱 いじめ 若者支援が急務だ ・生活保護見直し 自活支援歓迎できるが

〔都道府県別索引〕
北海道・発見者に通報義務 障害者虐待防止法一日施行
青森県・あすへの夢 震災を越えて医療福祉の現場から
岩手県・被災者の国保医療費・介護利用料 県・市町村が負担へ
宮城県・義捐金計153億円 被災3県72市町村
秋田県・特養ホームに太陽光発電
福島県・震災後の要介護認定増 東北3県沿岸
茨城県・福祉避難所 指定自治体まだ4割
群馬県県・人材確保へ環境整備 中小企業の育児支援増加
千葉県・盲学校授業に点字新聞
東京都・自宅で人工呼吸器災害時は使用者ごとに支援計画
神奈川県・孤立防止へ「たすけ愛隊」高齢者等にボランティア派遣
新潟県・十日町にミニスーパー「買い物弱者」支援
福井県・バリアフリー☆で対応ひと目 県が表示証交付開始
山梨県・自殺ワースト返上へ県指針
長野県・高齢者虐待 最悪342件
静岡県・障害者雇用 農業で促進 企業、農家、施設が連携
愛知県・障害者に司法への道 各地裁点訳判決文
滋賀県・地域で支え合う上下
京都府・広がる地域の輪 メンズボランティア手助け隊
大阪府・「介護職員基礎研修」の受講者急増
兵庫県・神戸の特養処分へ 今春開所直後に二人死亡
岡山県・働き続けるために上・中・下
広島県・認知症ケア連携の一冊 広島の医師会が「パスポート」
山口県・高齢者の支援体制強化
愛媛県・ニーズ増す学童保育
福岡県・孤立しどう防ぐ上・中・下
長崎県・カネミ油症救済法成立
鹿児島県・水俣病 救済判定不服審査も 県、国に異論
沖縄県・7割が月収1万円以下 県ひとり親等在宅就業支援修了者

〔行政機関などの資料・報告書〕
・「孤立死」統計3県のみ 国基準なく把握進まず
・離職率16%2年ぶり改善
・1102人所在つかめず「高齢者」調査終了
・児童虐待62%増
・最低賃金749円 平均10円値上げ2年ぶり
・小学生の暴力 過去最多7175件
・生活保護291万人
・胃ろう受けいれ特養の7割制限
・失業率改善4.2%

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻245号
keyword 地域福祉

【資料】

  「今見直しませんか
        支援の在り方・あなたのまち 
  〜安心生活を創造するための孤立防止と基盤支援〜
  (安心生活創造事業成果報告書)概要版」
   平成24年7月 
 厚生労働省・安心生活創造事業推進検討会                

  掲載記事 2012/8/1〜8/31

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・文科省、いじめ「対策支援室」設置 機能を一元化
・認知症「2ヶ月で退院」環境整備促進を通知へ
・消費増税法が成立
・負担増の社会 消費税10%@〜D
・生活保護抑制へ 公共事業は温存
・検証大震災 行き場ない施設高齢者
・虐待で住民票閲覧制限
・過剰な期待「教育虐待」に
・最低生活費知り相談を 生活保護の今
・いじめ自殺 対策強化 政府が新大綱


〔海外情報〕
・介護先進国から オランダの成功例上・下

〔社説〕
・水俣病救済策 打ち切りは被害者置き去り
・消費税増税 低所得者対策をどうする
・認知症と退院 受け皿の整備が大前提だ
・生活保護制度 受給者の社会復帰促せ
・発達障害と裁判 偏見に油注ぎかねない

〔都道府県別索引〕
北海道・働く意欲そぐ「逆転」生活保護水準下回る最低賃金
青森県・若年生認知症の相談件数 岩手県・派遣介護チーム設立へ 災害時被災地へ急行 宮城県・避難所設営 多様な視点で
秋田県・会話越しに気付く”日常”社協田代事務所の安心電話
福島県・避難で疲労433人 震災関連死
栃木県・要介護認定7万人超 給付費1千億円突破も
群馬県県・いじめ疑いの自殺 第三者委設置遅れ
千葉県・DV被害 脱出への一歩(上・中・下)
東京都・65歳以上救急に必要な情報集約 八王子市で本格運用
神奈川県・明日への一歩 生活保護受給者の今@〜C
新潟県・新潟水俣病解決遠く 特措法締め切り
富山県・チンドン認知証を抑制 目や耳刺激大脳活性化
山梨県・自宅を終のすみかに@〜D
岐阜県・県が医療通訳を派遣 6病院で実証実験
静岡県・民生委員研修実践的に 複雑化する相談
愛知県・介護担い手 高齢者も戦力 有償ボランティア増加
三重県・子ども虐待対応で訓練 警察など三機関連携
京都府・広がる地域の輪 高島手話サークル扇の会
大阪府・保育費クーポン配布 外国人宿泊街を整備
兵庫県・生活保護受け皿なく 膨らむ保護費自治体苦悩
岡山県・専門職不足懸念の声 全障害者計画作成方針
広島県・自殺未遂9割 相談せず
徳島県・「一人で悩まないで」いじめ相談カード配布へ
愛媛県・悩み聴きたい 「死防げ」理容師門番
福岡県・どうするキタキュー@〜D
鹿児島県・かごしま老老事故 運転卒業、その後(上・中・下)
沖縄県・生活保護受給者を標的 自立支援医療費不正受給事件

〔行政機関などの資料・報告書〕
・人口 最大の26万人減
・お茶パワー介護知らず?
・介護ベット事故179件
・医療費37.8兆円 9年連続最高更新
・1年以上居場所不明の小中学生 依然千人近く
・「社会保障は払い損」6割

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻244号
keyword 認知症

【資料】

  「 今後の認知症施策の
              方向性について 」
   平成24年6月18日 厚生労働省
 厚生労働省認知症施策プロジェクトチーム
               

  掲載記事 2012/7/1〜7/31

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・公務員年金 上乗せ温存 有識者会議報告
・サービス付高齢者向け住宅 上・下
・生きられる社会へ生活保護の今 一律押しつけおかしい
・孤立死 崩れる概念 悲劇、独居・高齢者以外も
・根付くか外国人介護士上・下
・子育て支援制度どう変わる上・下
・親権停止初の本人申し立て 虐待防止 春に改正法施行
・障害児の就学先 支援委を設置
・最低賃金平均7円上げ生活保護と逆転続く
・点字ブロックに国際規格 日本案基に統一


〔社説〕
・障害者総合支援法 抜本改革の努力継続を
・国の認知症対策 具体的な展望を示せ
・孤立死対策 まず行政不信の払拭を
・深刻化する児童虐待 親への支援手を尽くせ
・最低賃金と生活保護 制度全体にメスを入れよ

〔都道府県別索引〕
北海道・児童虐待相談27%増 全区に相談室設置
青森県・孤独死防止へ見守り活動
岩手県・親身な訪問 避難者安心
宮城県・介護サービス安定へ結束 18事業者で連絡協
秋田県・顔合わす機会 心がけ 
福島県・認知症、深刻に 震災後の環境変化が要因
栃木県・想いを重ねて@〜E
埼玉県・高齢者の安否確認「見守りテレビ」実験
東京都・資格取得し「職業」に 注目集まる「産後ドゥーラ」
神奈川県・普及へ「活躍」公開 県の介護ロボ事業
新潟県・生きる喜びSTと共に 失語症リハビリの現場 県内は
山梨県・高齢者悩み高齢者が解決 シルバー人材センター
長野県・障害者支援人出不足の壁
岐阜県・聴力障害者に情報を パソコン要約筆記団体 愛知県・発達障害児教室で支える 進む支援員の配置
滋賀県・いじめ対策 着手ありき 大津中二自殺
大阪府・生活保護を問う 医療費無料崩れ去るモラル
兵庫県・求められるソーシャルワーカーとは
奈良県・高齢者の就職を実現 県シルバー人材センター
島根県・働くママ「助かります」改正育休法全面施行
岡山県・高齢者16%死考える
広島県・中学生が乳幼児・妊婦と交流 光市事業 二年目
徳島県・家庭に”出張”子育て手助け
福岡県・徘徊防止へ感知器開発
熊本県・水俣病は終わっていない 特措法救済@〜E
宮崎県・命つなぐ電力切実 節電宮崎の夏
鹿児島県・医師と看護・介護が連携
沖縄県・障がい者就労「在宅」に道

〔行政機関などの資料・報告書〕
・発達障害 大学で支援 全大学の半数超に在籍
・国民年金未納41.4%に 過去最悪を更新
・4人に1人 「年収ゼロ」国民年金加入者の所得調査報告書
・就業者数 42年に845万人減
・介護保険利用者 昨年度517万人

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻243号
keyword 生活支援

【資料】

  「 生活困窮者・孤立者の現状 」
   平成24年4月26日 厚生労働省
 社会保障審議会生活困窮者の生活支援の在り方に関する特別部会資料
               

  掲載記事 2012/6/1〜6/30

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・「後期高齢者」廃止案 民主決定
・生活保護費減へ法改正視野 政府の見直し原案が判明
・生活保護見直し原案 不正受給罰則を強化

・老親扶養義務は時代遅れ?
・介護保険 生保商品続々
・人工栄養中止医師二割経験 胃ろうの手順整備
・胃ろう 悩む医師・家族
・胃ろう 本当に必要?
・赤字基金の退場促す 厚生年金基金


〔社説〕
・生活保護切り下げ論 貧困をなくす政策こそ必要だ
・防災白書 弱者支援へ法の整備を
・出生率横ばい 若年層の所得底上げ必要
・介護報酬不正受給 指導監査体制 立て直せ
・認知症ケア 家族への支援も万全に


〔都道府県別索引〕
北海道・「24時間への道」 重度訪問介護の実状@〜D
青森県・県内病院に保育園次々
岩手県・手をつなぎ一人親世帯支援
宮城県・医療・行政・福祉一体「出前診療」手厚く展開
秋田県・支援つなぐ「橋渡し役」地域包括支援センター
福島県・見回り自治体苦慮 県内相次ぐ孤独死
茨城県・高齢者の認知症治療に 会話ロボット導入
栃木県・高齢者孤立防止へ 地域の居場所九割「必要」
埼玉県・県内で1746人を養成 発達障害支援者
東京都・スタッフは障害者 世田谷の本格フレンチ
神奈川県・障害者の日用品オーダーメイド
富山県・「きつい仕事」入学敬遠 県内介護福祉士養成校
山梨県・リポート困難 山梨の現場@〜C
長野県・更生保護施設 高齢化の影
愛知県・支えよう在宅の重症児上・下
滋賀県・ペットボトルで痰吸引 訪問介護ステーションが器具手作り
大阪府・生活保護に有期間 維新の会「八策」盛り込む方針
兵庫県・入所長期化する老健の現状 自宅には戻れない
奈良県・全国最低の自殺死亡率 調査で見つかるか奈良の良さ
島根県・通信カラオケ大手が売り込みに力 認知症予防などPR
山口県・障害児就労体験 支援の輪
徳島県・視覚障害者を支えて 教育拠点・県立盲学校上・中・下
福岡県・学童保育 指導に資格
長崎県・「被爆体験者」全面敗訴 健康手帳交付認めず
大分県・増える働きたい高齢者 就労支援の輪広がる
鹿児島県・自力避難3千人不可 災害時の鹿県内難病患者
沖縄県・差別の背景に「植民地政策」基地や人権問題を考える

