ホーム  >> オンラインショップ
■Contents
ホーム
オンラインショップ トップ
■文化財発掘出土情報
■文化財発掘出土情報 増刊号
■地域福祉情報
■いわかね栄 語り 関連
■柄鏡大鑑
■千坂式 健康法
■文化◇日本の美◇DVD
■TPP問題
■水産関連

ショップのご利用にあたって
特定商取引法に基づく表記
■Address
(株)ジャパン通信情報センター

〒151-0066
東京都渋谷区西原3−1−8
パレス代々木上原3F

TEL:03-5452-3243
FAX:03-5452-3242

営業時間
月曜日〜金曜日
10:00〜18:00
※但し祝・祭日を除く。

<−年末年始のご案内−>
12月29日〜1月4日まで休業いたします。
1月5日は午前11:00より営業いたします。
※ご注文の対応は1月5日以降にさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

Email:books@j-tsushin.co.jp
■オンラインショップ
とうさん魂あずかって(書籍)

2000年3月、卵巣がんの末期で半年の命と宣告されたが、11月小泉八雲生誕150年記念の公演を成功裏に果たした。翌年5月まで生き続けた一年半の記録。
< BR>「死に方のコツ」の著者・高柳和江日本医科大学准教授は「・・死を受け容れる人には朗読家のいわかね栄さんが理想のモデルだ・・」(文芸春秋2005年新年号)

「生きる目的を持てば、それまで生きることができる」ことを実証した記録。
四六判  479頁  芹澤義夫編/著


読者からよせられた感想

目を閉じれば、栄様の火の出るような語りの一言一言が眼前に鮮やかによみがえってきます。真実の言葉は何時迄も不朽です。・・たましい( ひ) とは「言霊がそこに静まっているものの働き」ということになり、それは人間の心ということになります・・古代言語の研究家 島田正路
死ぬのが怖くなくなる方法のひとつは、魂の行き先を自分で決めることだ。私の著書「死に方のコツ」の優等生を自称されるご夫妻、いわかね栄さんとその魂の番人のご主人が、どのように魂の行き先を決めたのか。そして、幸せになったのか。こちらの魂を揺さぶられる実話である。栄様は、私の心に生きている・・癒しの環境研究会代表世話人・日本医科大学准教授 高柳和江
7 年前の富山市能楽堂での「語り」を憶い出し乍ら拝読しております。一人の芸術家の魂の交感の記録、そこに湛えられた人間の精神の高貴さ――粛然と読みつつ、いわかねさんの最後の舞台に立ち会えたことの幸せをかみしめています・・建築家・歌人 白井芳樹

 --- つづき ---


価格:\3,240(税込) 数量   

CD いわかね栄 語りの世界 (2枚組)
2000年3月、卵巣がんの末期で半年の命と宣告されながら、11月の「小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)生誕150周年記念・富山フェスティバル」での公演を成功裏に果たす。富山市能楽堂でのライブ収録。

Disc1 「耳なし芳一のはなし」65分 琵琶演奏・大薮旭晶
Disc2 「おしどり(鴛鴦)」9分

いわかね栄略年譜

1948年 東京・神田生まれ。
1970年 上智大学文学部卒業。
1971年 劇団文化座入団。
1989年 自主公演開始。

    琵琶・尺八・鼓弓・一弦琴・石笛・古代琴など日本古来の楽器の響きと言葉の共鳴を求め、
    伴奏曲はいずれも生演奏。
    「語り」の公演活動のかたわら、朗読・語り塾を主催。
    他に群読や音読教室など幅広く活動する。

2000年3月 卵巣ガン発病。9月すべての語り塾を解散。
2000年11月11日 富山市の能舞台で最終公演。
2001年5月24日 永眠。
サンプル音声

価格:\3,240(税込) 数量   

Copyright 1999-2017 ジャパン通信情報センター All right reserved