〔行政機関などの資料・報告書〕
・買い物弱者全国910万人
・介護ベット 事故死多発
・仮設の孤独死倍増
・生活保護 十分な所得 親族扶養は当然88%

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻242号
keyword TPPと医療・福祉

【資料】

 「 TPPと医療・福祉
    ー国民皆保険制度の崩壊懸念と
                医療格差の拡大ー」

  掲載記事 2012/5/1〜5/31

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・保険会社の保育所参入解禁へ
・子育て法案 厳しい船出「総合こども園」に批判集中
・孤独死大作「滞納把握を」厚労省
・後期高齢者医療 政府案 名称変え微修正
・母子家庭向けシェアハウス好評
・障害児の虐待 学校でも
・障害者雇用率引き上げ 厚労省
・後期高齢者医療 見直し法案提出見送りへ
・認知症の早期発見・治療の鍵 ADLの低下に注意
・受給資格期間「逃げ得」に批判

〔海外情報〕
・豊かさの指標 ドイツ 福祉の現場から@〜D

〔社説〕
・高齢者の終末期 自分ならどうありたいか
・医療費無料化 子育て環境充実へ策尽くせ
・子どもの貧困 地道に居場所づくりを
・24時間介護サービス 理念倒れ 格差どう解消
・総合子ども園 利用しやすく安心な施設に


〔都道府県別索引〕
北海道・高齢者福祉 新局面上・中・下
青森県・特別支援 児童生徒が増加
岩手県・求む 民生委員担い手 県内被災地
宮城県・停電に備え発電機共用へ 重症心身障害(児)者を守る会
秋田県・難病患者就職厳しく 支援の整備進まず
山形県・高齢者の見守り想定上回る登録者 福島県・古里の灯 消さない 浜通りの特養
茨城県・ケアマネをネットで検索 ライフロボテックス
群馬県・障害者のケア拡充 たん吸引や経管栄養
千葉県・生活保護家庭に学習支援広がる
東京都・補助犬 当たり前の社会に
神奈川県・母子家庭にシェアハウス シッター共同利用
富山県・特養入所待ち二千人超
山梨県・発達障害に向き合いケア

静岡県・児童虐待の兆候 医療現場で発見
愛知県・介護の空白 孤独な死
滋賀県・「在宅看取り」人材確保へ
大阪府・社会全体でサポート 親たちを追いつめないで
兵庫県・無料貸し車椅子存続へ
奈良県・知的障害者の孤立死防止へ「お元気ですか」
鳥取県・人材足らず育成急務「要約筆記者」
岡山県・在宅介護事業を強化 カワニシホールディングス
徳島県・就業実習で適正模索 発達障害児教育
高知県・寄り添う朝 高知の出所者支援上・中・下
福岡県・安心感で里親続々 NPO支援が好循環
大分県・特養を逆転 急増する「有料老人ホーム」
沖縄県・自殺志向の相談 最多1057件

〔行政機関などの資料・報告書〕
・24時間巡回 導入一割
・保護受給者最多を更新
・女性受給者三割セクハラ被害
・赤ちゃんポスト遠隔地が減少
・在宅医療「関心ある」医師、三割どまり
・総合こども園移行 前向き36%
・年金番号 20万人に複数複数付与

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻241号
keyword 介護保険料

【資料】

 「 第5期介護保険料の改定動向と
       第4・5期の保険者別月額保険料比較表」

  掲載記事 2012/4/1〜4/30

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・人権救済法案 20日閣議決定で調整
・介護保険料3200円上げ、厚労省試算
・ためらわず虐待の通告を
・「後期医療廃止」白紙に
・字幕付CMが好評
・企業年金の運用 見直しを議論
・介護ベッド減らぬ事故
・厚生基金 将来的に廃止
・「強く優しい」介護ロボ
・保険料納付で「逆転」も 低所得者への年金加算

〔海外情報〕
・在宅支援 福祉先進国の技 デンマークを訪ねて

〔社説〕
・外国人介護士 現場の待遇改善が議論の原点
・虐待と親権停止 傷なの回復につなげよう
・認知症とWHO 地域の試みが世界のモデルに
・年金一元化 官優先を是正出来るか
・障害者の人権 心の障壁を取り除こう


〔都道府県別索引〕
北海道・老人クラブの減少深刻
青森県・目・耳不自由者の交通事故防げ 独自ネット
岩手県・仮設住宅 長引く暮らしをケア
宮城県・被災父子に特例なし
秋田県・仕事で得る生きがい シルバー人材センター
福島県・被爆者同様の措置を 放射線健康管理手帳
茨城県・老人ホーム自室での孤独死「干渉しないで」尊重の末
栃木県・終末期の意思確認 9割br> 千葉県・新たに「子どもの貧困」対策
東京都・都市部にミニスーパー 高齢者へネット+宅配
新潟県・「その日」に備えて みとりを考える@〜C
富山県・塀の中進む高齢化 ”快適”と再犯懸念
山梨県・急上昇に戸惑う高齢者 介護保険料
岐阜県・企業と障害者 上・中・下
静岡県・在宅介護を支える 改正法施行 県内の課題上・中・下
三重県・児童虐待抑止積極対応を
京都府・成人後見人「市長申立」京で急増
兵庫県・早期発見に第三者の目を 高齢者施設での虐待
大阪府・生活保護受給者の自立支援 就労収入積み立て
兵庫県・早期発見に第三者の目を
鳥取県・県、取り組み加速 介護支援ボランティア
広島県・サービス利用増に苦心 小規模多機能型居宅介護
愛媛県・EPA夢の看護師に 難問突破日本語猛勉強
福岡県・介護の現場混乱 報酬改定
熊本県・割れた司法判断 56年目 水俣病は今上・中・下

〔行政機関などの資料・報告書〕
・認可保育所が最多に
・生活保護不正最悪の129億円
・これは虐待かも 母親12%悩んだ経験
・震災関連死 60歳以上が9割超
・在宅介護再開7割 被災事業所
・年金番号 20万人に複数複数付与
・失業率改善4.5%

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻240号
keyword セーフティネット

【資料】

全国厚生労働関係部局長会議資料
 「社会保障と税一体改革について
 〜貧困・格差対策の強化(重層的セーフティネットの構築)〜」
 平成24年1月19日 厚生労働省社会・援護局



  掲載記事 2012/3/1〜3/31

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・介護福祉士 外国人候補も「職員」扱いへ
・不透明な「公益」監視社会化概念 個人識別番号利用法案
・名称は結局「児童手当」
・改正児童手当法が成立
・保護司活動拠点を増設 保障制度も拡充へ
・介護・後期高齢者医療 大半の地域で保険料が上昇
・「均等法」施行から25年上・下
・四月からの介護保険上・下


〔社説〕
・「老齢加算」判決 廃止合憲はふに落ちない
・自立支援法 国は廃止の約束を守れ
・東日本大震災1年 日頃の備え 防災力に教訓を活かせ
・相次ぐ孤立死 地域で見守る「網目」細かく
・二十四時間在宅支援 国は普及へ知恵を絞れ
・介護保険料 負担感が限界に来ている

〔都道府県別索引〕
北海道・二万五千人の待機者 上・中・下
青森県・県内・介護保険料 10市平均月5600円
岩手県・おんぶマーク 避難困難者の目印に
宮城県・巡回診療 孤立防ぐ「地域全体をベットに」
山形県・「福祉避難所」五市町村のみ
福島県・未復旧六割超 東北三県の被災介護施設
栃木県・県内在宅医療 他職種交流の息吹も
千葉県・避難台帳登録手探り
東京都・男も楽しいデイサービス
神奈川県・介護報酬改定 事業者不満の声
新潟県・自立の一歩新生・総合支援学校上・中・下
富山県・知的障害者の雇用増期待 特例子会社初の認定
長野県・不安解消し虐待防止へ
静岡県・高齢者万引き 経済困窮で増
三重県・多機能トイレのマップ作成開始
滋賀県・発達障害 生活・就労セット支援
京都府・帰れぬ少女救いの家、虐待から保護子どもシェルター
大阪府・一緒にゆっくり「世界ダウン症の日」
奈良県・こども園 親も地域も支持
鳥取県・高齢者共同ホーム構想 県、新年度から試験導入へ
岡山県・介護現場の今 制度改正を前に上・中・下
愛媛県・社会貢献ビジネス注目 地域活性化や子育て支援
福岡県・「貧困ビジネス」野放し 生活保護受給者「食い物」に
宮崎県・防げた虐待 埋もれた老女のSOS

〔行政機関などの資料・報告書〕
・エイズ患者二番目の多さ
・生活保護不正最悪の129億円
・これは虐待かも 母親12%悩んだ経験
・震災関連死 60歳以上が9割超
・在宅介護再開7割 被災事業所
・年金番号 20万人に複数複数付与
・失業率改善4.5%

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻239号
keyword 社会保障・税一体改革

【資料】

 「社会保障・税一体改革について」

  (社会保障・税一体化改革大綱の概要)
  財務省 説明会資料 平成24年2月29日


  掲載記事 2012/2/1〜2/29

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・幼保一体総合子ども園 15年目めど子育て支援策
・生活保護不正防止へ 申請者の口座 全国照会要請
・無年金者救済策を提示 十年納付条件に支給
・年金一律加算六千円に 低所得者対象
・共通番号制を閣議決定 消費増税時に活用
・障害者の声届かず 自立支援法改正案
・現役の介護保険料過去最高
・年金不正受給の防止策 所在不明者届出義務

〔社説〕
・子育て新支援策 幼保や行政の連携 鍵握る
・新年金制度 持続可能な案を作れ
・年金試算公表 徹底論議へ仕切り直しを
・相次ぐ「孤立化」救う手だてに知恵しぼろう

〔都道府県別索引〕
北海道・介護の現場不安色濃く 4月改定で報酬減額
青森県・授産施設の資材普及 一石二鳥の取り組みに期待
岩手県・ケータイで緊急通報 ボタンひとつで「孤独死防げ」
宮城県・あえぐ地域医療@〜D
秋田県・成年後見の担い手に
福島県・取り残される県内高齢者
茨城県・「メール110番」知って 県警が呼びかけ
群馬県・重度障害児の保育所開設
東京都・心で会話するカフェ 筆談・手話・聴覚障害者が接客
神奈川県・「市民」で権利守れ 横浜市 後見人養成へ
新潟県・大雪 高齢者らに支援 除雪や買い物・・続々と
福井県・「後見人」着服 認知症高齢者らの財産管理
長野県・育児・介護休業法改正へ
静岡県・外国人児童の発達障害ケア 学校に専門家派遣
愛知県・発達障害に個別指導 保護者向け勉強会も
京都府・社会の一員になれる喜び 障害のある人の就労支援
奈良県・高齢営農実現へ着々「らくらく農法」視察
鳥取県・増える発達障害児 県 コーディネーター養成へ
岡山県・福祉就労を一体支援 市役所内に施設開設へ
徳島県・端末で安否確認 一人暮らし高齢者見守り事業
愛媛県・明日に寄り添うケア@〜E
福岡県・子どもシェルター 福岡に開所 
鹿児島県・外国人の生活不安解消 鹿県国際交流協会が支援

〔行政機関などの資料・報告書〕
・生活保護受給207万9761人
・「いじめ」増加に転換7万7千件
・子ども手当150万人未申請
・児童虐待摘発 最多384件
・震災で生活保護1095件

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻238号
keyword 児童虐待問題

【資料】

 社会保障審議会児童部会社会的擁護専門委員会資料

  「平成22年度における被措置児童等虐待への各都道府県市の対応状況」

  平成24年1月16日 


  掲載記事 2012/1/1〜1/31

【主な記事内容】

〔全国情報〕
・保護観察官に新採用試験 福祉専門に特化
・「親権争い」家裁審判で、子ども強制引渡し 年120件
・児童擁護施設など第三者評価義務化
・75歳以上の医療保険料 年間上限
・新「貧困の指標」生活保護急増で厚労省
・児童虐待へ対応不十分 厚労・文科省に改善勧告
・高齢者の終末期医療基本原則 胃ろう中止も選択肢
・災害時 障害者避難 支援強化へ

〔社説〕
・高齢者虐待 発見と支援の体制強化を
・被災地心のケア 拠点をさらに充実させたい
・認知症医療センター 設備の拡充で地域支援を
・24時間介護サービス 人材の確保があってこそ 

〔都道府県別索引〕
北海道・障害者の就労支援活発化 能力引き出す指導カギ
青森県・視覚障害者雪に悲鳴 点字ブロック埋まる
岩手県・岩手の被災自治体 介護保険料に苦慮
宮城県・福祉作業所に笑顔 自らの力で再開
山形県・利用者目線で参加型 好評 子育て情報サイト
福島県・長引く避難 症状悪化 介護認定が急増
栃木県・5年間で三千戸目指す サービスつき高齢者住宅
群馬県・裁判員に聴覚障害者 「全国初ケース」に対応
東京都・普通校の難聴児配慮して
神奈川県・孤立高齢者を守れ 民生委員に情報提供 
新潟県・児童虐待防止へ独自策
石川県・親子再生「長い道のり」 虐待で子にも傷
長野県・介護報酬改定 県内で分かれる評価
愛知県・知的障害者施設 高齢化の波
滋賀県・情報共有で連係強化 しが生活支援者ネット
大阪府・生活保護患者を争奪 高齢者賃貸マンション
奈良県・DV被害の増加 母子支援施設の充実急務
島根県・男の介護「見つけた自然体」@〜D
山口県・認知症高齢者家族 一番の望みは「入所施設」 
福岡県・生活苦 駆け込む高齢者 シルバー人材センター
熊本県・親子を見守る視線必要 養護協・児童福祉の識者
鹿児島県・高齢者の暮らし守れ「経済的虐待」に司法の知恵 
沖縄県・制度の不備露呈、成人後見人財産流用問題

〔行政機関などの資料・報告書〕
・自殺者14年連続3万人越え
・施設職員ら子ども虐待 百人超
・3県「震災遺児」240人
・児童虐待 未通告多発
・保育施設で乳幼児死亡11年は14人
・共通番号制8割「知らない」
・職安相談 7割記録なし

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻237号
keyword 介護保険制度

【資料】

 社会保障審議会介護給付費分科会資料

  「平成24年度介護報酬改定に関する審議報告」

  平成23年12月7日 


  掲載記事 2011/12/1〜12/31

主な記事内容

〔全国情報〕
・「子ども園」一元化断念
・特定看護師の導入決める
・生活保護 運用を厳格化
・低年金対策13年度以降 政府骨子案
・「人権委」に強力権限 法務省法案概要
・「新子ども手当」政府案まとめる
・保護司に新補償制度 加害行為で損害最高2千万円

〔社説〕
・介護職員の医療行為 安全確保へ連携体制を
・介護の人材確保 待遇改善に道筋をつけよ
・災害時の要援護者 実態を把握し支え合おう
・障害者医療助成見直し自立支援の視点忘れるな 

〔都道府県別索引〕
北海道・障害児通所支援強化目指し再編
青森県・NPO法人300突破
岩手県・震災孤児 親族のもとへ 里親順調に決まる
宮城県・新体系移行 宮城は低調 障害者自立支援法
秋田県・高齢者コインバス好評「外出機会増えた」
山形県・後見「首長申し立て」急増
福島県・重み増す心のケア 被災者の孤立化防げ
茨城県・県内の福祉NPO 集まる注目 融資急増
栃木県・24時間たたかえますかー認知症介護の現場から上・中・下
群馬県・県内初の認可 夜間保育所を開設
東京都・民間企業が学童保育参入
神奈川県・団塊の世代地域の力に 
新潟県・女性活用企業の強み 雇用機会均等法施行25年
富山県・要援護者把握手探り 災害時の台帳整備
愛知県・格安「シェルター」仕事紹介 ホームレス支援
京都府・要介護高齢者 口内を美しく
大阪府・市立幼稚園「民営化」 待機児童「ゼロ目標」
兵庫県・障害者の就農仲介 雇用拡大 来春から兵庫県開始
島根県・重症心身障がい者相談員 島根県が全国初の制度
広島県・成年後見制度 受任態勢を強化へ
福岡県・爪切りケア問題が決着 「判断」の重要性認識を
佐賀県・自宅改修補助最大200万円 国事業に採択
宮崎県・保護観察対象者の雇用主 入札で優遇 
沖縄県・盲老人ホーム知って

〔行政機関などの資料・報告書〕
・0〜1歳児の里親預け12%
・生活保護受給者 最多を更新
・障害者の雇用率1.65%
・心の病 教職員 18年ぶり減
・東日本大震災 障害者の死亡率2倍

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻236号
keyword 生活保護制度

【資料】

 第4回社会保障審議会生活保護基準部会資料

  「生活保護制度における勤労控除等について」

  平成23年7月12日 厚生労働省


  掲載記事 2011/11/1〜11/30

主な記事内容

〔全国情報〕
・介護保険 一部三割負担案示す 厚労省
・ロボと歩む 自立支援 トヨタが四種開発
・特養相部屋にも室料 来年度から一人つき8000円
・窓口2割負担見送り 70〜74歳医療
・介護保険 総報酬割れ 法案提出へ
・私学助成を継続方針 新制度移行せぬ幼稚園
・要ケアの子普通校通いやすく

〔海外情報〕
・先進国デンマークでは「触法治的障害者」

〔社説〕
・ユニバーサル農業 「農・福」連携で活性化を
・特養ホーム 個室化を進める前に
・里親制度 なり手の掘り起こし必要


〔都道府県別索引〕
北海道・生活保護 管内六市一村で過去最多
青森県・青森で「居場所」づくり 空き店舗や民家を活用
岩手県・支援学校生の就職に力 企業と連協設立へ
宮城県・被災地夫婦 DV増加 夫も失職などでストレス
秋田県・安否確認し買い物代行 高齢者生活サービス
福島県・避難所閉鎖 めど立たず 仮設入居拒む高齢者
茨城県・十年間で三倍増加 児童虐待相談
栃木県・障害者雇用改善進まず 県教委 1.4%全国最低
千葉県・進まぬ盲導犬育成 普及阻む社会の無理解
東京都・自立意欲にハードル 生活保護 中年層急増
神奈川県・地方負担増に首長反発 子ども給付財源
福井県・発達障害に生活訓練の場 就労支援体制を構築
長野県・成年後見 浮かぶ課題 制度開始12年目
岐阜県・県内大学「災害時の拠点」避難所に活用
愛知県・認知症と精神科病院上・下
大阪府・働き盛り仕事どこに 生活保護過去最多
島根県・全国一の高齢者安心県「福祉指数」好結果
徳島県・子どもたちに家庭を 里親制度推進のために@ABC
高知県・家で看取り五年で倍 県内がん患者
福岡県・永住外国人も生活保護 原告逆転勝訴
佐賀県・佐賀市がモデル都市に 国の発達障害者支援事業


〔行政機関などの資料・報告書〕
・児童虐待死 大阪府が最多
・母子家庭割合割合7.9%に
・生活保護205万人
・医療費負担「重い」「やや重い」が74%
・HIV新規感染は減少の傾向

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻235号
keyword 障害者総合福祉法

【資料】

 第35回障がい者制度改革推進会議
  「障害者総合福祉法の骨格に関する
           総合福祉部会の提言(概要)」

  平成23年9月26日 厚生労働省


  掲載記事 2011/10/1〜10/31

主な記事内容

〔全国情報〕
・全国に里親専門職員 700施設 相談・一時預かり
・年金穴埋め 消費税上げで返済
・年金確認 第三者委を廃止 厚労所管に逆戻り
・介護報酬 増額へ 政府 来年度
・厚生年金保険料上限上げ 厚労省検討
・介護職員の待遇改善 賃上げ恒久化 保険料で
・総合福祉法 どう実現

〔海外情報〕
・車椅子から見たNY上・中・下

〔社説〕
・子どもの貧困が増加?
・成人後見制度 権利擁護へ普及推進を
・介護報酬改定 恒久的な処遇改善図れ


〔都道府県別索引〕
北海道・バリアフリー化や遊具更新 街区公園を再整備
岩手県・高齢者ら阻む段差・砂利 福祉仕様10戸だけ
秋田県・支え合う県内・介護の周辺@AB
福島県・避難生活心身に負担 要介護認定の申請急増
茨城県・特別支援学校 避難に課題 停電で手話が見えない
栃木県・高齢者「在宅」家族は「施設」介護意識の差浮き彫り
埼玉県・ふれあってつながれば上・中・下
東京都・高齢者に無料保健室 不安解消 介護予防にも
神奈川県・横浜市 生活保護受給者へ新就労支援
富山県・よみがえる青春時代 手作り「横丁」好評
長野県・成年後見延べ280人が相談
岐阜県・死への不安にそっと寄り添う スピリチュアルケア
静岡県・認知症サポーター 企業率先
大阪府・生活保護受給者204万人
島根県・福祉避難所理解深める 災害に備え宿泊練習
広島県・地域で暮らせますか 障害者自立支援法五年上・中・下
愛媛県・買い物弱者の強い味方 郵便会社が支援
福岡県・司法書士病院派遣 自殺要因 根から断て
長崎県・生活の中で精神障害ケア「ACT」


〔行政機関などの資料・報告書〕
・厚生年金支給漏れ5万件
・65歳まで全雇用48%過去最高
・後見制度 10ヶ月で10ヶ月で悪用182件
・初の減少日本人1億2535万人
・自分が認知症「施設での介護を希望」8割

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻234号
keyword 社会的擁護

【資料】

 児童擁護施設等の社会的擁護の課題に関する 検討委員会・社会保障審議会児童部会社会的専門委員会
  「社会的擁護の課題と将来像とりまとめ(概要)」

  平成23年7月11日 厚生労働省


  掲載記事 2011/9/1〜9/30

主な記事内容

〔全国情報〕
・年収130万円 主婦年金 免除基準下げも
・非正社員に厚生年金適用へ 企業負担増で攻  防
・後見人 不正で解任増加
・「生活不発病」に注意!高齢者らに呼びかけ
・認知症入院、二ヶ月まで 厚労省 短縮へ目標値
・厚生年金 妻が半額受給 厚労省 制度見直し
・介護フロンティア3・11の教訓@ABC

〔海外情報〕
・障害者の働く場、国が確保 スウェーデン
・福利と営利 中間担う企業  ドイツ

〔社説〕
・限界集落 県挙げて再生へ知恵を
・福祉避難所 弱者を孤立させぬために
・コンビニ包括協定 連携強化で安心・安全を
・認知症啓発月間 症状を理解し介護、支援を

〔都道府県別索引〕
北海道・「老老介護」深刻 75歳以上夫婦間6割
青森県・民生委員に個人情報保護の”壁”県内担い手不足深刻
宮城県・24時間介護対応実施へ 石巻市がモデル事業
秋田県・特別支援学校の在学者数 高等部新設で増加傾向
山形県・昨年度の高齢者虐待状況 息子が最も多い 
福島県・身障者手帳所持者102人死亡 あと少しの支援あれば
栃木県・ユニバーサル農業に本腰 県の研究会が発足
埼玉県・心によりそって 埼玉命の電話上・中・下
千葉・津波の教訓「安心」は何処に・・高齢者施設の苦悩
東京都・認知症介護のスキル「バリデーションケア」
神奈川県・家で見送る横須賀の現場上・中・下
新潟県・増加する特別支援学級 本年度は千クラス超
富山県・24時間介護 参入二の足
山梨県・病院発の嚥下食 家庭でも
岐阜県・非正規教員3割超す 県内特別支援学校
静岡県・「イクジイ・イクバア」増加中
愛知県・高齢者ルームシェア 定着へNPO育成課題
大阪府・隔離政策過ち再認識を ハンセン病問題啓発パンフ
鳥取県・命の重み 自殺のない社会を目指して上・下
岡山県・特養入所基準を数値化 決定過程に公平性
高知県・介護人材を”地産地消”無料でヘルパー養成講座
福岡県・発症予防ワクチン開発へ ATLHAM
長崎県・障害者の所得向上「新しい公共」に7件
大分県・利用証を交付へ 車椅子マーク駐車場
沖縄県・介護の離職率高水準23%


〔行政機関などの資料・報告書〕
・被災者の66世帯新たに生活保護
・被災3県 失業7万人超
・生活保護3ヶ月連続 200万人超え
・津波想定域に729介護施設
・介護職員の離婚率 改善傾向止まる
・100歳以上 女性4万人超
・厚労省 待機児童対策に124億円
・医療費36兆円過去最高額に

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻233号
keyword 認知症

【資料】

 第20回 新たな地域精神保健医療体制の構築に向けた検討チーム資料
  「1.患者調査による精神病床における
     認知症入院患者数の推移の分析資料
   2.介護サービスの整備について」
  平成23年9月5日 厚生労働省


  掲載記事 2011/8/1〜8/31

主な記事内容

〔全国情報〕
・障害者新法の提言で利用者負担の無料化を
・子ども手当廃止決定
・避難者支援2法成立
・車椅子OKのタクシー認定
・被災地の特養、仮設容認、厚労省、要望受け転 換
・認知症を地域で上・中・下
・生活保護制度の陰で@ABC

〔海外情報〕
・欧州の福祉先進国 日本の技術に学ぼう

〔社説〕
・虐待相談五万件 子と親の支援策推進を
・震災遺児 実態把握と支援拡充を
・貧困率の悪化 格差を縮める政治が要る
・人権救済機関 独立性の高い仕組みに

〔都道府県別索引〕
北海道・「浦賀べてるの家」の可能性上・中・下
青森県・求職者のための介護福祉士養成制度  開始二年
岩手県・立ちすくむ小さな背 85歳と90歳認知症悪化
宮城県・障害者向け福祉避難所 支援学校の活用カギ
秋田県・高齢者など災害時に迅速支援 管理システム導入へ
山形県・被災した施設職員をケア 
福島県・生活保護打ち切り341世帯 義援金など収入と認定
栃木県・就職先開拓へ土台づくり 県特別支援学校高等部
埼玉県・老後の安心を共有 グループリビング
東京都・ 暗い駅構内 障害者転びそう 障害者・高齢者節電に困惑
神奈川県・高齢者に化粧 表情いきいき
新潟県・見附特別支援学校 ユネスコ認定校へ
富山県・認知症予防に「思い出箱」
長野県・ボランティア活動 社員の参加支援
静岡県・子育て支援 需要ギャップ 援助側会員足りず
滋賀県・難病患者の居場所不足
大阪府・大阪の採用試験で実現 音声読み上げ
島根県・県イクメン事業好発進 有給取得へ意識改革推進
岡山県・保護司 減少とまらず 岡山県内
広島県・全保育所で完全給食
高知県・人と地球にやさしく走る バリアフリーの 新交通
福岡県・終の棲家 広がる不安 有料老人ホーム閉鎖・譲渡相次ぐ
佐賀県・高齢者の万引き増加傾向
宮崎県・知的障害者が社うがい者グループホーム運営
熊本県・赤ちゃんポスト四年「生育環境」か「出自」か
大分県・障害者条例制定急ぐ 別府市 要望反映の仕組み作り
沖縄県・高齢患者 行き場なし 特養入所待ち、 在宅も困難

〔行政機関などの資料・報告書〕
・震災でひとり親 遺児は計1295人
・生活保護4月微減 二ヶ月連続2百万人突破
・居所不明の小中学生1183人
・年金支給差し止め875人 死亡や所在不明で
・厚生年金 赤字2682億
・特養「入所必要」4万人
・在宅で介護・看病 五世帯に一世帯
・「負担増やむなし」49%社会保障の給付維持で
・認知症と生きる 原因4割不明確
・低所得 払えぬ国保料 差し押さえ急増

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻232号
keyword 生活保護制度

【資料】

 生活保護制度に関する国と地方の協議審議会資料
  「貧困・格差、低所得者対策に関する資料」
  平成23年5月30日 厚生労働省


  掲載記事 2011/7/1〜7/31

主な記事内容

〔全国情報〕
・消費税10%明記 税と社会保障一体改革案決定
・養護施設の職員増員 厚労省新基準
・「共通番号」大綱決定 名称は「マイナンバー」
・保育所面積基準緩和へ 待機児童対策
・こども園新設 政府案決まる
・被災地 募るいら立ち 復興基本方針決定

〔海外情報〕
・アルツハイマー病遺伝子 6人に1人 コロンビア中部

〔社説〕
・一人暮らし増加 孤独死防止の対策急務
・災害弱者 どう守る どう逃げる
・児童虐待5万超 心を殺さず育むために
・貧困率最悪に 実態を踏まえ改善図れ

〔都道府県別索引〕
北海道・自立支援「ハブ」創設を
青森県・障害者参加サポート 観光面での注目も期待
岩手県・復興計画に多様な視点を
宮城県・在宅高齢者支援に活躍 仙台市・地域包括センター
秋田県・避難場所 見直し進む 学校や幼保の災害対策
山形県・広がる「病児保育所」進む核家族化ニーズ高まる
福島県・長引く避難 症状悪化も 介護サービス不足深刻
埼玉県・児童弱体 長期化進む「一時保護」
東京都・ 映画の音声ガイド広まる 映像を言葉で説明
新潟県・木質ペレット製造でタッグ 障害者雇用拡大に期待
長野県・徘徊感知器を開発 手軽な操作特徴
滋賀県・在宅看取り 仕組み構築へ
大阪府・児童相談所通報 五年前の八倍
岡山県・集団カウンセリング導入 更正へ絵本読み聞かせ
山口県・広がれ 電動車椅子サッカー
香川県・育てる難しさ学ぶ 利用者が農園芸
福岡県・不正防止策広がる ホームレス入居支援費
宮崎県・他施設と連携 ケアマネ拠点 介護プランを効率化
沖縄県・「在宅死」意義探る ホスピス・在宅ケア研の全国大会

〔行政機関などの資料・報告書〕
・障害者手帳取得は66%
・自殺者3ヶ月連続増 震災との関連調査へ
・国民年金納付60%割れ
・ボランティア参加率低下
・猛暑直撃 女性平均寿命縮む

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻231号
keyword 医療と介護の連携

【資料】
 社会保障審議会介護給付費分科会
  「医療と介護の連携について」
  平成23年5月30日 厚生労働省


  掲載記事 2011/6/1〜6/30

主な記事内容

〔全国情報〕
・児童擁護施設長 資格要件設ける
・社会保障改革案の詳報 給付拡充「全世代型」に
・震災孤児を育てる おじ・おば 里親手当て上乗せへ
・被災地 障害者安否 調査進まず
・65歳定年へ法改正を 厚労省研究会が報告書案
・障害者虐待防止法成立 発見者に通報義務付け

〔海外情報〕
・強い国私には見えぬ 盲学校極東に一ヶ所だけ ロシア

〔社説〕
・待機児童減少 多様なニーズに対応を
・生活保護見直し協議 自立の在り方を考えよ
・改正介護保険法 抜本改革にはほど遠い
・社会保障と税 改革の棚上げは許されぬ

〔都道府県別索引〕
北海道・進まぬ福祉避難所整備
青森県・昼夜おむつ使用使用ゼロ 弘前の特養ホーム東北初の成果
岩手県・仮設で介護 募る不安
宮城県・義援金受け生活保護停止 収入と認定
秋田県・多重債権者 自死から救え
福島県・知的障害者相次ぐ急死 避難先で発作など
栃木県・震災安否確認九市町速やか 災害弱者名簿化が奏功
東京都・サービス断られる 認知症の人
新潟県・ 自殺対策条例きょう成立 新発田市議会
富山県・研修体制施設で差 介護職員の医療行為
愛知県・介護施設でみとり必要 救命医療の現場圧迫
京都府・保育所待機児童4年ぶり減 新設・増改築で定員増
大阪府・男性介護者 悩みはテレビ電話で
鳥取県・ニーズ高まる後見人 寄り添い方苦悩
福岡県・働く主役は障害者「職場の環境見て」
沖縄県・施設 存亡の危機 行き場ない弱者自治体予算限界

〔行政機関などの資料・報告書〕
・国民健康保険の未納率最悪に
・十代失業率 10%に迫る
・震災遺児 半数母子家庭
・無届宿泊施設に高齢者1万6千人
・一人暮らし世帯 三割超

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻230号
keyword 社会保障制度改革

【資料】
 社会保障制度改革の方向性と具体策
  ー「世代間公平」と「共助」を柱とする
     持続可能性の高い社会保障制度ー
  平成23年5月12日 厚生労働省


  掲載記事 2011/5/1〜5/31

主な記事内容

〔全国情報〕
・厚生年金の保険料 被災者事業主は免除
・厚生省研究会「65歳定年」要請へ
・子ども手当廃止に反発 民主内 「党の金看板だ」
・年金全体照合断念へ 65歳以上2千万人限定
・消費税上げ2段階案 政府「来年にも8%」検討
〔海外情報〕
・欧州ゆらぐ生活大国 金融・財政危機で福祉見直し
・ノルウェーの育児事情(上)(下)

〔社説〕
・被災地医療 震災関連死 全力で防ごう
・大震災2ヶ月 自立へ住宅と仕事を
・ボランティア激減 活動しやすい環境つくろう
・生活保護費引き下げは本末転倒だ

〔都道府県別索引〕
北海道・津波対策 悩む高齢者施設
青森県・認知症高齢者の成年後見制度 市町村申し立て増加
岩手県・被災者支援へ福祉団体連携
宮城県・子どもを守る 検証 上・中・下
秋田県・人権侵犯 救済手続きは167件
福島県・要介護認定申請 震災で県内で564件滞る
埼玉県・県が人権意識調査「高齢者」への関心最多
東京都・手話で情報 ネット配信
新潟県・ 買い物弱者 県が県が対策 持続できる仕組み模索
石川県・高齢者施設対策強化へ
愛知県・引きこもり救護に力結集 全国初の総合相談窓口
京都府・手話単語 新たに500語
奈良県・高齢者の家を転貸 県とJTIが協定
山口県・「24時間介護」深い溝
長崎県・悩み吐き出せる場に 男性介護者のつどい
沖縄県・県支援で来県者急増

〔行政機関などの資料・報告書〕
・両親死亡・不明の子132人
・生活保護200万人突破へ
・社会福祉施設875ヶ所が被災

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻229号
keyword 東日本大震災

【資料】
厚生労働省・東日本大震災関連情報
「日本大震災の被害状況及び対応について
第72報 平成23年5月25日
(4)介護・福祉・年金等関係」
平成23年4月25日現在の厚生労働省HPより

掲載記事 2011/4/1〜4/30

主な記事内容

〔全国情報〕

・虐待防止 二改正案を閣議決定 親権停止 施設庁権限強化
・厚生年金加入「非正社員にも」首相が意向
・主婦年金法改正し救済 厚労省ら合意
・「火災発生」光る警報機 聴覚障害者向け
・東日本大震災 M8.8世界最大級 大津波 震度7
・震災避難所の開設急務 要介護の被災者ケアを
・児童扶養手当に所得制限設けず 被災者対象
・震災報道 子どもの心理に影響
・東日本大震災 被災地で身体機能低下や認知症悪化も
・外国人看護師16人合格 厚労省
・被災者「特例」で救え

〔社説〕
・受診控えで死亡 国民の命守る社会づくりを
・老老介護の悲劇 「攻めの福祉」で方策を
・震災避難者支援 国、県のより強い主導必要
・災害ボランティア 細やかな配慮、長期支援を
・自主非難方針 目立つ場当たり的対応
〔都道府県別索引〕
北海道・大震災善意すぐ発揮 市「ボランティアセンター」
青森県・外国人向け災害情報 やさしい日本語で伝達
岩手県・介護現場ピンチ 食糧、燃料不足が影響
・燃料不足影響さらに デイサービス臨時休所に
・要介護度の悪化防げ
宮城県・気仙沼の介護施設 高齢者移送職員が奔走
・震災孤児 見えぬ実態
秋田県・弱者にこそ支援を 医療機器使えず
山形県・訪問介護ままならず ガソリン不足 移動に支援
福島県・介護 人手足りない 施設ごと非難限界
茨城県・障害者とヘルパー 恐怖超え強い絆
栃木県・シルバー 在宅医療の拠点整備を
群馬県・災害ボラ派遣センター設立へ
埼玉県・アリーナ避難の高齢者 要介護者 入浴できず
東京都・自治体被災者受け入れ 都内施設や保養所を開放
新潟県・ 災害から高齢者守ろう シェルター・防災ベッド
石川県・福祉施設 善意つなぐ 東日本大震災 福井県・介護分野 人材足りず 被災地ボランティア
静岡県・全庁体制で被災者支援 民間にも協力要請へ
愛知県・ボランティア登録開始 参加のNPO
京都府・災害弱者1500人受け入れへ 京滋の福祉施設
大阪府・生活保護費の地方交付税算入率 大阪市76.6%最低
兵庫県・高齢者の外出 官民で支援 低料金「乗り合いタクシー
島根県・専門職補助の市民後見人 島根西部で育成に本腰
山口県・今後は家屋撤去支援を 東日本大震災
香川県・ボランティア情報見極めて 東日本巨大地震
福岡県・高齢 障害者の問題解決 成年後見制度で安心できる社会
佐賀県・県が被災地支援窓口 東日本大震災
長崎県・安易な「命の選別」危惧 ダウン症の出生前診断
宮崎県・搬送体制見直し 津波警報での非難参考
〔行政機関などの資料・報告書〕
・受信遅れ71人死亡 昨年 保険料、医療費払えず
・首長75%民主政権評価せず
・消費税値上げ「必要」63%
・待機児童 最多48356人
・DV最多33852件
・児童虐待が過去最多 人権侵害救済 子どもから申告増
--------------------------------------------------------------------------------

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻228号
keyword 東日本大震災

【資料】
厚生労働省・ 東日本大震災関連情報
「社会福祉関係者の方へ」
平成23年4月25日現在の厚生労働省HPより
掲載記事 2011/3/1〜3/31

主な記事内容

〔全国情報〕
・虐待防止 二改正案を閣議決定 親権停止 施設庁権限強化
・厚生年金加入「非正社員にも」首相が意向
・主婦年金法改正し救済 厚労省ら合意
・「火災発生」光る警報機 聴覚障害者向け
・東日本大震災 M8.8世界最大級 大津波 震度7
・震災避難所の開設急務 要介護の被災者ケアを
・児童扶養手当に所得制限設けず 被災者対象
・震災報道 子どもの心理に影響
・東日本大震災 被災地で身体機能低下や認知症悪化も
・外国人看護師16人合格 厚労省
・被災者「特例」で救え

〔社説〕
・受診控えで死亡 国民の命守る社会づくりを
・老老介護の悲劇 「攻めの福祉」で方策を
・震災避難者支援 国、県のより強い主導必要
・災害ボランティア 細やかな配慮、長期支援を
・自主非難方針 目立つ場当たり的対応

〔都道府県別索引〕

北海道・大震災善意すぐ発揮 市「ボランティアセンター」
青森県・外国人向け災害情報 やさしい日本語で伝達
岩手県・介護現場ピンチ 食糧、燃料不足が影響
    ・燃料不足影響さらに デイサービス臨時休所に
    ・要介護度の悪化防げ
宮城県・気仙沼の介護施設 高齢者移送職員が奔走
    ・震災孤児 見えぬ実態
秋田県・弱者にこそ支援を 医療機器使えず
山形県・訪問介護ままならず ガソリン不足 移動に支援
福島県・介護 人手足りない 施設ごと非難限界
茨城県・障害者とヘルパー 恐怖超え強い絆
栃木県・シルバー 在宅医療の拠点整備を
群馬県・災害ボラ派遣センター設立へ
埼玉県・アリーナ避難の高齢者 要介護者 入浴できず
東京都・自治体被災者受け入れ 都内施設や保養所を開放
新潟県・ 災害から高齢者守ろう シェルター・防災ベッド
石川県・福祉施設 善意つなぐ 東日本大震災
福井県・介護分野 人材足りず 被災地ボランティア
静岡県・全庁体制で被災者支援 民間にも協力要請へ
愛知県・ボランティア登録開始 参加のNPO
京都府・災害弱者1500人受け入れへ 京滋の福祉施設
大阪府・生活保護費の地方交付税算入率 大阪市76.6%最低
兵庫県・高齢者の外出 官民で支援 低料金「乗り合いタクシー
島根県・専門職補助の市民後見人 島根西部で育成に本腰
山口県・今後は家屋撤去支援を 東日本大震災
香川県・ボランティア情報見極めて 東日本巨大地震
福岡県・高齢 障害者の問題解決 成年後見制度で安心できる社会
佐賀県・県が被災地支援窓口 東日本大震災
長崎県・安易な「命の選別」危惧 ダウン症の出生前診断
宮崎県・搬送体制見直し 津波警報での非難参考

〔行政機関などの資料・報告書〕
・受信遅れ71人死亡 昨年 保険料、医療費払えず
・首長75%民主政権評価せず
・消費税値上げ「必要」63%
・待機児童 最多48356人
・DV最多33852件
・児童虐待が過去最多 人権侵害救済 子どもから申告増

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻227号
keyword 児童虐待

【資料】
「児童の権利利益を擁護するための方策について」
社会保障審議会児童部会児童虐待防止のための親権の在り方に関する専門委員会報告書
平成23年1月28日

掲載記事 2011/2/1〜2/28

主な記事内容

〔全国情報〕
・介護報酬改定 「地域包括ケア」具体化へ
・駅のホームドア設置”加速”促す 285駅で計画
・虐待防止へ親権停止制 法制審が答申
・情緒障害児の76%虐待経験 治療施設入所前
・市民後見人 市町村が養成 厚労省 法改正方針
・共通番号制「内閣府の外局で監視」個人情報WGが骨格案
・子ども手当て審議入り 野党反対へ 年度内成立は困難

〔海外情報〕
・幸福度一位の国から 佐賀デンマーク視察団報告@〜E
・ネットで高齢者ケア オランダ医療費削減策

〔社説〕
・認知症介護マーク 国にも導入働き掛けよ
・障害者権利条例 当事者の声に耳傾けよ
・駅の転落防止 ホームドアと人の目で
・親権見直し答申 子どもの利益配慮の運用を
・障害者と司法 供述の特性に配慮を

〔都道府県別索引〕

北海道・隠し味は”安心”配達時に安否確認
     ・"タイガー現象”が呼び水 児童擁護施設改善の兆し
青森県・ 「看護職の支持で」三割 介護職員の医療行為
岩手県・イクメン意識高まる 触れ合い増え充実感
宮城県・変わる医療ケア たん吸引・経管栄養上・中・下
秋田県・「見守り隊」活動開始 民間79事業者が協力
山形県・地域の受け皿作り医療・福祉両面で在宅の精神障害者
福島県・コールセンター設置 高齢者の在宅医療
茨城県・買い物弱者対策拡大 行政も支援 定着が課題
埼玉県・児童虐待 63町村に相談担当
東京都・宿泊デイサービス 都が安全指針
新潟県・若者の自立支援を強化
富山県・福祉事業者ら歓迎 新採用制度2ヶ月
石川県・「無料低額診療」不況で光 生活困窮者の医療費減免
福井県・県内の困窮者「予想以上」生活保護支援ネット発足3ヶ月
長野県・成年後見 活用後押し センター開設へ
静岡県・認知症介護マーク作成 県、全国へ普及目指す
愛知県・胃ろうを作りますか? 読者の反響
三重県・「成年後見」普及進まず
京都府・バリアフリー強化 京滋の金融機関
大阪府・生活保護抑制へ大阪市本腰
兵庫県・障害者の就労意向支援施設 県内初 民間企業が開設
和歌山県・虐待防止へ連携強化医療機関と自治体
島根県・成年後見人制度行き詰る?高齢化でニーズ増
岡山県・政令市発展へ 福祉支援 医療と介護連携目標
広島県・発達障害 支援に課題 相談増で予約待ち
高知県・今も多い盲導犬拒否 県内飲食店理解進まず
福岡県・虐待防止へ弁護士常駐 「職権保護」に助言
熊本県・やる気引き出せば 県内介護施設取り組み紹介
大分県・児童たん吸引システム「大分発」の医療機器
沖縄県・老健の半数救急増 急患受け入れ南部の病院困難で調査

〔行政機関などの資料・報告書〕
・75歳以上の統合7.9% 宙に浮いた年金
・子ども手当65自治体が負担拒否
・死亡・不明 572人に年金
・高齢者の所得格差 がん死亡リスクに反映
・生活保護 不正受給者19700件
・児童虐待最悪354件 昨年の警察摘発
・人工栄養 医師4割中止
・「弧族化」傾向 顕著に 国勢調査

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻226号
keyword 障害者支援制度

【資料】
「障害者自立支援法等の改正について」
障害者保健福祉関係主管課長会議資料
平成23年2月22日

掲載記事 2011/1/1〜1/31

主な記事内容
〔全国情報〕
・NPO税優遇 対象拡大 改正案提出へ
・買い物難民600万人 支援本格化
・高齢者 初の全国調査 無回答なら自宅を訪問
・「要介護認定」最長一年有効 厚労省が延長方針
・有料ホーム 返金の義務「90日ルール」法制化へ
・知的障害年金 認定基準を明確化 厚労省方針
・社会保障きめ細かく 個人情報保護が課題
〔社説〕
・孤族の国の福祉 個人支える制度と社会に
・震災障害者 孤立させない支援体勢を
・認知症サポーター 地域社会で支えるために
・年金機構2年目 記録と納付回復に努めよ
・「こども園」創設 子育てニーズ優先の移行を

〔都道府県別索引〕

北海道・生活保護自立支援プログラム 釧路方式に視察倍増
    ・聴覚障害者の社会参加後押し コミュニケーション法
青森県・ 「安心カード」来月交付 認知症高齢者の徘徊対策
岩手県・高齢者の買い物応援します 生鮮食品を移動販売
宮城県・性犯罪再発強化 「監視社会」の到来危惧
秋田県・自殺防ぐ方言紙芝居 ぬくもりお年寄りの共感
茨城県・お年寄り体力アップ シルバー体操「効果あり」
千葉県・特養に「看取り部屋」「最期」見守る若手職員
東京都・「介護ベンチャー協会」設立 業界を人材つどう場に
     ・認知症医療充実へ拠点 都が12病院指定へ
石川県・「脱病院」進む取り組み 認知症患者に訪問看護
福井県・困窮者の医療支援強化 県差済生会病院
長野県・市社協が奨学金制度新設 人材保護・育成目的に
岐阜県・発達障害見つけて支える 初の包括的計画作りへ
静岡県・認知症介護 誤解解消へマーク作成
愛知県・胃ろうを作りますか?@認知症A家族、現場の葛藤B広がる拒否感      C広がる事前指定書
京都府・選挙公報、点訳、音訳広がる
大阪府・ニート対策小学生から 問題解決のプロセス学ぶ
兵庫県・発達障害見つけて支える 初の包括的計画作りへ
広島県・虐待早期発見と予防強化 相次ぐ幼児犠牲事件で市
高知県・難聴児に補聴器助成を 県内保護者強く要望
福岡県・高齢者の孤独死防げ 人感センサー 安否確認活用
宮崎県・精神障害者 厳しい雇用環境 就労定着に企業理解を

〔行政機関などの資料・報告書〕
・所在不明の小中生326人
・自殺13年連続3万人超
・生活保護196万人
・災害障害者 全国362人
・児童施設職員らの虐待 59件
・年金受給者 最多5988万人
・母子施設 入所理由DV1.5倍

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻225号
keyword 介護保険制度

【資料】
「介護保険制度の見直しに関する意見」
社会保障審議会介護保険部会
平成22年11月30日

掲載記事 2010/12/1〜12/31

主な記事内容
〔全国情報〕
・子ども手当 描けぬ財源
・配偶者控除 縮小見送りへ 子ども手当財源
・買い物難民救済へ手引 経産省が発表
・子ども手当から天引き 給食費と保育料
・「後期高齢者」13年に廃止 医療制度最終案
・介護保険 改正方針発表 厚労省
・児童虐待データで判別
〔海外情報〕
・出生率 欧州トップの秘密 フランス
・腰痛に泣かぬ介護職へ デンマーク
〔社説〕
・年金の国庫負担 借金頼みの実態を隠すな
・高齢者虐待 介護者の孤立防ぎたい
・認知症予防 定着させたい「脳活コーチ」
・児童虐待防止 親権の一時停止も止むを得ぬ

〔都道府県別索引〕

北海道・緊急通報24時間対応 高齢者らモデル 事業
    ・幼保の長所 独自に実践 中頓別・認定子ども園3年半
青森県・ 生活困窮者の受信料減免 無料定額診療活用を
岩手県・電話で予兆も把握 独居高齢者の安否 確認システム
宮城県・社会的弱者の金銭管理 社協の支援効果上げる
群馬県・「老い」と生きる 認知症家族会30年(上・中・下)
千葉県・認知省の症状改善 広めたい「臨床美術」
石川県・認知省家庭で対処 七尾市NPOプログラム考案
福井県・高次脳機能障害 集団療法で就労後押し
長野県・障害者の就農支援 県が窓口づくり事業
静岡県・聴覚障害者への配慮を 上着に「耳マーク」
愛知県・認知省医療拠点整備へ
京都府・スマートフォンで高齢者の心ケア
大阪府・高齢者見守り 個人情報の壁
徳島県・高齢者の事故増加 実践型の交通指導強化
福岡県・70歳就業促進 県が支援拠点
長崎県・タッチ操作で認知症を予防
沖縄県・福祉の輪結ぶ 地域の人材発掘

〔行政機関などの資料・報告書〕
・若者の失業率9%台
・障害者「親が介護」9割
・介護職員 来年5万6千人不足
・こども手当使い道 1位「貯蓄・保険」41%
・生活保護140万世帯 過去最多更新

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻224号
keyword 介護人材

【資料】
「介護人材の確保と処遇の改善策について
2.労働法規遵守、キャリアアップ等の促進策
3.介護職員等によるたんの吸引等の実施について」
社会保障審議会介護保険部会
平成22年9月22日

掲載記事 2010/11/1〜11/30

主な記事内容
〔全国情報〕
・三歳未満に月二万円 政府 子ども手当て増額検討
・生活援助除外も 介護保険の「要支援」者
・国民年金 十年分事後納付 合意
・介護保険料 十二年度千円増
・虐待防止これから上・中・下
・地域包括支援センターは今 (上・中・下)

〔海外情報〕
・医療保険改革激突 共和党「廃止目指す」 アメリカ

〔社説〕
・就学援助制度 認定基準の統一を急げ
・新高齢者援助制度 なぜ国保とセット改革か
・自立支援法改正 抜本改革に手を抜くな
・子ども手当 地方裁量に任せるべき

〔都道府県別索引〕

北海道 ・高齢者見守り コンビニと連携
     ・老老介護「健康に負担」半数
青森県・ 認知機能検査DVDを制作 高齢者の免許更新
岩手県・高齢者向け「長屋」 店主ら主体
宮城県・高齢者虐待防止 連携の効果着々
群馬県・「買い物難民」支援 代行や配食サービス
東京都・認知症サポーターに商店主 板橋区が登録制度
新潟県・介護保険十年 新潟の現場から(上・中・下)
富山県・パソコン使って脳活性化 認知症の進行防ぐ
山梨県・全家庭訪問で虐待を予防
静岡県・介護職員 外国人雇用の施設倍増
三重県・小中生に認知症絵本
大阪府・大阪府の高校無償化拡大 私立小中助成十億円カット
徳島県・藍住町子育て支援 若い町ニーズに応え
福岡県・夜間介護タクシー活躍 緊急通報運転手駆けつけ対応
熊本県・子どもを守るには 虐待防止学会を前に@AB
鹿児島県・介護施設住民に開放

〔行政機関などの資料・報告書〕
・後期高齢者医療制度廃止 六割知らぬ
・国保運営 29都道府県「反対」
・国民医療費34兆円
・福祉の現場で働く若者 8割「重労働で低賃金」
・年金運用1.7兆円黒字

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻223号
keyword 介護人材

【資料】
「介護人材の確保と処遇の改善策について
1.介護人材の確保と処遇改善の推進方策
@介護人材を巡る現状」
社会保障審議会介護保険部会
平成22年9月24日

掲載記事 2010/10/1〜10/31

主な記事内容
〔全国情報〕
・孤立失業者を伴走支援 パーソナル・サポート始導へ
・年金「全件」照合に着手
・消費税「目的税化を」社会保障との一体改革急務
・訪問介護 定額で二十四時間 厚労省素案
・国費で児童相談所増員 虐待に備え臨時採用

〔社説〕
・認知省医療センター 患者支える体制づくりを
・経済的虐待 未然防止に向け連携を
・介護保険制度 持続可能に向け知恵を
・児童の安全確認 許せぬ虐待通報の放置

〔都道府県別索引〕

北海道 ・支給3〜5年の期限 生活保護改革 国に提案へ
      ・笑顔で認知症ケアを 通所介護施設の取り組み
岩手県・ 高齢者守る情報通信 生活支援システム化
秋田県・家族と同居の高齢者自殺「迷惑をかけたくない」
福島県・ボランティア取り組み広がる お年寄り癒す聞き役育成
群馬県・高齢者受け入れ 連携 災害時対応で協定
神奈川県・介護の悩み話して楽に 認知症の家族のケア活動広がる
新潟県・民間企業に授産施設  障害者の働く場拡大へ
富山県・後断たぬ児童虐待 背景に貧困・孤立
愛知県・発達障害ある子の子育て 経験した先輩が手助け
京都府・字幕 副音声 バリアフリー映画広がる
大阪府・虐待公表に指針 大阪市が全国初
徳島県・ツイッターで高齢者見守る
高知県・貧困で重症化深刻 無料定額診療所
熊本県・高齢者の見守り ネット活用 福祉サイト活用
鹿児島県・「自分らしい最期」と向き合う 障害者に「終末ノート」
沖縄県・アートで防げ認知症 広がる臨床美術

〔行政機関などの資料・報告書〕
・虐待通報 261件 安否不明
・要介護4以上の待機者27万人
・年金記録統合 3252人分放置
・公営団地 孤独死 1191人
・障害者雇用5年連続で最高

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻222号
keyword 生活保護行政

【資料】
「生活保護受給者の社会的な居場所づくりと新しい公共に関する研究会報告書」
生活保護受給者の社会的な居場所作りと新しい公共に関する研究会
平成22年7月

主な記事内容
掲載記事 2010/9/1〜9/30

〔全国情報〕
・介護の技量に「段位」 雇用促進へ
・年金記録6.4%不一致
・介護保険料千円値上げ 厚労省見通し
・介護職「たん吸引」法整備 首相、早急な検討指示 
・「65歳以上」を断念 後期高齢者医療新制度

〔海外情報〕
・オランダ雇用革命上・中・下
・スウェーデンの福祉用具@〜B

〔社説〕
・介護保険 社会で支える原点に戻れ
・介護職員の待遇 将来の展望開く改善策を
・たんの吸引 現場を支える法整備を
・高齢者の万引き 地域社会の支援必要

〔都道府県別索引〕

北海道・生活保護の人に「居場所」
青森県 ・人脈を広げ虐待を防ごう
宮城県・ 生活困窮者 自立を支援
山形県・高齢者把握工夫さまざま「地域の目」で所在不明防止
埼玉県・生活保護世帯の中3支援 10月から学習塾開設
石川県・年金返上逆にお得 特養利用料軽減へ
大阪府・生活保護窓口「囲い屋」激減
広島県・再出発への宿り木 困窮者支援のシェルター
福岡県・社会との絆 紡いで10年 北九州ホームレス支援機構
佐賀県・自立大変「でも充実」身障者向け「福祉ホーム」
宮崎県・介護予防体制を強化 宮崎市 民間施設と連携拡充
沖縄県・厳しい環境反映 子ども無保険

〔行政機関などの資料・報告書〕
・厚生年金基金と国の記録260万件不一致か
・「消えた百歳」241人登録抹消
・ホームレス200人 年金の受給資格
・生活保護 190万人突破
・80歳以上 初の800万人突破

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻221号
keyword 児童虐待

【資料】
「児童虐待相談対応件数等及び児童虐待等要保護事例の検証結果(第6次報告概要)」
平成22年7月28日 厚生労働省 雇用均等・児童家庭局

主な記事内容
掲載記事 2010/8/1〜8/31

〔全国情報〕
・介護職員のたん吸引 対象施設を拡大へ 厚労省
・高齢者の生活支援へ新産業 経産省
・ 点字案内付のATM設置要請 金融相が方針
・氏名不詳でも立ち入り 児童虐待 厚労省自治体に通知

〔海外情報〕
・ デンマークの”脱”施設@〜E
・在宅介護 ドイツでは

〔社説〕
・ 相次ぐ児童虐待 社会全体幼い命救え
・納付率過去最低 年金の信頼回復が急務だ
・外国人ケア人材 受け入れる責任を果たせ
・貧困ビジネス 法的規制の強化を急げ

〔都道府県別索引〕

北海道・発達障害者の就労後押し
青森県 ・介護職場に希望を 臨職36人全員正職員に
岩手県 ・ 高齢者仲間癒す傾聴 県内のボランティア
秋田県・歩行環境シュミュレーター 高齢者の交通事故防ごう
福島県・地域ぐるみで児童虐待防止 米で考案プログラム活用
群馬県・児童相談所に警察官出向 虐待事件増加に対応
東京都・生きがい持ち万引きやめて 高齢初犯者に地域活動促す
富山県・買い物・外出期待の足 郊外コミュニティタクシー試行
山梨県・生活困難者の医療費免除
長野県・認知症相談三割が「心身疲労」
大阪府・児童福祉司 24時間常駐
兵庫県・災害時 聴覚障害者向け文字情報
岡山県・高齢者虐待 市 ガイドライン作成
福岡県・虐待発見へ“校医の目”北九州市医師会がマニュアル作成
沖縄県・離党苦「命」に不安 医師不在一年超の竹富島

〔行政機関などの資料・報告書〕
・児童虐待最悪 警察への慟哭要請減少
・小児臓器提供体制整備16%
・駅バリアフリー化 77%
・虐待児の半数 保護を希望
・不同意の児童一時保護 4割が「虐待1年以上」

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻220号
keyword 介護予防

【資料】
地域包括支援センター全国担当者会議資料
「介護予防事業等について」
平成22年6月15日 厚生労働省老健局老人保健課

主な記事内容
掲載記事 2010/7/1〜7/31

〔全国情報〕
・介護事情所案内 手数料廃止へ
・バランス崩した社会保障 負担と給付
・ 保険料負担抑制へ 高齢者医療中間まとめ

〔海外情報〕
・ 英国のNICE 医療の費用対効果を考える@〜D
・仏高齢者事情 上・下
〔社説〕
・ 高齢独居世帯 社会参加できる環境を
・介護職の医療行為 地位の向上につなげたい
・介護保険見直し 財源不足 国民で論議を

〔都道府県別索引〕

北海道・重度身障者が直接雇用 市民の介助制度好評
青森県 ・ せめて子どもは定職に 県内母子家庭は今
岩手県 ・ 医療と介護連携を密に 利用者情報を共有
山形県・養護施設生 卒業後も支えたい
茨城県・空き教室で保育園 待機児童解消へ 牛久市
群馬県・生活福祉資金融資 条件緩和で件数12倍
東京都・路上生活者 ネットカフェ使えず
新潟県・24時間安否見守る 高齢社宅向け人感センサー
岐阜県・翻弄される障害者 国の都合でころころ変わる政策
京都府・虐待 妊娠期から防げ 京都市 医療機関と連携指針
大阪府・水俣病 国の認定基準不足 大阪地裁判決
山口県・福祉施設など立地規制 土砂災害危険箇所
福岡県・高齢者でも働ける社会を目指す 県 七十歳研究会発足
宮崎県・高齢者の健康に活用 森林セラピー
沖縄県・浦添市 無保険の子救済

〔行政機関などの資料・報告書〕

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻219号
keyword 生活保護制度

【資料】
「生活保護施策の重点事項について」
平成22年5月18日 全国福祉事務所長会議資料

主な記事内容
掲載記事 2010/6/1〜6/30
〔全国情報〕
・障害者差別の禁止法めざす
・新成長戦略案 医療・介護280万人雇用
・ 障害者施策見直し基本方針を決定 改革推進本部

〔海外情報〕
・ 英、「消費税」20%ヘ
・年金支給60歳→62歳案 フランス 赤字減らし案
〔社説〕
・ 「貧困ビジネス」横行 急ぎたい法制の強化
・子ども手当てと貧困「総中流」が崩れた社会で
・生活保護最多 貧困減らす総合的対策を

〔都道府県別索引〕

北海道 ・道障がい者条例スタート 全道に「地域づくり委」発足
青森県 ・ 心の傷抱えた子に光 県内初の「情緒障害児」施設開設
岩手県 ・ 子ども手当商戦活況 各業界知恵絞る
茨城県・生活保護急増19700人
石川県・失業者の「心の健康」診断
大阪府・医療扶助実態調査 貧困ビジネス温床
静岡県・介護施設のサービス利用料 県、前社福法人と合意
宮崎県・福祉従事者の確保急務 地域で自立目指す障害者

〔行政機関などの資料・報告書〕

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻218号
keyword 障がい者制度改革

【資料】
障害者制度改革推進のための基本的な方向(第一次意見)
平成22年6月7日 障がい者制度改革推進会議

主な記事内容
掲載記事 2010/5/1〜5/31
〔全国情報〕
・介護のたん吸引法律で容認
・生活保護、基金を検討
・ 特別学校 希望制に 障害者制度改革一次意見書案
ほか
〔海外情報〕
・ 看護師志望のインドネシア人 試験に落ちても平気
ほか
〔社説〕
・女性と貧困 長年の課題に解決策を
・ 障害者就労支援 浜松をモデルに普及へ
ほか
〔都道府県別索引〕
北海道 ・増え続ける高齢者の万引き 生活苦孤立化
青森県 ・ 介護施設事故死 4年で48人
岩手県 ・ 不十分なGHの防災設備・体制 背景に施設の資金難
東京・地域に根ざしたケアを 精神科福祉の現場 在宅ケアセンター
三重県・県防止条例機能せず 鈴鹿の児童虐待 ほか

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻217号
KeyWord
児童虐待

【資料】
「全国児童相談所所長会議 資料3
児童相談所・市町村の強化」
平成22年4月9日

掲載記事 2010/4/1〜4/30

主な記事内容
〔全国情報〕より
・施設ヘルパーの「たん吸引」容認
・外国人看護師受入 日本語の壁 なお高く
・軽費老人ホーム「都市型」容認へ 厚生労働省
ほか
〔海外情報〕より
・障害者の「罪と罰」イギリスからの報告
ほか
〔社説〕より
・児童虐待 防ぐための連携強化を
・低所得者世帯推計 適正な生活保護認定徹底を
ほか
〔都道府県別索引〕より
北海道 ・介護人材不足 43%が苦悩
青森県 ・介護保険料86%が苦慮
岩手県 ・認知症 体操で防げ 岩手医大と県
神奈川県 ・規制と現実 悩み深く 無届け老人ホーム
ほか

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻216号
KeyWord
   介護保険制度

【資料】
「全国介護保険・高齢者保健福祉担当会議 資料
  〜高齢者支援課/認知症・虐待防止対策推進室関係」
 平成22年3月5日

掲載記事  2010/3/1〜3/31

主な記事内容
〔全国情報〕より
  ・年金改革 五月めどに基本案
  ・たん吸引、特養で解禁
  ・特養の介護職員も医療行為
〔海外情報〕より
  ・欧州の安心 失業者を支える 上 中 下 
  〔社説〕より
  ・年金改革 社会保障全体で考えよう
〔都道府県別索引〕より 
 北海道   ・「在宅」限界 施設も不足 介護保険制度十年
 青森県   ・認知症認めない父 要介護認定に不安も
 宮城県   ・認知症や障害一緒に介護「雑踏ケア」じわり定着
  東京都   ・男性介護者 支援の必要
  山梨県   ・独居高齢者二十四時間対応 通報システム開発へ
  大阪府   ・在宅介護十年 上 中 下
  福岡県   ・生活困窮者の相談急増
  熊本県   ・地域のつながり再生へ「縁側」熊本モデル全国から注目

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻215号
KeyWord
   子育て支援

【資料】

全国児童福祉主管課長会議 資料
「少子化対策の推進について」
厚生労働省 雇用均等・児童家庭局

 平成22年2月25日

掲載記事  2010/2/1〜2/28

主な記事内容
〔全国情報〕より
  ・無保険高校生救済7月に 対象は1万
  ・病児保育 補助を増額 小規模施設手厚く
〔海外情報〕より
  ・「持ち上げない」で腰痛無縁 北欧式介助法とは
  〔社説〕より
  ・子ども手当「満額」より条件整備を
〔都道府県別索引〕より 
 北海道   ・障害者施設 道が入所者自立支援
 岩手県   ・在宅介護者 24%うつ症状
 群馬県   ・こども預かり事業 今年度から病児も
  東京都   ・低所得の高齢者施設倍増
  長野県   ・「支えきれぬ」現場苦悩 県内介護施設アンケート
  大阪府   ・児童虐待 データ共有 府警 初動の判断材料に
  福岡県   ・介助なしでパソコン操作 音声認識システム開発
  熊本県   ・匿名と知る権利の両立探る 赤ちゃんシンポジウム
  沖縄県   ・あったかパン心込め スーパーに出店 福祉事業所で初

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻214号
KeyWord
   生活保護制度

【資料】
全国厚生労働関係部局長会議資料
厚生労働省社会援護局 平成22年1月14日
「当面の生活困窮者支援・
生活保護制度の22年度の運営」

掲載記事 2010/1/1〜1/31

主な記事内容
〔全国情報〕より
  ・子ども手当 年三回分割支給
〔海外情報〕より
   ・スウェーデンからの報告 家族支援自治体ごとに
  〔社説〕より
  ・障害者制度改革 開かれた議論を土台に
〔都道府県別索引〕より 
 青森県   ・心に傷負う子救え 県内初 短期治療施設
 福島県   ・「シルバー人材に」不況風 増える会員減る仕事
  東京都   ・年収400万以下は無料保育 渋谷区
  山梨県   ・揺れるセーフティネット 生活保護の現場から上・中・下
  兵庫県   ・学びの場確保に苦悩 特別支援学校児童生徒が急増
  福岡県   ・無保険高校生三重苦で拡大
  長崎県   ・バリアフリーの現在長崎「みんなの街」目指して@〜D
  大分県   ・高齢者の食を支援 配食サービス充実を目指す

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻213号
       財団法人 社会福祉研究所編
KeyWord
   介護保険制度と介護予防

【資料】
第82回市町村職員を対象とするセミナー「今後の介護予防について」
厚生労働省厚生労働省老健局老人保健課 平成21年12月11日
「介護保険制度と介護予防の役割について」


掲載記事 2009/12/1〜12/31

主な記事内容
〔全国情報〕より
  ・学校で学ぶ「高齢者介護」
  ・知的障害者の高等部 公立高に「分教室」倍増
    ・日常生活通しリハビリ 作業療法士在宅でも活躍
  〔行政機関などの資料・報告書〕より
  ・「子供いらない」四割
  ・子供手当て 所得制限「賛成」71%

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻212号
       財団法人 社会福祉研究所編
KeyWord
   障害者雇用

【資料】
「平成20年度障害者雇用実態調査結果の概要について」
厚生労働省 職業安定局高齢・障害者雇用対策部 
平成21年11月13日


掲載記事 2009/11/1〜11/30

主な記事内容
〔全国情報〕より
  ・保育所面積一部で緩和 待機児多い都市部
  ・保育料の急増回避 後期高齢医療見直し六原則
   ・障害者虐待防止法 今国会成立に暗雲
  〔行政機関などの資料・報告書〕より
  ・一人親家庭54%「貧困」
  ・有料ホーム「看取り」4割 終の棲み処

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻211号
       財団法人 社会福祉研究所編
KeyWord
   子育て支援

【資料】
「すべての子育て家庭に対する支援について」
厚生労働省 社会保障審議会少子化対策特別部会 資料
平成21年10月13日


掲載記事 2009/10/1〜10/31

主な記事内容
〔全国情報〕より
  ・後期医療 12年度末まで 厚労省方針
  ・障害者自立支援法 どう動く 新制度公平性課題に
   ・雇用効果10万人 政府緊急対策を正式決定
  〔行政機関などの資料・報告書〕より
  ・生活保護114万世帯 08年度過去最多を更新
  ・貧困率 19年は15.7% 世界ワースト4位

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻210号
KeyWord
   精神保健医療福祉改革

【資料】
「精神保健医療福祉の更なる改革に向けて」
(今後の精神保健医療福祉のあり方等に関する検討会報告書)
平成21年9月24日


掲載記事 2009/9/1〜9/30

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻209号
KeyWord
   介護保険制度

【資料】
「平成20年度 介護給付費実態調査結果の概況」
厚生労働省 平成21年7月30日


掲載記事 2009/8/1〜8/31

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻208号
KeyWord
   児童虐待

【資料】
「児童相談所における児童虐待相談対応件数及び子どもの虐待死亡事例等の検証結果等の第5次報告について」
平成21年7月14日


掲載記事 2009/7/1〜7/31

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻207号
KeyWord
   社会保障制度

【資料】
「社会保障改革推進懇談会 報告」
平成21年6月


掲載記事 2009/6/1〜6/30

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻206号
KeyWord
    要介護認定制度

【資料】
厚生労働省
「要介護認定制度の見直しの経緯について」
平成21年4月


掲載記事 2009/5/1〜5/31

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻205号
KeyWord
   障害者就労支援

【資料】
厚生労働省
「障害者の一般就労を支える人材の育成のあり方に関する研究会報告書」
平成21年3月

掲載記事 2009/4/1〜4/30

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻204号
KeyWord
   生活保護行政

資料
厚生労働省 社会・援護局関係主管課長会議保護課 資料
「漏給防止・濫給防対策の推進」 
平成21年3月2日 

掲載記事 2009/3/1-3/31

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻203号
KeyWord
   介護人材

資料
「福祉・介護人材確保対策について」
厚生労働省 
平成21年2月17日 

掲載記事 2009/2/1〜2/28

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻202号
KeyWord
   子育て支援

資料
「社会保障審議会 少子化対策特別部会 第1次報告
〜次世代育成支援のための新たな制度体系の設計に向けて〜」
厚生労働省 社会保障審議会 少子化対策特別部会
平成21年2月24日 

掲載記事 2009/1/1〜1/31

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻201号
KeyWord
   障害者自立支援法

資料
「社会保障審議会 障害者部会 
〜障害者自立支援法施行後の3年の見直しについて〜」
厚生労働省 社会保障審議会障害者部会
平成20年12月16日 

掲載記事 2008/12/1〜12/31

価格:\3,024(税込) 数量   

地域福祉情報通巻200号
KeyWord
   社会保障制度

資料
「社会保障国民会議 最終報告」 
社会保障国民会議
平成20年11月4日 

掲載記事 2008/11/1〜11/30

価格:\3,024(税込) 数量   

月刊地域福祉情報

価格:\0(税込) 数量   

合本サービス
1セット(1年分2冊)
本クロス張り・金文字・背丸上製・B5判
指定された年度1年分を合本してお届けします。
お客様情報入力ページのコメント欄に何年度のものが必要か語記入ください。

価格:\50,328(税込) 数量   

月刊 地域福祉情報半年間購読
定期購読者の方は送料無料となります。
お客様情報入力ページのコメント欄に何月号からのものが必要かご記入ください。
特にご記入が無い場合には申し込まれた日の翌月号からお送りいたします。
※2014年4月号より消費税の改定がありますので、購読の開始号により価格が変わります。

価格:\18,144(税込) 数量   

月刊 地域福祉情報年間購読
定期購読者の方は送料無料となります。
お客様情報入力ページのコメント欄に何月号からのものが必要かご記入ください。
特にご記入が無い場合には申し込まれた日の翌月号からお送りいたします。
※2014年4月号より消費税の改定がありますので、購読の開始号により価格が変わります。

価格:\36,288(税込) 数量   

Copyright 1999-2017 ジャパン通信情報センター All right reserved